(比較)ペガサス37とフューエルセルプリズムの違いは?スペック比較、おすすめは?まだ評価の投稿がありません

おすすめ・比較

このページでは、どちらも人気のデイリートレーナーシューズであるニューバランスのフューエルセルプリズムとナイキのペガサス37を比較していきたいと思います。いずれも非常にオールマイティなシューズと言え、下駄箱に入っているとついつい選んでしまいたくなるような、一般的な市民ランナーレベルの方のジョギングから軽めのペース走まで幅広い用途で使えるシューズです。実際に公園などで履いて走っているランナーもよく見かけますし、店頭でも店員さんがおすすめしてくるシューズに挙げられます。

それぞれのシューズの解説は下記を御覧ください

ランニング時の飛沫防止のために

ランニングシューズに加えてマウスカバーの着用をしているランナーが増えてきました!
Mizunoのスポーツウエアや水着の素材を使用し、通気性やフィット感が良く、快適に使えるマウスカバーです。軽く伸縮性に優れ肌触りの良く、耳周りの締付けやストレスがないソフトなつけ心地でおすすめです。

ひんやり冷たいアイスタッチ素材マスクやハイドロ銀チタンを使った抗菌防臭マスクなどミズノならではのマウスカバーがおすすめです(^^)

先に結論・まとめ

実際の履き心地は個人個人によって違うので一概には言えないのですが、とてもざっくりした個人的な結論から言うと、、、同点・引き分けです(笑)。サブ4、完走レベルのランナーにとって大事な下記の6つの観点から見て判断してみるとちょうど三対三の同点でどちらもすばらしいシューズということがわかります。本当に甲乙つけがたいです!

  1. 安定性:フューエルセルプリズムの方が優れている
  2. スピード感:フューエルセルプリズムの方が優れている
  3. コスパ:フューエルセルプリズムの方が優れている
  4. クッション性:ペガサス37の方が優れている
  5. フィット感:足型の個人差ありますがペガサス37の方が多くの人にフィットする
  6. かっこよさ:これは本当に主観ですが、個人的にはペガサス37

以下では、上記の結論のように判断した理由を、3つのスペックの観点から考えていきたいと思います。

アッパーの特徴

フューエルセルプリズムもペガサス37もいずれもエンジニアードメッシュという通気性の良い素材が使われています。フューエルセルプリズムの方が若干柔らかい質感で、一方でペガサス37の方が硬い素材感になっています。ですので中足部のホールド感はややペガサス37の方が良いかもしれません。また、フューエルセルプリズムは(ニューバランスの一般的な特徴でもあるのですが)やや細身の足型なので少し足幅が大きい人にとってはきつく感じてしまうかもしれません、この観点でフィット感はややペガサス37の方に軍配があがるように思います。また、デザイン(カラーバリュエーション)はさすがナイキだけあって様々出ており、自分のカラーリング(By You)もできるため、かっこよさもペガサス37に軍配があがるでしょう。

一方でペガサス37の踵部分のフィット感が気になる人もいるようです。若干踵のホールド感が弱いため少しサイズが余っているとヌケ感があるかもしれません。この点は2021年4月発売の新作ペガサス38で改善されました!新作38のレビューは下記を参考にしてください

ミッドソールの特徴

フューエルセルプリズムはフューエルセルという軽量で反発性の強い素材が使われています。5分弱くらいのスピードを出し始めると特にこの反発感を感じやすくなります。反発の感覚としては、瞬間的にバウンド、跳ねてくれるような反発感です。また爪先部分が(ペガサス37と比べて若干)反り上がっているので地面を蹴る瞬間の足離れの感覚も気持ち良いです。そして、全体的なシューズの重量もフューエルセルプリズムの方が軽いため、スピードという観点ではフューエルセルプリズムに軍配があがるでしょう。また、メディアルポストという踵の内側部分が少し硬い素材が使われているデザインになっており、着地時のオーバープロネーション(足が過度に内側に倒れ込むことによる怪我)対策にもなっており、安定性もフューエルセルプリズムに軍配が上がります。

ペガサス37はクッション性に優れたリアクトフォームが使われており、踵着地したときに優しく衝撃を吸収してくれる感覚があります。反発力は前足部に搭載されているZoom Airユニットの空気が潰れて戻るときの反発から生み出されるので、瞬間的なパンという反発というよりは、少しぐにょっとして戻るような反発があります。

アウトソールの特徴

いずれもフラットソールになっており、どこからの着地でも安定して着地できるようになっています。また、いずれも前足部とかかと部分にしっかりとラバーがついており高いグリップ力があります。個人的にはペガサス37の方が若干ゴツゴツした重量感のあるラバーなので安心感があって好きですが、通常のロードであればほとんど大差ないです。

いずれも発売から少したったこともあり価格はどちらもお安くなってきましたが、ペガサスがだいたい8,000~10,000円、フューエルセルプリズムが7,000~9,000円という感じでフューエルセルプリズムが若干安いと思います。

いずれのシューズも幅広いランナーにおすすめできるシューズで、サブ3.5~ランナーにとってはデイリートレーナーとして使いやすいシューズでしょう。ペース走からつなぎのジョグ、距離走まで幅広いトレーニングで使えます。是非お気に入りのランニングシューズを見つけてランニングを楽しんでください!では、Have a nice run!!

このシューズの評価を投稿する(7段階評価)

1234567
1234567
1234567
1234567

ランニング前後の体のケアも忘れずに

ランニング後の疲労回復・リカバリーには自宅でできる簡単マッサージガンがおすすめです。
ふくらはぎ、ハムストリング、大殿筋に直接当てて筋膜リリースすることで筋疲労を軽減し、パフォーマンスアップに繋がります。
持ち運びも便利なので遠征や合宿にも!マッサージに通うよりいつでも気軽にコスパの良いリフレッシュを。

特に、もも裏とお尻・ふくらはぎの翌日の疲れ・筋肉痛が全然違います!疲労が溜まっているとタイムも距離も伸びないですしフォームも崩れますしね。。
ストレッチだけでは緩められない筋膜を高振動でリリースできて気持ちいいです(^^)

ランニングしてるのに痩せない、筋肉が逆に落ちてしまう、そんなことにならないように、しっかり食事管理をして脂肪を落としつつ筋肉を維持してスリムなカラダを手に入れましょう。
高タンパク・低カロリーで美味しい宅配フードのマッスルデリは、自分で管理する必要がなく簡単で続けやすいのでおすすめです。

自分でアプリを使って栄養カロリー計算すると面倒くさい、、いつも同じメニューになりがちで結局続かない。ランナーとしては脂肪は落としつつ筋肉は維持したい。。
色々考えると、パックになってる宅配フードで上手くバランス取るのが良いと思います。
チンするだけでラクだし美味しい(^^)

運動の脂肪燃焼効果を最大限に引き出そう

1キロのランニングのカロリー消費は約<体重>kcalです。
例えば体重60kgの人なら1キロ走ると60kcalになります!3キロで約おにぎり1つ分のカロリー消費ですね。
どうせならこのカロリーをカラダの脂肪をなるべく多く使って燃焼したいですよね!
運動前に脂肪燃焼系サプリを取ってランニングするとカラダの脂肪から先に燃えやすくなります。

あまり人に教えたくないのですが、サプリを日頃から取ってます。国産で手頃なサプリメーカー:オーガランドおすすめです(^^)
脂肪燃焼(ファットバーナー)系サプリは、Lカルニチンやαリポ酸、コーヒー、カフェイン、中性脂肪をためにくくするDHA/EHAを取ってます!
また、筋力アップのためにプロテインやアミノ酸の一つであるグルタミンを取ってます(^^)ポイント練の日はパファーマンス向上のためにクレアルカリン、疲労回復のためにクエン酸もおすすめです。(^^)

走れない日は家で筋トレ・脂肪燃焼・ストレッチ

走力向上には腸腰筋、大臀筋、背筋などの筋力UPが欠かせません。外で走れない日も家で筋トレ&脂肪燃焼しましょう(^^)
ランニングやダイエットが続かない人、怪我や悪天候でなかなか走れない人にとっても、リーンボディのオンラインレッスンで一人で家で好きな時にできるワークアウトやストレッチがおすすめです!代謝をUPさせ痩せやすいカラダを手に入れましょう。

リーンボディなら脂肪燃焼系から、筋トレ、ヨガ、ストレッチまで様々なレッスンが見放題・受け放題です!(^^)
10分で終わるものから長いものまで、再生速度調整もできるし、消費カロリーも表示されます!
なんと、自分に合わなければ無料期間に解約すれば一切課金なし!

おすすめ・比較
ツイッターで最新記事をフォロー!
ランブロ / My Running Blog
タイトルとURLをコピーしました