(最新詳細レビュー)アシックス ハイパースピードの履き心地・機能・特徴紹介/Asics Hyper Speed 3.5/5 (5)

asics アシックス

asics アシックスのレース、スピード系人気シューズであるハイパースピードについて気になっている方多いのではないでしょうか?そんなハイパースピードについて基本スペックから良い点・悪い点、他シューズとの比較、さらにこんなランナーにおすすめ、アッパー素材やミッドソール、アウトソール素材について詳細な解説・レビューします。

ランニング時の飛沫防止のために

ランニングシューズに加えてマウスカバーの着用をしているランナーが増えてきました!
Mizunoのスポーツウエアや水着の素材を使用し、通気性やフィット感が良く、快適に使えるマウスカバーです。軽く伸縮性に優れ肌触りの良く、耳周りの締付けやストレスがないソフトなつけ心地でおすすめです。

ひんやり冷たいアイスタッチ素材マスクやハイドロ銀チタンを使った抗菌防臭マスクなどミズノならではのマウスカバーがおすすめです(^^)

基本情報

アシックスのハイパースピードといえば、アシックスの中でも人気の高いレーシングフラットシリーズでした。しかしながらここ近年では、シリーズの新しいモデルのリリースは途絶え完全にマーケットから消えていました。

しかし、2021年4月に新しいアシックスハイパースピードが発売されることが発表されました。実はこのハイパースピードは、同時に発表されたアシックスのカーボン厚底シューズである、メタスピードスカイメタスピードエッジ、そしてマジックスピードと同じデザインや設計思想が盛り込まれたシューズなのです。

さらに、今回日本で発売するハイパースピードは海外では昨年末にすでにリリースされていました。この新しいハイパースピードは無駄なものがすべて取り除かれ必要最低限の機能が詰まった超軽量なコスパの良いレースシューズです。短めの距離の記録会やハーフ、普段のテンポ走などMペース以上で走る時に使えるレーシングフラットです。

基本情報
ブランドasics アシックス
シリーズハイパースピード
モデルハイパースピード
タイプレース、スピード系
重さ210g
ヒールドロップ5mm
対象ランナーサブ3、サブ3.5

良い点・気になる点

良い点・おすすめポイント
  1. 価格が定価税込9,790円で、数あるレースシューズの中でもかなりコスパに優れたシューズです
  2. 無駄な機能がなく非常に軽量(200g程度)
  3. ガイドソールテクノロジーというつま先が反り上がった形状になっており、蹴り出しのあとのつま先の足抜けが非常にスムーズで、前へのライド感・転がる感覚があります
  4. アウトソールのグリップ力・耐久性が非常に高いです
  5. 薄底(踵21mm)なので着地の接地感や地面感覚が養え、ピッチをコントロールしやすいシューズです。練習などで基礎的な脚力・走力を鍛えるにはおすすめのシューズです
気になる点
  1. ミッドソールがFlyteFoamではなく一般的なEVAフォームなので反発性やクッション性はやや劣ります
  2. カーボンプレートなどは入っていないので、足への負担は少ない反面、推進力という観点では他のレースシューズに劣ります

こんな人におすすめ・使える場面やトレーニング

ある程度脚力がありスピードを出せる中上級者向け(サブ3、サブ3.5)のレーシングシューズです。数あるレースシューズと比べると、カーボンプレートが入っていなかったり、通常のEVAフォームのミッドソールだったりするため、推進力や反発力の観点では見劣りすますが、非常に軽量でクセがなく、薄底で、価格も安い(定価税込9,790円)ので速いペースでの練習でガンガン使うこともできるレースシューズと言えそうです。
もちろんハーフマラソンや10kmの記録会やレースなど短めの距離のレースでも使えるシューズです。

また、同時に発売されるマジックスピードメタスピードスカイと同系統のデザインを引き継いでいるので、それらとの履き合わせも良いでしょう。普段のテンポ走やインターバルではハイパースピードを履いて、PB挑戦やレースではマジックスピードメタスピードスカイを履くという形です。いずれにせよ、従来のアシックスらしい薄底で軽量でフィット感の高い素晴らしいレースシューズです。

パーツごとの特徴

このシューズの各パーツごとの特徴や機能を紹介していきます!

アッパーの特徴

モノフィラメントメッシュになっており通気口が斜めになっているため非常に通気性が高く、フィット感・ホールド感も高いです。シュータンは非常に薄く、ヒールカウンターは硬すぎず柔らかすぎず必要最低限の足回りのホールドがあります。足型は標準からややスリム目で、メタスピードスカイのように中足部がゆとりのあるようなラスト(足型)ではありません。

ミッドソールの特徴

ミッドソールはEVA素材です。アシックスは軽量で反発性の強いFlyteFoamやFlyteFoamプロペル、そしてマジックスピードに使われているFlyteFoamブラスト、メタスピードスカイに使われているFlyteFoamブラストターボなどがありますが、そういった高機能ミッドソールが使われていないのが少し残念です。そういった高性能なミッドソールと比べるとクッション性や反発性は弱いです。また、カーボンプレートが入っていないので、全体的に屈曲性は高いです。

アシックスのライドシリーズから取り入れられているガイドソールテクノロジーというつま先が反り上がった構造になっていることにより、着地から足抜けまでのスムーズな重心移動をガイドしてくれ、より効率的なエネルギー消費で走ることができます。このガイドソールテクノロジーは同時に発表されたマジックスピードメタスピードスカイにも使われている技術です。

スタック(厚さ)が低いシューズなので地面の接地感覚や地面の蹴り出しの感覚が養いやすく、練習でガンガン使って脚力を高めるにはもってこいのシューズです。

ハイパースピードの赤色は6月頃発売予定
ほぼ同時に発売されるマジックスピードも同様につま先が反り上がった形状(ガイドソールテクノロジー)
左がマジックスピード、右がハイパースピード
グライドライド2:つま先のガイドソールテクノロジーはこのライドシリーズから継承
エボライド2:つま先のガイドソールテクノロジーはこのライドシリーズから継承

アウトソールの特徴

アウトソールはミッドソールから前足部にかけてラバーが貼られており、非常にトラクションと耐久性に優れています。軽量化のためにかかと部分には着地で摩耗しやすい外側にしかラバーはついていません。アウトソールのラバーの範囲からわかるように、ミッドフット、フォアフット気味の着地ができる中上級者ランナー向け、ある程度のスピードを出せるランナー向けのシューズです。

ほぼ同時に発売されるマジックスピードのアウトソールも同様

カラー展開

メンズカラーは2色(2021年4月現在)

ウィメンズカラーは2色(2021年4月現在)

類似シューズ

ハイパースピードと同様に値段1万円前後で軽量な練習でガンガン使えるようなシューズを紹介します。各シューズのスペックやレビュー解説はリンク先を参考にしてください。

ナイキズームライバルフライ

非常に軽量で反発性が高いスピード練習に最適なシューズです。
発売から時間がたっていることもあり価格は7,000円前後で販売しているオンラインショップもあります。

アディダスアディゼロRC3

軽量で高反発なライトストライクというミッドソールが使われており、グリップ力の強いコンチネンタルラバーがアウトソールに使われています。軽量性、反発性、耐久性のバランスが良いシューズで、かつ価格も7,000円前後で販売しているオンラインショップもあり、コスパに優れたシューズです。

アシックスエボライド1、2

アシックスのエボライドはライドシリーズ(メタライド、グライドライド、エボライド)の中で最も軽量でスピードの出しやすいシューズです。ハイパースピードと比べると若干重いですが、クッション性に優れています。また、ハイパースピード同様につま先が反り上がったガイドソールテクノロジーが導入されており、より少ない力で楽に走れるシューズです。エボライド2が2021年2月に発売されたこともあり、1がお安くなっています。

終わりに

以上、いかがでしたでしょうか?気になる方は、人気シリーズなのでサイズやカラーが無くなる前に早めに購入検討してみると良いかもしれません。また、ショップなどでためし履きもおすすめです!是非ハイパースピードを履いて快適なランニングをお楽しみください、それでは Have a nice run!!

アシックス公式HP
https://www.asics.com/jp/ja-jp/

このシューズの評価を投稿する(7段階評価)

1234567
1234567
1234567
1234567

ランニング前後の体のケアも忘れずに

ランニング後の疲労回復・リカバリーには自宅でできる簡単マッサージガンがおすすめです。
ふくらはぎ、ハムストリング、大殿筋に直接当てて筋膜リリースすることで筋疲労を軽減し、パフォーマンスアップに繋がります。
持ち運びも便利なので遠征や合宿にも!マッサージに通うよりいつでも気軽にコスパの良いリフレッシュを。

特に、もも裏とお尻・ふくらはぎの翌日の疲れ・筋肉痛が全然違います!疲労が溜まっているとタイムも距離も伸びないですしフォームも崩れますしね。。
ストレッチだけでは緩められない筋膜を高振動でリリースできて気持ちいいです(^^)

ランニングしてるのに痩せない、筋肉が逆に落ちてしまう、そんなことにならないように、しっかり食事管理をして脂肪を落としつつ筋肉を維持してスリムなカラダを手に入れましょう。
高タンパク・低カロリーで美味しい宅配フードのマッスルデリは、自分で管理する必要がなく簡単で続けやすいのでおすすめです。

自分でアプリを使って栄養カロリー計算すると面倒くさい、、いつも同じメニューになりがちで結局続かない。ランナーとしては脂肪は落としつつ筋肉は維持したい。。
色々考えると、パックになってる宅配フードで上手くバランス取るのが良いと思います。
チンするだけでラクだし美味しい(^^)

運動の脂肪燃焼効果を最大限に引き出そう

1キロのランニングのカロリー消費は約<体重>kcalです。
例えば体重60kgの人なら1キロ走ると60kcalになります!3キロで約おにぎり1つ分のカロリー消費ですね。
どうせならこのカロリーをカラダの脂肪をなるべく多く使って燃焼したいですよね!
運動前に脂肪燃焼系サプリを取ってランニングするとカラダの脂肪から先に燃えやすくなります。

あまり人に教えたくないのですが、サプリを日頃から取ってます。国産で手頃なサプリメーカー:オーガランドおすすめです(^^)
脂肪燃焼(ファットバーナー)系サプリは、Lカルニチンやαリポ酸、コーヒー、カフェイン、中性脂肪をためにくくするDHA/EHAを取ってます!
また、筋力アップのためにプロテインやアミノ酸の一つであるグルタミンを取ってます(^^)ポイント練の日はパファーマンス向上のためにクレアルカリン、疲労回復のためにクエン酸もおすすめです。(^^)

走れない日は家で筋トレ・脂肪燃焼・ストレッチ

走力向上には腸腰筋、大臀筋、背筋などの筋力UPが欠かせません。外で走れない日も家で筋トレ&脂肪燃焼しましょう(^^)
ランニングやダイエットが続かない人、怪我や悪天候でなかなか走れない人にとっても、リーンボディのオンラインレッスンで一人で家で好きな時にできるワークアウトやストレッチがおすすめです!代謝をUPさせ痩せやすいカラダを手に入れましょう。

リーンボディなら脂肪燃焼系から、筋トレ、ヨガ、ストレッチまで様々なレッスンが見放題・受け放題です!(^^)
10分で終わるものから長いものまで、再生速度調整もできるし、消費カロリーも表示されます!
なんと、自分に合わなければ無料期間に解約すれば一切課金なし!

asics アシックス
ツイッターで最新記事をフォロー!
ランブロ / My Running Blog
タイトルとURLをコピーしました