(詳細レビュー)プーマディヴィエイトニトロの履き心地・機能・特徴紹介/PUMA DEVIATE NITROまだ評価の投稿がありません

PUMA プーマ

プーマのレース、スピード系人気シューズであるディビエイト ニトロについて気になっている方多いのではないでしょうか?そんなディヴィエイト ニトロについて基本スペックから良い点・悪い点、他シューズとの比較、さらにこんなランナーにおすすめ、アッパー素材やミッドソール、アウトソール素材について詳細な解説・レビューします。

ランニング時の飛沫防止のために

ランニングシューズに加えてマウスカバーの着用をしているランナーが増えてきました!
Mizunoのスポーツウエアや水着の素材を使用し、通気性やフィット感が良く、快適に使えるマウスカバーです。軽く伸縮性に優れ肌触りの良く、耳周りの締付けやストレスがないソフトなつけ心地でおすすめです。

ひんやり冷たいアイスタッチ素材マスクやハイドロ銀チタンを使った抗菌防臭マスクなどミズノならではのマウスカバーがおすすめです(^^)

基本情報

陸上のイメージが強いプーマですがついに満を持して2021年にカーボンプレート入りのランニングシューズを出してきました。ナイキやアディダス、アシックスなど2019、2020年に様々なメーカーがカーボン入りランニングシューズを出してきましたが、他社よりも遅れたこのタイミングで出してくるということは何らかの勝算があるということなのでしょう。その期待作ディヴィエイトニトロの最大の特徴は比較的初心者でも履きやすいカーボン入りシューズであるということです。「誰にでも履けるみんなの厚底」というコンセプト通り幅広いランナーにおすすめできるシューズです。

どうしてもカーボンプレートに注目が集まりますが、今回採用されたニトロフォームという軽量で反発の強いミッドソール素材が強い推進力を生んでくれさらにその反発力にカーボンが安定性とプラスアルファの推進力をトッピングしてくれているようなシューズです。ですので超上級者向けのシューズというよりは、サブ4くらいのランナーでも十分使いやすいシューズと言えるでしょう。

また、このディビエイトニトロ以外にもスピードや軽量性に特化したリベレイトニトロ、デイリートレーニングシューズのベロシティニトロなどの他の新しいニトロシューズもリリースされます。

基本情報
ブランドPUMA プーマ
シリーズディヴィエイトニトロ
モデルディヴィエイトニトロ
タイプレース、スピード系
重さ255g
ヒールドロップ
対象ランナーサブ3、サブ3.5、サブ4

ディヴィエイトニトロのさらなる進化版の新作、ディヴィエイトニトロエリートのプレビューはこちら↓

同時にリリースされたPUMAのニトロシリーズの他のシューズレビューはこちらから↓

良い点・気になる点

良い点・おすすめポイント
  1. 新しく搭載された軽量なニトロフォームの反発力
  2. スピードコントロールしやすく幅広いスピードで快適に走れる(キロ4分弱~6分)(シューズに走らされるというよりは自分で扱いやすいシューズ)
  3. エンジニアードメッシュのフィット感と通気性
  4. スイートスポット(着地ポイント)が広くヒールストライクでも十分履きやすいシューズ
  5. カーボン入りシューズにしては価格はあまり高くありません(税抜定価18,000円)。他社のカーボン入りシューズが2万円台後半なので、比較的手の届きやすい価格帯です
気になる点・悪い点
  1. レース系シューズにしては少し重め(アスリート向けにはさらにスピード・反発に特化したエリートモデルがあります)
  2. 接地感は柔らかいというよりは反発重視(やや硬めの質感のフォーム)
  3. やや細身、小さめの足型なので人によっては普段のサイズより大きめが良いかもしれません

こんな人におすすめ・使える場面やトレーニング

ディヴィエイトニトロは、比較的幅広いランナーにとってのレース、スピード系トレーニングで使えるシューズと言えそうです。まず、全面に入っているニトロフォームが反発力の決め手となっているため、カーボンを無理に活用しようとしなくても、スピードに関係なくしっかり前への推進力が生まれるシューズです。

それに加えて、カーボンプレートがフラット気味に入っているため、前足部に重心が移動しても勝手に押し出される・強い推進力が意図せず生まれてしまうということはなく、自分でしっかり踏み込んでスピードをコントロールできるシューズです。サブ3.5弱~サブ4くらいのランナーのペース走やインターバル、閾値走、変化走など出力をコントロールするトレーニングで使えそうなシューズです。

あなたをサポートしてくれるサプリメント【Myprotein】

パーツごとの特徴

このシューズの各パーツごとの特徴や機能を紹介していきます!

アッパーの特徴

エンジニアードメッシュになっており、しっかりとしたフィット感、通気性があります。またシュータン部分は一体構造になっており、足の甲に気持ちよくフィットしてくれます。かかと部分は決して硬い感じの素材感ではありませんが、踵のくるぶしの左右にクッションのようなホールド感を発揮する素材がついているためスピードを上げても足の踵のヌケ感はないでしょう。
また、中足部の足幅も広めで日本人の足型(ラスト)にもフィットしやすい仕様になっています。

ミッドソールの特徴

新しくニトロフォームという従来のランニングシューズに使われているEVA素材よりも46%軽量で反発の強いミッドソール素材が使われています。比較的硬めのフォームなので、ナイキのリアクトやZOOMXのよりもしっかりとした接地感でしょう。またミッドソールの厚さは大きくないためしっかりと接地感も味わえます。またINNOPLATEというアウトソールからも少し見えているカーボンプレートがフルレングスで入っています。
特徴としては2つあって、1つはフラット気味に入っているということです。Nikeのヴェイパーフライアルファフライのように前足部が湾曲してスプーン状のカーボンプレートと比べて、フラットのカーボンプレートはよりコントロールしやすく、接地のクセがない(スイートスポットが広め)のが特徴です。
また2つ目に、カーボンの先端が足袋のように2股に分かれていることで、接地が若干左右どちらかにブレもカーボンが湾曲することで真ん中に重心を自然に持っていってれる効果があります。これによって、蹴り出しの位置が中央部に集まりやすく、走りの後半に疲れてきた時でも最後まで安定感を維持してくれそうです。また、通常こういった柔らかいミッドソールクッションとカーボンが入っているランニングシューズは、スイートスポットという上手く反発をもらえる着地点がつかみにくい(走りながら上手く見つけていく感覚)ですが、カーボンの先端が2股に分かれていることによってこのスイートスポットがつかみやすい、ミッドフットでもフォアフットでもヒールストライクでも、しっかりと反発をもらえる、着地点を選ばないシューズになっています。全体的にフォームは硬め、薄め、カーボンはフラットなので着地のブレが少なく安定性が高いシューズです。

アウトソールの特徴

PUMA GRIPというグリップ力の高く耐久性の高いラバーが使われています。前足部にもほぼ全面でラバーが貼られており、さらにかかと部分にもこのラバーがあることから、ヒールストライク気味でも着地しやすいですし、耐久性は高くなっています。

Cool Adapt クールアダプト版

ディヴィエイトニトロクールアダプトという夏のランニング仕様のシューズもラインナップに新しく追加されました。

アッパー素材が通常版と異なり、より通気性が高く足の中が蒸れにくいモノメッシュアッパー仕様になっています。夏場のランニングでシューズの中が不快になるのを防ぎ、ドライに保ってくれます。
また、表面の水はけが良いので、クールダウンの時に水を浴びた時や雨の時でも靴下に水が染み込まず、快適に走ることができます。

類似シューズ・カラー展開・終わりに

全体的な特徴として初心者向けのカーボン入りランニングシューズという印象です。他にもそういった初心者向けカーボン入りシューズがありますので、下記で紹介しています。

メンズは3色展開↓(2021年3月時点)

ウィメンズは3色展開↓

以上、いかがでしたでしょうか?是非ディヴィエイト ニトロを履いて快適なランニングをお楽しみください、それでは Have a nice run!!

PUMA公式ホームページ
https://jp.puma.com/jp/ja/home

(画像は公式HPより引用)

このシューズの評価を投稿する(7段階評価)

1234567
1234567
1234567
1234567

ランニング前後の体のケアも忘れずに

ランニング後の疲労回復・リカバリーには自宅でできる簡単マッサージガンがおすすめです。
ふくらはぎ、ハムストリング、大殿筋に直接当てて筋膜リリースすることで筋疲労を軽減し、パフォーマンスアップに繋がります。
持ち運びも便利なので遠征や合宿にも!マッサージに通うよりいつでも気軽にコスパの良いリフレッシュを。

特に、もも裏とお尻・ふくらはぎの翌日の疲れ・筋肉痛が全然違います!疲労が溜まっているとタイムも距離も伸びないですしフォームも崩れますしね。。
ストレッチだけでは緩められない筋膜を高振動でリリースできて気持ちいいです(^^)

ランニングしてるのに痩せない、筋肉が逆に落ちてしまう、そんなことにならないように、しっかり食事管理をして脂肪を落としつつ筋肉を維持してスリムなカラダを手に入れましょう。
高タンパク・低カロリーで美味しい宅配フードのマッスルデリは、自分で管理する必要がなく簡単で続けやすいのでおすすめです。

自分でアプリを使って栄養カロリー計算すると面倒くさい、、いつも同じメニューになりがちで結局続かない。ランナーとしては脂肪は落としつつ筋肉は維持したい。。
色々考えると、パックになってる宅配フードで上手くバランス取るのが良いと思います。
チンするだけでラクだし美味しい(^^)

運動の脂肪燃焼効果を最大限に引き出そう

1キロのランニングのカロリー消費は約<体重>kcalです。
例えば体重60kgの人なら1キロ走ると60kcalになります!3キロで約おにぎり1つ分のカロリー消費ですね。
どうせならこのカロリーをカラダの脂肪をなるべく多く使って燃焼したいですよね!
運動前に脂肪燃焼系サプリを取ってランニングするとカラダの脂肪から先に燃えやすくなります。

あまり人に教えたくないのですが、サプリを日頃から取ってます。国産で手頃なサプリメーカー:オーガランドおすすめです(^^)
脂肪燃焼(ファットバーナー)系サプリは、Lカルニチンやαリポ酸、コーヒー、カフェイン、中性脂肪をためにくくするDHA/EHAを取ってます!
また、筋力アップのためにプロテインやアミノ酸の一つであるグルタミンを取ってます(^^)ポイント練の日はパファーマンス向上のためにクレアルカリン、疲労回復のためにクエン酸もおすすめです。(^^)

走れない日は家で筋トレ・脂肪燃焼・ストレッチ

走力向上には腸腰筋、大臀筋、背筋などの筋力UPが欠かせません。外で走れない日も家で筋トレ&脂肪燃焼しましょう(^^)
ランニングやダイエットが続かない人、怪我や悪天候でなかなか走れない人にとっても、リーンボディのオンラインレッスンで一人で家で好きな時にできるワークアウトやストレッチがおすすめです!代謝をUPさせ痩せやすいカラダを手に入れましょう。

リーンボディなら脂肪燃焼系から、筋トレ、ヨガ、ストレッチまで様々なレッスンが見放題・受け放題です!(^^)
10分で終わるものから長いものまで、再生速度調整もできるし、消費カロリーも表示されます!
なんと、自分に合わなければ無料期間に解約すれば一切課金なし!

PUMA プーマ
ツイッターで最新記事をフォロー!
ランブロ / My Running Blog
タイトルとURLをコピーしました