(最新詳細レビュー)ナイキペガサス38の機能・特徴紹介/Review of Nike Pegasus 38 4.11/5 (3)

Nike ナイキ

4/29に発売のNike ナイキのクッション系人気シューズであるペガサス38について気になっている方多いのではないでしょうか?このページではそんなペガサス38についてアッパー素材やミッドソール、アウトソール素材について詳細な解説・レビューします。

ランニング中のマスク息苦しく、ムレませんか?

飛沫対策はしたいけど、マスクをつけながら走ると本当に息苦しいですし、中が蒸れて気持ち悪いですよね。。耳も痛くなってきます。
ランニング専用のランナーマスクなら、通気性が良く蒸れにくいのでおすすめです。
安心の国内製、サポーターやスポーツ用品メーカーのD&Mのランナーマスクで安全・快適なランニングを楽しんでください(^^)ランニング専用のマスクでコロナ対策しながら走って健康な体を手に入れましょう!

基本情報

ナイキのデイリートレーナーとして完璧に近いシューズであった前作ペガサス37は2020年春に発売され、多くのランナーから絶大な人気と信頼を勝ち取りました。前前作ペガサス36から大きく変更されたアッパーやミッドソールは、どれをとっても完璧・オールマイティな優等生シューズであったと言えます。
ほぼ毎年新作が発売されているペガサスシリーズは今回の新作の登場で38代目になりますが、33、35、37と2代ずつ大きな仕様やスペックの進化があり、一方で34、36、そして38は前作からのマイナーアップデートの代という形です。
そして2021年4月に発売されたペガサス38、様々な事前リークがありましたが正式に発売開始したのでスペック・仕様をレビューしてきます。正直前作のペガサス37は非常に優秀なデイリートレーナーシューズだったので37をこれ以上改善できるのか?という疑問さえありますが、さすがNike、しっかり前作で不満の多かったアッパー部分をしっかりと改良してきました。全体的には前作からのマイナーアップデートになりますが、それだけすでに完成されているシューズということでしょう。

基本情報
ブランドNike ナイキ
シリーズペガサス
モデルペガサス38
タイプクッション系
重さ269g
ヒールドロップ10mm (ヒール27.5mm, 前足部17.5mm)
対象ランナーサブ3.5、サブ4、完走、初心者

前作37ペガサスの詳細レビューはこちら↓

さらに、今年発売予定のZOOM FLY4 ズームフライ4のリークレビューはこちら

また、頻繁に比較に上げられる類似シューズ、ニューバランスのフューエルセルプリズムとの比較はこちら↓

また、その他の初心者向けおすすめシューズまとめはこちらの記事を御覧ください↓

良い点・気になる点

良い点・おすすめポイント
  1. 前作のミッドソールの高いクッション性と反発性の良さをそのまま踏襲しています(全面にリアクトフォーム+前足部にエアポッドユニット)
  2. 前作で不満の多かったアッパー素材・踵・前足部のトーボックスが改良されました(後述)
  3. アウトソールのグリップ力と耐久性に優れています。またフラットソールで着地の安定性が高く初心者でも使いやすいシューズです
  4. 全体的に癖がなく、幅広いランナーにおすすめできるデイリートレーナーシューズです
  5. 定価14,000円台の非常にコスパに優れているシューズです
気になる点・悪い点
  1. ペガサス35から36の進化がそうであったように37から38もアッパー部分のマイナーチェンジです(価格が1万円以下までだいぶ下がってきている37を購入するのもありかもしれません)
あなたをサポートしてくれるサプリメント【Myprotein】

こんな人におすすめ・使える場面やトレーニング

ペガサス38は万人におすすめできる日常的なランニングやジョギングの一足。初心者やマラソン完走目的、デイリートレーナーの相棒的な位置づけの一足です。ランニングシューズの一足目に何を買えばいい?と気かれたら手放しでおすすめできる一足です。もちろん初心者やサブ4ランナーだけでなくサブ3ランナーやエリート市民ランナーのジョギング用シューズとしても使えます。また、フォア、ミッド、踵着地、いずれの場合でも対応できるシューズになっています。フォア、ミッドの場合は前足部に搭載されたエアユニットによって、踵着地の場合はリアクトフォームによって足への衝撃を和らげてくれます。
ペースアップしたテンポ走でも十分心地よく走れます。前足部の反発を感じたい場合は、ミッドフットからフォアフットで着地するとよいかもしれません。また、アクティブレスト、疲労抜きジョグやつなぎのジョグなど幅広い場面で使うことができます。それが今回さらにアッパーの改善によって踵の安定性が増したということはより幅広いランナー特に初心者レベルのランナーにも使いやすくなったと言えるのではないでしょうか。もはやサブ3から完走目的まで、すべてのランナーに使えるシューズです。

パーツごとの特徴

このシューズの各パーツごとの特徴や機能を紹介していきます!

アッパーの特徴

37から38への変更点はアッパー部分が中心です!
まず1つ目の変更点は、アッパーが二重構造のサンドイッチメッシュに変更になり、軽量性や通気性はそのままに全体的により柔らかく足当たりの良い、履き心地が優しくなりました。

そして2つ目の変更点は、前足部のトーボックスがよりワイド・高くなりました。前作の37では前足部のトーボックスが比較的シャープで低い作りになっていましたが、より日本人の足型に足型に合いやすいようなワイド目に作り変えられました。これによって、蹴り出しの時に前足部をしっかり動かすことができ、長距離を走っていて足が徐々に浮腫んできても靴の中で足がアッパーにあたってストレスになるというリスクが軽減されます。

3つ目の変更点は、シューホール部分がリーボックのようなレースループシステムが採用されることです。前作のペガサス37ではプラスチックのような補強材がシューホールの周りに貼ってあり少し硬い印象、そして細かなサイジングが調整できず、やや足の甲周りのフィット感が良くない印象でした。一方で38では、柔らかい素材のシューホール素材になり、4つの独立したシューホールとシュータンの中央にペガサスターボのようなフィットバンドが加えられたことで、シューレースと中央のフィットバンドが連動し細かなホールド感の微調整が可能になり、結果としてより優しいフィット感と中足部のロックダウン・ホールド感を発揮してくれます。

4つ目の変更点として、シュータンがより肉厚で長いパッドのような素材感になりました。ペガサス37と比較すると、37ではかなり薄く短いシュータンが使われており、紐を強く占めると紐が足の甲にやや食い込むような感覚があったり靴の中に入り込んでしまったりしましたが、このペガサス38ではシュータンが肉厚で長くなり、まるでアシックスのシュータンのようになりました。これによって足の甲まわりの締付けによるストレスが軽減され、より長距離を走っていても疲れない仕様になりました。

5つ目の変更点として、ヒールカウンター部分がとても肉厚になっており踵のヌケ感が少なるとともに着地の足のブレを抑えてくれる仕様になりました。ペガサス37のヒール部分はかなり軽量的な薄い作りになっていましたがペガサス38ではアシックスのような肉厚感が上から見るとわかります。かかと部分は前作のペガサス37と同じくS字になっておりアキレス腱周りへのストレスは少なさそうです。

4つの独立したシューホールとシュータンの中央部分には縦にフィットバンドが搭載
サンドイッチメッシュというより柔らかい素材に変更
踵部分のヒールカウンターや生地はより厚みがありしっかりしたものに変更
中足部の紐(レーシングシステム)が変更

前作ペガサス37のアッパー素材 ↓↓ 
全体的にメッシュ生地になっており、シュータンは薄く短い。踵部分の履き口の生地感もやや薄い

前作ペガサス37のアッパー素材

前作ペガサス37のアッパー素材 ↓↓ 
紐(レーシング)を通す部分がプラスチックのような固い補強材で固定されている

前作ペガサス37のアッパー素材

ミッドソールの特徴

ペガサス37と同様のミッドソールであるリアクトフォームが搭載されています。
ペガサス37からミッドソールにNike独自のリアクトフォームが採用されました。リアクトフォームはふわっとびよーんと反発してくれるような少し沈み込んで反発してくれるようなフォームです。軽いのですが高い耐久性とクッション性があります。前作のペガサス35や36では一般的なランニングシューズに搭載されているEVAフォームが使われていましたが、37を踏襲したのReactリアクトフォームはより反発性に優れたフォームになっています。また、前足部にズームエアという空気の入ったポッドが入っている点も37と同じ点です。この前足部のズームエアによって蹴り出し時の反発性が加わりスピードに乗りやすくなっています。フォアフットの着地、ミッドフット、ヒールストライク(踵着地)いずれの着地走法でも走りやすいミッドソールになっています。

前作37から新作の38へのミッドソール部分の変更点は厚みです。前作ではかかと部分が24mm、前足部が14mmの厚さでしたが、38新作ではかかと部分が27.5mm、前足部が17.5mmと、3mm厚くなったことによって、よりリアクトフォームの柔らかなクッション性が強化されています。結果としてミッドソール部分はこれまでと比べてよりクッション性があり、特に前足部のスプリング感、反発力が感じられると思います。

ミッドソールは前作から3mm厚くなりよりクッション性が高くなった
前足部にはエアポッドが内蔵(前作の37と同様)

前作ペガサス37の構造 ↓↓  
新作のペガサス38も同じ構造になっている。
下からアウトソールラバー、REACTリアクトフォームのミッドソール、前足部にはAIR ZOOM UNIT(ウィメンズのAIR ZOOM UNITはメンズ用と空気圧が少し異なり、柔らかめになっている)、そして最上部はアッパー素材。

前作ペガサス37の構造(ペガサス38も同様)

アウトソールの特徴

アウトソールのデザインに大きく変更はないようです、前作ペガサス37のアウトソール部分のラバーのグリップ力は高く、多少の濡れた路面でも安心して走ることができます。
また、従来どおりワッフル形状のアウトソールになっているラバーの耐久性は非常に高く多少のロングランを重ねても大きく摩耗することはありません。
前作同様フラットソールになっているので、接地面積が大きく着地の安定性が高いため初心者でも履きやすいシューズになっています。

新作ペガサス38のアウトソール↓

前作ペガサス37のアウトソール↓ 新作の38と同じ

前作ペガサス37

フライイーズ版

ペガサス37と同様にペガサス38ではフライイーズ版も発売されます。これはシューレース(紐)ではなく、ジッパーで靴の履き口を開き簡単に足入れをすることができ、さらにコードを使って簡単にホールド感を調整できるシステムです。足の不自由な方でも簡単にシューズを履けるシステムになっています。
フライーズ版のナイキのランニングシューズは様々出ていますが、ランナーの反応はぼちぼちで、個人的には通常版の方が安定感があり微調整が可能なのでおすすめです。

フライイーズ版(紐ではなくコードで締めるシステム)

発売時期と価格

いつ発売なの?という声もたくさんあると思います。
日本での発売時期・タイミングは4/29木です。ナイキメンバー限定でのリリースが予定されています。
価格はUSで120ドルと前作と同じですので、日本円では税込み14,300円になりそうです。かなりコストパフォーマンスの良いシューズと言えます!

なお、前作のペガサス37はかなり価格が下がってきており、オンラインショップであれば8,000円台で販売しているショップもあります(2021年4月時点)

カラー展開

ペガサス38は様々なカラーバリエーションが登場するようです!

更に今後も様々なカラーが出るようです↓

Limited edition (Men’s, Women’s)
Limited edition (Men’s, Women’s)
A.I.R. ケリー アンナ ロンドン

ウィメンズも発売当初は4色↓

類似シューズ

最後に、ペガサス38と同様に初心者~中級者まで幅広いランナーに使えるデイリートレーニングシューズをご紹介します。
各シューズの詳細レビューやスペックはリンク先のページを御覧ください。

アディダス ボストン9

アディダスのデイリーランニングシューズといえばボストンシリーズです。BOOSTブーストフォームという非常にクッション性と反発性に優れたフォームが搭載されており、ゆっくりのジョギングからある程度ペースを上げてのペース走まで対応できます。また、カラー展開も豊富で人とかぶらないというのも良い点です。販売から時間が経っているので価格もかなり落ちてきています。カラーやサイズにもよりますが安いものであれば6,000円台で販売しているショップもあります。(2021年4月時点)

アシックス エボライド2、グライドライド2

アシックスが2021年2月に出したライドシリーズの新作も幅広いランナーにおすすめのシューズです。
それぞれの違いや仕様については下記のリンク先をご覧いただければと思いますが、グライドライド2のほうがより初心者向けのシューズです。

ニューバランス フューエルセルプリズム

ペガサスシリーズと頻繁に比較に上がり、市民ランナーの間でも意見が分かれるくらい人気の高いシューズです。
フューエルセルという非常に反発の強いミッドソールを搭載しているのですが、踵の内側部分にメディアルポストという沈み込みや足のオーバープロネーション(過度な倒れ込み)を防ぐ初心者向けの機能も付いており安心して走れるシューズです。初めてしっかりしたランニングシューズを買いたいと思っている方に手放しでおすすめしたいシューズです。
価格もだいぶ下がってきており8,000円前後で販売しているオンラインのショップもあります。(2021年4月時点)

ニューバランス フューエルセルレベル2

ある程度ランニングを頻繁にされている市民ランナーや、ポンポン弾むような反発の強いデイリートレーニングシューズ兼テンポアップシューズ(速いペースで走るシューズ)としておすすめなのが2021年に登場したフューエルセルレベル2です。ミッドソールのクッションは触ってみると非常にもちもちしていて弾力があり、実際に走ってみるとバネのように瞬間的に反発が返ってきて、自然と速いペースで走ってしまうシューズです。一方でゆっくり過ぎるペースだと着地の沈み込みがあるため体重が重い方や、あまり普段ランニングをしない方には正直おすすめはしません。

以上、いかがでしたでしょうか?前作のペガサス37を超えるさらに素晴らしいランニングシューズと言えます。ぜひペガサス38を履いてランニングを楽しんでください!Have a nice run!!


ナイキ公式ホームページ Nike.com
https://www.nike.com/jp/

このシューズの評価を投稿する(7段階評価)

1234567
1234567
1234567
1234567

スポーツ用品もアウトレット・セールで安く買おう

毎年新しいスポーツ用品が各メーカーから出ているので少し古い商品は安くアウトレットやセール期間に買うのもおすすめです。
シューズやウェア、靴下、サポーター、帽子、サングラス、ランニングポーチなど、アイテムを揃えて快適なランニングを楽しみましょう。

毎年、春夏と秋冬に新しい商品が出るので、古いものは定価からディスカウントされて販売されてます!安い商品を上手く見つけてコスパよくアイテムをゲットしましょう!

高タンパク・低カロリーな食事をして痩せよう

ランニングしてるのに痩せない、筋肉が逆に落ちてしまう、そんなことにならないように、しっかり食事管理をして脂肪を落としつつ筋肉を維持してスリムなカラダを手に入れましょう。
高タンパク・低カロリーで美味しい宅配フードのマッスルデリは、自分で管理する必要がなく簡単で続けやすいのでおすすめです。

自分でアプリを使って栄養カロリー計算すると面倒くさい、、いつも同じメニューになりがちで結局続かない。ランナーとしては脂肪は落としつつ筋肉は維持したい。。
色々考えると、パックになってる宅配フードで上手くバランス取るのが良いと思います。
チンするだけでラクだし美味しい(^^)

運動の脂肪燃焼効果を最大限に引き出そう

1キロのランニングのカロリー消費は約<体重>kcalです。
例えば体重60kgの人なら1キロ走ると60kcalになります!3キロで約おにぎり1つ分のカロリー消費ですね。
どうせならこのカロリーをカラダの脂肪をなるべく多く使って燃焼したいですよね!
運動前に脂肪燃焼系サプリを取ってランニングするとカラダの脂肪から先に燃えやすくなります。

あまり人に教えたくないのですが、サプリを日頃から取ってます。国産で手頃なサプリメーカー:オーガランドおすすめです(^^)
脂肪燃焼(ファットバーナー)系サプリは、Lカルニチンやαリポ酸、コーヒー、カフェイン、中性脂肪をためにくくするDHA/EHAを取ってます!
また、筋力アップのためにプロテインやアミノ酸の一つであるグルタミンを取ってます(^^)ポイント練の日はパファーマンス向上のためにクレアルカリン、疲労回復のためにクエン酸もおすすめです。(^^)

走れない日は家で筋トレ・脂肪燃焼・ストレッチ

走力向上には腸腰筋、大臀筋、背筋などの筋力UPが欠かせません。外で走れない日も家で筋トレ&脂肪燃焼しましょう(^^)
ランニングやダイエットが続かない人、怪我や悪天候でなかなか走れない人にとっても、リーンボディのオンラインレッスンで一人で家で好きな時にできるワークアウトやストレッチがおすすめです!代謝をUPさせ痩せやすいカラダを手に入れましょう。

リーンボディなら脂肪燃焼系から、筋トレ、ヨガ、ストレッチまで様々なレッスンが見放題・受け放題です!(^^)
10分で終わるものから長いものまで、再生速度調整もできるし、消費カロリーも表示されます!
なんと、自分に合わなければ無料期間に解約すれば一切課金なし!

Nike ナイキ
ツイッターで最新記事をフォロー!
ランブロ / My Running Blog
タイトルとURLをコピーしました