(比較)アシックス ライドシリーズ(エボライド1,2・グライドライド1,2・メタライド)の紹介とおすすめランナー解説まだ評価の投稿がありません

おすすめ・比較

このページでは2019年にアシックスが新しいコンセプト「Energy Saving Family」「楽に長く走れる」を掲げて出したランニングシューズであるライドシリーズの3足:メタライド、グライドライド、エボライドについてスペック紹介と比較、おすすめのランナーレベルを解説していきます。この3つのシューズは2021年2月にアップデートされてグライドライド2、エボライド2が発売されたことから、ますます注目が高まっています。新しい2が発売されるタイミングで現在発売されている1も値段が下がっていますし、まだ履いたことがない人はこのタイミングで買うチャンスかもしれません。なお、1から2へのアップデートは大きな変更はなく少し軽量性とフィット感、安定性が向上される程度ですので、1が機能的に劣っているということではありませんので1も十分おすすめです。

それぞれのシューズの解説は下記を御覧ください

ランニング時の飛沫防止のために

ランニングシューズに加えてマウスカバーの着用をしているランナーが増えてきました!
Mizunoのスポーツウエアや水着の素材を使用し、通気性やフィット感が良く、快適に使えるマウスカバーです。軽く伸縮性に優れ肌触りの良く、耳周りの締付けやストレスがないソフトなつけ心地でおすすめです。

ひんやり冷たいアイスタッチ素材マスクやハイドロ銀チタンを使った抗菌防臭マスクなどミズノならではのマウスカバーがおすすめです(^^)

先に結論・まとめ

以下では、3つの観点からメタライド・グライドライド・エボライドそれぞれの特徴を紹介したいと思います。

  1. 対象ランナー:これが一番重要だと思いますので先に結論からまとめたいと思います。メタライドが初級者、エボライドが中級者から上級者、グライドライドがその中間という感じです。それぞれのシューズのスペックが対象想定ランナーに基づいて作られているため、大きく異なります。
  2. ライド感:いずれのシューズもガイドソールテクノロジー(つま先がせり上がった構造)によって踵から着地してから前への重心移動がスムーズにできるようなライド感、アシスト感が味わえるシューズになっています。このライド感・アシスト感が最も強いのがメタライド、最も弱い(自分の力で走る必要)のがエボライド、その中間がグライドライドという感じです。
  3. 安定性・クッション性・軽量性:簡単に言えば安定性/クッション性と軽量性はトレードオフの関係にあります。安定性やクッション性を上げるために様々な素材を搭載すると重くなりますし、軽量性を重視して素材をシンプルにすれば安定性やクッション性は若干落ちてしまいます。その点ではメタライドが最も安定性・クッション性に優れ、エボライドが最も軽量性に優れています。

それではここからは、この観点でそれぞれのシューズの特徴を解説していきます。

メタライド

1足目はライドシリーズの長男とも言えるメタライドです。値段は3足の中で最も高いシューズになります。

  1. 対象ランナーは、これからジョギングやランニングを始めたいようと考えている人や、あまり脚力やスタミナに自身がない人、これまで部活や運動をやったことがない方が対象のシューズです。
  2. アシスト機能は3足の中で最も高く、つま先が反り上がっている範囲が最も大きく、平坦な接地部分が最も小さいのが見てわかります。これにより普通に立っていても少し前に重心を移動するだけで、コロンと前に一歩踏み出してしまう感覚が味わえます。すなわち、前に重心移動するだけで勝手に進んでくれる、まるで自動アシスト運転のような感じです。このガイドソールテクノロジーによって、自分の力を浪費することなく、楽に長く走れるというわけです。一方で、アシスト機能が強いので、自分で地面を蹴って走ったりスピードを出したり調節するのは若干難しい(ゆっくり長く走るためのシューズ)シューズです。
  3. クッション性は3速の中で最も高く、アシックスのFlyteFoamとFlyteFoamプロペルという反発性に優れたクッションと、内部にGEL(卵を2階から落としても割れないくらいの衝撃吸収材)が入っており、足への衝撃や負担をしっかり吸収してくれます。一方で重厚な作りになっているので3足の中で最も重いシューズです。

グライドライド1,2

2足目は、ライドシリーズの次男とも言えるグライドライドです。エボライドとグライドライドのいいところ取りのシューズとも言え、幅広いランナーに履いてほしいシューズです。
なお、グライドライド2は2021年2月に発売されたグライドライド1のアップデート版です。

  1. 対象ランナーは、公式HPではサブ4~完走レベルと書いてあります。しかしながら、サブ3.5やサブ3くらいのレベルの高い市民ランナーのジョグやLSDシューズとしても十分使えるシューズだと思います。キロ5分~6分くらいのゆっくりしたペースでも十分気持ちよく走れるシューズですので、初心者のためだけのシューズというわけではなく、シリアス市民ランナーにも適しています。
  2. アシスト機能は3足の中間で、アウトソールの平坦な部分の面積(地面と接している面積)がメタライドよりも若干大きくなっています。これによって、程よいアシスト感がありつつも自分でスピードをある程度コントロールすることもできます。長く走る際には、序盤はある程度自分で蹴って走って、後半足が疲れてきたらこのアシスト機能を使って重心移動だけで前に進んで足を休める、省エネで走る、そんな使い方ができます。
  3. クッション性はメタライドよりも低いです。メタライドと同様にかかとにGELは入っているので十分なクッション性はあります(グライドライド2ではGELは入っていません)。メタライドと比べるとやや軽量(他のランニングシューズと比べて重いですが)です。
グライドライド1
グライドライド2

エボライド1,2

3足目は、ライドシリーズの三男坊のエボライドです。サブ3,サブ4ランナーのデイリートレナーシューズとしてとてもおすすめできるシューズです。
なお、エボライド2は2021年2月に発売されたエボライド1のマイナーアップデート版です。

  1. 対象ランナーは公式HPではサブ3と記載があります。実際に走ってみるとキロ4分半くらいになると、このシューズの蹴り出しの足の抜け感、足が地面を離れていくときのスムーズな感覚が味わえます。
  2. アシスト機能はほとんどないと言っても良いかもしれません。ほとんど通常のランニングシューズくらいのロッカー構造なので、自分である程度蹴って走れる脚力があるランナーに向いています。FlyteFoamプロペルのあまり柔らかくないクッションによる反発感を生かして足を高速で回転させやすい、ピッチ走法に向いたシューズだと思います。
  3. FlyteFoamプロペルがミッドソールに使われており、ナイキのリアクトやZOOMなどと比べるとあまりクッション性は強くありません。一方3足の中で最も軽量で、ある程度のペースランニングまで十分使えるシューズです。また、ミッドソールが比較的薄いので地面との接地感があり、地面を蹴って走る感覚が最も得やすいシューズです。なお、新作のエボライド2ではよりクッション性は強く若干重めのFlyteFoamというミッドソールが使われています。
エボライド1
エボライド2

2021年新作レビューと比較

なお、グライドライド2、エボライド2についてはそれぞれUpdate版が2021年2月にリリースされた新作です。それぞれの比較は下記の記事を参考にしてください。

以上、いかがでしたでしょうか。是非お気に入りの一足を選んで、快適なランニングライフを楽しんでください!それではHave a nice run!!

このシューズの評価を投稿する(7段階評価)

1234567
1234567
1234567
1234567

ランニング前後の体のケアも忘れずに

ランニング後の疲労回復・リカバリーには自宅でできる簡単マッサージガンがおすすめです。
ふくらはぎ、ハムストリング、大殿筋に直接当てて筋膜リリースすることで筋疲労を軽減し、パフォーマンスアップに繋がります。
持ち運びも便利なので遠征や合宿にも!マッサージに通うよりいつでも気軽にコスパの良いリフレッシュを。

特に、もも裏とお尻・ふくらはぎの翌日の疲れ・筋肉痛が全然違います!疲労が溜まっているとタイムも距離も伸びないですしフォームも崩れますしね。。
ストレッチだけでは緩められない筋膜を高振動でリリースできて気持ちいいです(^^)

ランニングしてるのに痩せない、筋肉が逆に落ちてしまう、そんなことにならないように、しっかり食事管理をして脂肪を落としつつ筋肉を維持してスリムなカラダを手に入れましょう。
高タンパク・低カロリーで美味しい宅配フードのマッスルデリは、自分で管理する必要がなく簡単で続けやすいのでおすすめです。

自分でアプリを使って栄養カロリー計算すると面倒くさい、、いつも同じメニューになりがちで結局続かない。ランナーとしては脂肪は落としつつ筋肉は維持したい。。
色々考えると、パックになってる宅配フードで上手くバランス取るのが良いと思います。
チンするだけでラクだし美味しい(^^)

運動の脂肪燃焼効果を最大限に引き出そう

1キロのランニングのカロリー消費は約<体重>kcalです。
例えば体重60kgの人なら1キロ走ると60kcalになります!3キロで約おにぎり1つ分のカロリー消費ですね。
どうせならこのカロリーをカラダの脂肪をなるべく多く使って燃焼したいですよね!
運動前に脂肪燃焼系サプリを取ってランニングするとカラダの脂肪から先に燃えやすくなります。

あまり人に教えたくないのですが、サプリを日頃から取ってます。国産で手頃なサプリメーカー:オーガランドおすすめです(^^)
脂肪燃焼(ファットバーナー)系サプリは、Lカルニチンやαリポ酸、コーヒー、カフェイン、中性脂肪をためにくくするDHA/EHAを取ってます!
また、筋力アップのためにプロテインやアミノ酸の一つであるグルタミンを取ってます(^^)ポイント練の日はパファーマンス向上のためにクレアルカリン、疲労回復のためにクエン酸もおすすめです。(^^)

走れない日は家で筋トレ・脂肪燃焼・ストレッチ

走力向上には腸腰筋、大臀筋、背筋などの筋力UPが欠かせません。外で走れない日も家で筋トレ&脂肪燃焼しましょう(^^)
ランニングやダイエットが続かない人、怪我や悪天候でなかなか走れない人にとっても、リーンボディのオンラインレッスンで一人で家で好きな時にできるワークアウトやストレッチがおすすめです!代謝をUPさせ痩せやすいカラダを手に入れましょう。

リーンボディなら脂肪燃焼系から、筋トレ、ヨガ、ストレッチまで様々なレッスンが見放題・受け放題です!(^^)
10分で終わるものから長いものまで、再生速度調整もできるし、消費カロリーも表示されます!
なんと、自分に合わなければ無料期間に解約すれば一切課金なし!

おすすめ・比較
ツイッターで最新記事をフォロー!
ランブロ / My Running Blog
タイトルとURLをコピーしました