(比較)ペガサス37とフューエルセルプリズムの違いは?スペック比較、おすすめは?まだ評価の投稿がありません

おすすめ・比較

このページでは、どちらも人気のデイリートレーナーシューズであるニューバランスのフューエルセルプリズムとナイキのペガサス37を比較していきたいと思います。いずれも非常にオールマイティなシューズと言え、下駄箱に入っているとついつい選んでしまいたくなるような、一般的な市民ランナーレベルの方のジョギングから軽めのペース走まで幅広い用途で使えるシューズです。実際に公園などで履いて走っているランナーもよく見かけますし、店頭でも店員さんがおすすめしてくるシューズに挙げられます。

それぞれのシューズの解説は下記を御覧ください

家にいながらランニング同様、肺を鍛える

外に出てランニングだと、寒かったり暑かったりで中々続かない方も多いでしょう。
個人の呼吸筋トレーニング応じて負荷が調整できる、手のひらサイズのシンプルな呼吸トレーニングの入門モデルです。呼吸筋に負荷を与えることで他の筋群と同様に抵抗に反応し、より強くより効率的なエクササイズを実現します。
専用の無料アプリを利用してトレーニングや毎日のアクティビティを管理できます。呼吸の強さと肺活量向上を目標にしたワークアウトや、心身をリラックスするためのマインドフルネスプログラムなどが家にいながらできちゃいます!

先に結論・まとめ

実際の履き心地は個人個人によって違うので一概には言えないのですが、とてもざっくりした個人的な結論から言うと、、、同点・引き分けです(笑)。サブ4、完走レベルのランナーにとって大事な下記の6つの観点から見て判断してみるとちょうど三対三の同点でどちらもすばらしいシューズということがわかります。本当に甲乙つけがたいです!

  1. 安定性:フューエルセルプリズムの方が優れている
  2. スピード感:フューエルセルプリズムの方が優れている
  3. コスパ:フューエルセルプリズムの方が優れている
  4. クッション性:ペガサス37の方が優れている
  5. フィット感:足型の個人差ありますがペガサス37の方が多くの人にフィットする
  6. かっこよさ:これは本当に主観ですが、個人的にはペガサス37

以下では、上記の結論のように判断した理由を、3つのスペックの観点から考えていきたいと思います。

アッパーの特徴

フューエルセルプリズムもペガサス37もいずれもエンジニアードメッシュという通気性の良い素材が使われています。フューエルセルプリズムの方が若干柔らかい質感で、一方でペガサス37の方が硬い素材感になっています。ですので中足部のホールド感はややペガサス37の方が良いかもしれません。また、フューエルセルプリズムは(ニューバランスの一般的な特徴でもあるのですが)やや細身の足型なので少し足幅が大きい人にとってはきつく感じてしまうかもしれません、この観点でフィット感はややペガサス37の方に軍配があがるように思います。また、デザイン(カラーバリュエーション)はさすがナイキだけあって様々出ており、自分のカラーリング(By You)もできるため、かっこよさもペガサス37に軍配があがるでしょう。

一方でペガサス37の踵部分のフィット感が気になる人もいるようです。若干踵のホールド感が弱いため少しサイズが余っているとヌケ感があるかもしれません。この点は2021年4月発売の新作ペガサス38で改善されました!新作38のレビューは下記を参考にしてください

ミッドソールの特徴

フューエルセルプリズムはフューエルセルという軽量で反発性の強い素材が使われています。5分弱くらいのスピードを出し始めると特にこの反発感を感じやすくなります。反発の感覚としては、瞬間的にバウンド、跳ねてくれるような反発感です。また爪先部分が(ペガサス37と比べて若干)反り上がっているので地面を蹴る瞬間の足離れの感覚も気持ち良いです。そして、全体的なシューズの重量もフューエルセルプリズムの方が軽いため、スピードという観点ではフューエルセルプリズムに軍配があがるでしょう。また、メディアルポストという踵の内側部分が少し硬い素材が使われているデザインになっており、着地時のオーバープロネーション(足が過度に内側に倒れ込むことによる怪我)対策にもなっており、安定性もフューエルセルプリズムに軍配が上がります。

ペガサス37はクッション性に優れたリアクトフォームが使われており、踵着地したときに優しく衝撃を吸収してくれる感覚があります。反発力は前足部に搭載されているZoom Airユニットの空気が潰れて戻るときの反発から生み出されるので、瞬間的なパンという反発というよりは、少しぐにょっとして戻るような反発があります。

アウトソールの特徴

いずれもフラットソールになっており、どこからの着地でも安定して着地できるようになっています。また、いずれも前足部とかかと部分にしっかりとラバーがついており高いグリップ力があります。個人的にはペガサス37の方が若干ゴツゴツした重量感のあるラバーなので安心感があって好きですが、通常のロードであればほとんど大差ないです。

いずれも発売から少したったこともあり価格はどちらもお安くなってきましたが、ペガサスがだいたい8,000~10,000円、フューエルセルプリズムが7,000~9,000円という感じでフューエルセルプリズムが若干安いと思います。

いずれのシューズも幅広いランナーにおすすめできるシューズで、サブ3.5~ランナーにとってはデイリートレーナーとして使いやすいシューズでしょう。ペース走からつなぎのジョグ、距離走まで幅広いトレーニングで使えます。是非お気に入りのランニングシューズを見つけてランニングを楽しんでください!では、Have a nice run!!

このシューズの評価を投稿する(7段階評価)

1234567
1234567
1234567
1234567

スポーツ用品もアウトレット・セールで安く買おう

毎年新しいスポーツ用品が各メーカーから出ているので少し古い商品は安くアウトレットやセール期間に買うのもおすすめです。
シューズやウェア、靴下、サポーター、帽子、サングラス、ランニングポーチなど、アイテムを揃えて快適なランニングを楽しみましょう。

毎年、春夏と秋冬に新しい商品が出るので、古いものは定価からディスカウントされて販売されてます!安い商品を上手く見つけてコスパよくアイテムをゲットしましょう!

高タンパク・低カロリーな食事をして痩せよう

ランニングしてるのに痩せない、筋肉が逆に落ちてしまう、そんなことにならないように、しっかり食事管理をして脂肪を落としつつ筋肉を維持してスリムなカラダを手に入れましょう。
高タンパク・低カロリーで美味しい宅配フードのマッスルデリは、自分で管理する必要がなく簡単で続けやすいのでおすすめです。

自分でアプリを使って栄養カロリー計算すると面倒くさい、、いつも同じメニューになりがちで結局続かない。ランナーとしては脂肪は落としつつ筋肉は維持したい。。
色々考えると、パックになってる宅配フードで上手くバランス取るのが良いと思います。
チンするだけでラクだし美味しい(^^)

スマホや小銭を入れてランニング

ランニングの時にスマホや小銭、飲み物を手に持って走ると邪魔くさいですよね。ランニングポーチに入れれば快適なランニングが楽しめます。何より腰にフィットするのでぶれたり、じゃまになったりしないのがいいですね!

アジャストゴムでフィット感を高めたコンパクトなウエストポーチ。
ポケット部分は伸縮性のあるストレッチ素材を使用しているため、身の回りの携帯品、モバイル、カギ、音楽機器などをコンパクトに収納します。
ウエストベルトには脱着しやすいバックル採用(^^)

おすすめ・比較
ツイッターで最新記事をフォロー!
ランブロ / My Running Blog
タイトルとURLをコピーしました