(最新詳細レビュー)ホカオネオネマッハスーパーソニックの履き心地・機能・特徴紹介/HOKAONEONE MACH SUPERSONIC 3.4/5 (2)

HOKA ONE ONE ホカオネオネ

HOKAONEONE ホカオネオネのレース、スピード系人気シューズであるマッハスーパーソニックについて気になっている方多いのではないでしょうか?そんなマッハスーパーソニックについて基本スペックから良い点・悪い点、他シューズとの比較、さらにこんなランナーにおすすめ、アッパー素材やミッドソール、アウトソール素材について詳細な解説・レビューします。

家にいながらランニング同様、肺を鍛える

外に出てランニングだと、寒かったり暑かったりで中々続かない方も多いでしょう。
個人の呼吸筋トレーニング応じて負荷が調整できる、手のひらサイズのシンプルな呼吸トレーニングの入門モデルです。呼吸筋に負荷を与えることで他の筋群と同様に抵抗に反応し、より強くより効率的なエクササイズを実現します。
専用の無料アプリを利用してトレーニングや毎日のアクティビティを管理できます。呼吸の強さと肺活量向上を目標にしたワークアウトや、心身をリラックスするためのマインドフルネスプログラムなどが家にいながらできちゃいます!

基本情報

2009年にアメリカで生まれたホカオネオネは、当初トレイルランニングやウルトラマラソン用のランニングシューズとしてマーケティングされていましたが、今ではロードのフルマラソンの競技者や一般の市民ランナーからも多く支持されているブランドになりました。その特徴はなんと言ってもミッドソールのマシュマロのようなマキシマムクッションと、ゆりかごのような構造のロッカー構造です。

そんなホカオネオネのシリーズの中でもこのマッハシリーズはスピードを出しやすいやや硬めの反発力の強いクッション素材が使われているシリーズです。2021年、高い反発力を持つロード向けモデルを全面刷新したマッハ 4がリリースされました。そして2022年3月、マッハシリーズの亜種としてマッハスーパーソニックがリリース。このシューズは次に発売が予想されているマッハ5のプロトタイプ的な位置づけで、マッハ4よりもよりミッドソールの反発力が強く、より一層早いペースでのランニングに適したスペックになっています。

基本情報
ブランドHokaoneone ホカオネオネ
シリーズマッハ
モデルマッハスーパーソニック
タイプレース、スピード系
重さ235g
ヒールドロップ5mm(ヒール29mm, 前足部24mm)
対象ランナーサブ3、サブ3.5、サブ4

良い点・気になる点

良い点・おすすめポイント
  1. 前作のマッハ4のPROFLYよりも、より反発性の高いPROFLYプラスが自然と走りのスピードを加速させてくれます
  2. 着地から蹴り出しまでの重心移動をスムーズにガイドしてくれるメタロッカーテクノロジー(ホカの定番の技術です)
  3. 踵のクッション素材が2又に別れ安定した走りを生み出してくれる(SWALLOW TAIL構造のヒール:日本語でツバメの尾という意味)
  4. 着地の衝撃を吸収して足へのダメージを緩和してくれるラバライズドEVAアウトソール
  5. シュータンが前作よりも肉厚になっており、紐の締め付けによるストレスが一切ありません
気になる点・悪い点
  1. スピード系のシューズですが全体的な重量としてはそこまで軽量なモデルではありません(サイズにもよりますが250g前後で、リンコンの方がやや軽量)
  2. アウトソールのラバーほむき出しの状態なので、耐久性は高くはありません
  3. 定価19,800円(税込み)は前作から値上がりしました

こんな人におすすめ・使える場面やトレーニング

ホカオネオネのシューズの中でもテンポアップシューズに属するシューズです。前作のマッハ4はデイリートレーニング、普段のジョギングでも使える万能タイプでしたが、スーパーソニックはよりテンポアップシューズに特化した印象です。
新しいミッドソールPROFLY+を搭載し、一歩一歩強い反発エネルギーを返してくれるのでスピードに乗りやすく、ゆっくりなペースになったときでもメタロッカーテクノロジーによって優しくガイドしてくれる。アップジョグ、ダウンジョグから、キロ4分前後のペースまで上げたペース走、変化走などで使いたいシューズです。

ホカオネオネの他シューズとの違いで言えば、クリフトン8はよりゆっくりとしたペースのランニング、ジョギング向けで市民ランナーから初心者まで手放しでおすすめできるシューズです。一方マッハスーパーソニックは毎月100-200キロくらい走っているサブ3,3.5くらいの市民ランナーの練習用シューズという位置づけです。ランナーのレベルに合わせて片方、あるいは両方購入するのもありですね!

パーツごとの特徴

このシューズの各パーツごとの特徴や機能を紹介していきます!前作のマッハ4との違いも交えて説明します。

アッパーの特徴

アッパーの全体的な構造は前作同様です。
アッパーは通気性が良く快適なエンジニアードメッシュが使われています。アキレス腱部分はS字型になっていますが、これは解剖学に基づいてアキレス腱へのストレスをなくすような設計になっています。また、履き口周りには形状記憶フォームのアンクルパッドが搭載され、踵及びアキレス腱をやさしくホールドしてくれます。
アッパーの素材は前作マッハ4は柔らかい素材感でしたが、スーパーソニックはより硬い素材感になっています。植物性由来のリサイクル素材が原料に使われているアッパーです。
大きな変更としては2つあり、1つはシュータンが前作よりも肉厚で大きくなったことです。前作はかなり薄いシュータンでしたが、今作は肉厚になったことでシューレースでより強く締めてもストレスを感じにくくなっています。2つ目は、かかと部分のプルタブです。実際にはあまり使うことはないと思いますが、着脱が簡単になっています。

足入れしてみると分かるのですがとても中足部のホールド感・履き心地が良く、かつアッパー素材がある程度厚い生地感なのでしっかりと包まれている感じがします。ナイキのカーボンシューズなどに使われている超軽量のアトムニットのような生地感ではなく、もう少し柔らかい肌に馴染みやすい素材感です。
ヒールカウンターはしっかりしており、軽量・レース系のシューズでありながら踵周りの安心感はあります。シュータンは薄めの生地になっています。

スーパーソニック シュータンが肉厚に進化
前作マッハ4

ミッドソールの特徴

新作のスーパーソニックでは前作のPROFLYTMよりさらに反発性がアップした、PROFLYプラスが搭載されています。高いクッション性と前進する推進力を生みだし、柔らかな反発力のある走り心地を提供してくれます。

前作同様ミッドソールは2層構造になっており、下部がラバライズドEVAというアウトソールの役割もはたしてくれる柔らかめな素材、そして上部が新しく搭載されているPROFLYプラスというクッション性と反発力に優れた素材が使われています。ホカオネオネの特徴として、とても軽量でクッション感のあるミッドソールがあげられますが、このPROFLYプラスフォームはカーボン入りのレースシューズであるカーボンX2にも使われているスピードを出しやすい、クリフトンのフォームなどと比べるとやや硬めの素材感になっています。前作のPROFLYよりも、より硬めの接地感に変化しています。

かかと部分が特徴的で2又に分かれているような形状になっています(SWALLOW TAIL構造)これによって踵の外側から着地してもしっかりと重心がスムーズに中央にガイドされ、安定した走りをすることができます。今回のマッハスーパーソニックのミッドソールの形状及び素材は、前作のマッハ4カーボンX2を踏襲したものと言え、カーボンX2のカーボンなしバージョンとも言えるでしょう

ホカオネオネの代名詞とも言えるメタロッカー構造(踵と爪先部分が反り上がったゆりかご形状)になっており、踵着地からでもミッドフット着地からでも重心をスムーズに前にコロンとガイドしてくれ、省エネで走ることができます。結果として足を高速で回転しやすく、ある程度ストライドも伸ばしやすいシューズになっています。この点はリンコンと比較してみると、リンコンはどちらかというとストライドを伸ばしてくれるというよりは足を回しやすいシューズで、マッハスーパーソニックは回転もストライドもバランス良くサポートしてくれるイメージです。

アウトソールの特徴

アウトソールは前作のマッハ4と同じです。
ラバライズドEVAアウトソールが使われており、柔らかめの素材感のため接地時の衝撃をしっかりと緩和してくれ、高いエネルギーリターンを発揮してくれます。
同様に軽量なリンコンとの比較で言えば、アッパーの耐久性はマッハスーパーソニックに軍配が上がります。リンコンは軽量ですがEVAフォームがほとんどむき出しですが、マッハスーパーソニックはラバライズドEVAで補強されているので耐久性ではこちらのほうが優れています。

価格と類似シューズ

定価(税込)は19,800円と前作から値上がりしました。

同様に1万円台~後半の価格帯のシューズで、カーボンプレートなし、中上級者向けのテンポアップシューズとして下記をご紹介します。各シューズの詳細レビューはそれぞれのリンク先を参考にしてください。


・ナイキ テンポNext%
前足部のエアポッドと合成素材で作られたプレートが内蔵されていることによって、ミッドフット・フォアフット気味で着地すると非常に強い反発が得られストライドが自然に伸びていきます。練習でもマラソンレース本番でも使えるシューズです。価格もだいぶ下がってきているので1万円前半で購入できるでしょう。

・ニューバランスフューエルセルレベルv2
2021年初旬に発売された、非常に反発の強いフューエルセルというミッドソールが使われており、その反発とスプリングの良さに走っていて楽しくなるシューズです。触ってみると非常にぷにぷにしていて柔らかい印象があるのですが、実際に走ってみると柔らかすぎるということはなく、パンっという瞬間的にリスポンスしていくれるシューズです。

・サッカニーエンドルフィンスピード
サッカニーのエンドルフィンプロがカーボン入ですが、こちらのエンドルフィンスピードはそのカーボンプレートが入っていないバージョンです。POWER RUN PBという非常に軽量で反発性の強い素材が使われており無駄のない軽量な作りになっています。サブ3前後のランナーのデイリートレーニングシューズ、テンポアップシューズとして使える一足です

・ブルックス ハイペリオンテンポ
DNAフラッシュという非常に軽量で反発性の高いミッドソールが使われており、厚底過ぎないスタックでフラットソールなのでクセがなく、着地や走法に関係なく幅広いランナーに使いやすい・履きこなしやすいテンポアップシューズです。

以上、いかがでしたでしょうか?気になる方は、人気シリーズなのでサイズやカラーが無くなる前に早めに購入検討してみると良いかもしれません。また、ショップなどでためし履きもおすすめです!是非マッハスーパーソニックを履いて快適なランニングをお楽しみください、それでは Have a nice run!!
HOKAONEONE公式ホームページ
https://www.hokaoneone.jp/

このシューズの評価を投稿する(7段階評価)

1234567
1234567
1234567
1234567

スポーツ用品もアウトレット・セールで安く買おう

毎年新しいスポーツ用品が各メーカーから出ているので少し古い商品は安くアウトレットやセール期間に買うのもおすすめです。
シューズやウェア、靴下、サポーター、帽子、サングラス、ランニングポーチなど、アイテムを揃えて快適なランニングを楽しみましょう。

毎年、春夏と秋冬に新しい商品が出るので、古いものは定価からディスカウントされて販売されてます!安い商品を上手く見つけてコスパよくアイテムをゲットしましょう!

高タンパク・低カロリーな食事をして痩せよう

ランニングしてるのに痩せない、筋肉が逆に落ちてしまう、そんなことにならないように、しっかり食事管理をして脂肪を落としつつ筋肉を維持してスリムなカラダを手に入れましょう。
高タンパク・低カロリーで美味しい宅配フードのマッスルデリは、自分で管理する必要がなく簡単で続けやすいのでおすすめです。

自分でアプリを使って栄養カロリー計算すると面倒くさい、、いつも同じメニューになりがちで結局続かない。ランナーとしては脂肪は落としつつ筋肉は維持したい。。
色々考えると、パックになってる宅配フードで上手くバランス取るのが良いと思います。
チンするだけでラクだし美味しい(^^)

スマホや小銭を入れてランニング

ランニングの時にスマホや小銭、飲み物を手に持って走ると邪魔くさいですよね。ランニングポーチに入れれば快適なランニングが楽しめます。何より腰にフィットするのでぶれたり、じゃまになったりしないのがいいですね!

アジャストゴムでフィット感を高めたコンパクトなウエストポーチ。
ポケット部分は伸縮性のあるストレッチ素材を使用しているため、身の回りの携帯品、モバイル、カギ、音楽機器などをコンパクトに収納します。
ウエストベルトには脱着しやすいバックル採用(^^)

HOKA ONE ONE ホカオネオネ
ツイッターで最新記事をフォロー!
ランブロ / My Running Blog
タイトルとURLをコピーしました