ヒールストライク・ピッチ走法・女性ランナー向けランニングシューズまだ評価の投稿がありません

おすすめ・比較

このページでは、ヒールストライク(踵着地)、ピッチ走法をされているランナー、あるいは女性ランナーにおすすめのランニングシューズをご紹介します。

上級者ランナーに多いストライド走法、ミッドフット・フォアフット着地ではなく、一般的な市民ランナーに多い走法であるヒールストライクやピッチ走法、そして女性ランナーに合うおすすめランニングシューズをご紹介します。

ランニング時の飛沫防止のために

ランニングシューズに加えてマウスカバーの着用をしているランナーが増えてきました!
Mizunoのスポーツウエアや水着の素材を使用し、通気性やフィット感が良く、快適に使えるマウスカバーです。軽く伸縮性に優れ肌触りの良く、耳周りの締付けやストレスがないソフトなつけ心地でおすすめです。

ひんやり冷たいアイスタッチ素材マスクやハイドロ銀チタンを使った抗菌防臭マスクなどミズノならではのマウスカバーがおすすめです(^^)

ヒールストライク(踵着地)におすすめのランニングシューズの特徴

ヒールストライクは踵から着地して重心を前に移動しつつつま先から蹴り出す一連の動作のことを言い、市民ランナーの方に最も多い走り方です。

フォアフット(前足部着地)、ミッドフット(中足部着地)と比較して、足への衝撃やダメージが最も少なく長距離を走るのに優れているというメリットがある一方で、ある程度のスピード(キロ4分~3分)を出そうとすると前腿の筋肉がブレーキとなって効いてしまうためスピードが出しにくいというデメリットがあると言われています。

そんな踵着地をするランナーにおすすめしたいランニングシューズの特徴は、ミッドソールの素材・クッションが単一でできていることです。

現在様々なランニングシューズが発売されていますが、ミッドソール(クッション部分)が複数の素材や要素で構成されているものと、単一の素材でできているものがあります。ヒールストライクのランナーはミッドソールを全面使うので、なるべく違和感がなく、重心移動がスムーズなように単一の素材でできているようなシューズの方がおすすめです
例えば、踵と前足部の素材がやや異なったり、カーボンプレートが前傾した形で内蔵されているシューズなどは個人的にあまりおすすめできません。下記にご紹介するシューズはどれもミッドソール素材が単一のものでできており、着地から蹴り出しまでの足のクッション感がとてもスムーズで、踵着地のランナーにおすすめです。

また、もう一つ重要な特徴は、クッション性の高さです。フォアフットはミッドフットの市民ランナーはすでに脚力や持久力がある経験のあるランナーさんが多いですが、踵着地のランナーさんの中にはまだ初心者で脚力に自信がないランナーさんも多いと思います
ですので、ミッドソールが薄い所謂「薄底」ではなく、やや厚めの素材感、クッション性が高い素材感が良いでしょう。

ピッチ走法におすすめのランニングシューズの特徴

ランニングには大きく、伸長や速度に対して比較的歩幅(ストライド)を狭く高回転で足を回して走るピッチ走法と、対象的に一歩の歩幅(ストライド)が広く一歩一歩飛んで走るようなストライド走法があります。
多くの市民ランナー(マラソン完走、サブ4、サブ3.5くらいのレベル)や女性のランナーはピッチ走法の方が多いと思います。

ピッチ走法におすすめのランニングシューズの特徴としては2つあります。

1つはアウトソール(底部分)がセパレート型ではなくフラットソールになっていることです。ランニングシューズには前足部とかかと部分が別れており、中央部分がシャンクというプラスチックのような素材で繋がれているセパレート型のアウトソールと、かかとから前足部までつながっているフラットソール型のアウトソールがあります。
ストライド走法の方は、前足部で着地することが多いので、シャンクを屈曲させてそれが戻ろうとする力を推進力に変えて進むことができるためセパレート型の方が合うと言われます。一方で、ピッチ走法の場合は踵から前足部まで全面が地面に付くので、フラットソールの方が安定して走ることができます。
よって、フラットソールの方が着地の足のブレが少なく、蹴り出しまでの重心移動がスムーズになります。

2つめの特徴は、Nice to have(あったらプラス)的な特徴なのですが、ロッカー構造ですこれは踵やつま先の反り上がった形状のことで、ゆりかごのようにコロンと前に重心をガイドしてくれる効果があります。踵から着地して、ゆりかごのように前にスムーズに体重をガイドしてくれる機能が備わっているシューズの方が、より楽に自然に走る体感が得られるでしょう。

女性ランナーにおすすめのランニングシューズの特徴

2021年名古屋ウィメンズマラソンがありましたが、直近にあった男子の大会びわ湖毎日マラソンと比べると、女性ランナーのシューズはより多種多様でした。
女性ランナーには上述したヒールストライク、ピッチ走法のランニングスタイルが多いと思います。

さらにそれらに加えて女性特有の骨格や筋力があるため、ランニングシューズに求めたい機能としてホールド力・フィット感・安定性が挙げられます。
男性ランナーに比べて脚力が小さく、踵や足が細いランナーが女性には多いので、着地時の足のブレやグラつきが体への疲労感やダメージに繋がりやすいです。
よって、靴の中でしっかりと足をホールドしてくれること、特に踵周りの安定感は大事なので、ヒールカウンターや履き口まわりの素材がしっかりしていること、アウトソールの着地面積が大きいこと、クッションがあまり柔らかすぎないことというポイントが重要になってきます。

以上のようなランニングシューズに求めたい特徴をもとに、下記では具体的におすすめのランニングシューズをご紹介します。

ナイキ リアクトインフィニティランフライニット2

ミッドソールのクッションがリアクトフォームというクッション性に優れた素材が使われています。若干柔らかい素材ですが、アウトソールがフラットソールで接地面積が大きく、踵のTPUクリップが安定性をサポートしてくれます。踵周りのホールド感も高いです。全体ロッカー構造が効いているためスムーズな重心移動をアシストしてくれます。

アシックス グライドライド

つま先が反り上がった形状になっており、少し前に体重移動するとコロンと前に進むような感覚が味わえます。アシックスならではのアッパーとヒールカウンターのがっしりしたホールド感があり安心して履くことができるシューズです。最新のグライドライド2は、女性用と男性用若干仕様・デザインが異なっており、女性特有の筋力や骨格の特徴を反映した作りになっています。

アシックス エボライド

グライドライドよりも、よりスピードを出すランナー(サブ3.5、サブ4)におすすめのシューズです。グライドライドと比べてクッション性とロッカー構造は弱いですが、その分スピードを出しやすい、蹴り出しの足抜け感が気持ちよく足を高速で回転させやすいピッチ走法に向いたシューズと言えます。

ホカオネオネ クリフトン7

ホカオネオネの代名詞でもあるメタロッカー構造とマキシマムクッションが効いており、踵から着地して足抜けまでがとてもスムーズです。もともとホカオネオネは山を下り降りるトレイルランニング用に作られていることもあり、踵着地を想定された作りになっていると言えるでしょう。
クッション性も高く、やや細身の足型(ラスト)なので女性にも合いやすいシューズです。足幅のワイドタイプもあるので男性にもおすすめです。

リンコン2

クリフトン7は初心者向けですが、このリンコン2はかなり軽量でシリアス市民ランナーにも使いやすいシューズです。
ゆっくりペースのジョグからキロ3分台まで幅広いペースで走りやすい、とても軽量で足を回しやすい(ピッチ走法に向いている)シューズです。軽量ながら、ヒールカウンターもしっかりしており、着地面積も大きいアウトソールなので、速いスピードで走ってもある程度安定感があります。

ON クラウドスイフト

ONのシューズの特徴はクラウドテックと呼ばれる穴の合いた一つ一つのクッションが独立していることと、アウトソール全面に入っているスピードボードという硬い素材です。これによってクッション性がしっかりしており、かつ踵から着地してもスピードボードが重心を前にスムーズにガイドしてくれます。
このクラウドスイフトはスピードボードが、より上級者向けのシューズよりも柔らかく作られているので初心者にも履きやすいシューズです。クッション性はグニョグニョしているというよりはやや硬めな素材感で、ヒールカウンターもしっかりしているので安定感のある走りができます。

ブルックス アドレナリンGTS21

アメリカではNo.1のシェアを持つブルックスのランニングシューズの特徴は、ミッドソールのDNALOFTと呼ばれる素材です。この素材は体重が異なるランナーが履いても、必要な分だけクッションを発揮してくれるという素材になっており、体重の軽いランナーにも重いランナーにも、足に優しいクッション感があります。また、アウトソールにGUIDERAILSテクノロジーが搭載されており、これによって足の倒れ込み(過度な回内、回外)を防いでくれるので脚力がないランナーでも安心して履くことができるモデルです。

以上いかがでしたでしょうか。是非お気に入りのランニングシューズを見つけて快適なランニングを楽しんでください!では、Have a nice run!!

このシューズの評価を投稿する(7段階評価)

1234567
1234567
1234567
1234567

ランニング前後の体のケアも忘れずに

ランニング後の疲労回復・リカバリーには自宅でできる簡単マッサージガンがおすすめです。
ふくらはぎ、ハムストリング、大殿筋に直接当てて筋膜リリースすることで筋疲労を軽減し、パフォーマンスアップに繋がります。
持ち運びも便利なので遠征や合宿にも!マッサージに通うよりいつでも気軽にコスパの良いリフレッシュを。

特に、もも裏とお尻・ふくらはぎの翌日の疲れ・筋肉痛が全然違います!疲労が溜まっているとタイムも距離も伸びないですしフォームも崩れますしね。。
ストレッチだけでは緩められない筋膜を高振動でリリースできて気持ちいいです(^^)

ランニングしてるのに痩せない、筋肉が逆に落ちてしまう、そんなことにならないように、しっかり食事管理をして脂肪を落としつつ筋肉を維持してスリムなカラダを手に入れましょう。
高タンパク・低カロリーで美味しい宅配フードのマッスルデリは、自分で管理する必要がなく簡単で続けやすいのでおすすめです。

自分でアプリを使って栄養カロリー計算すると面倒くさい、、いつも同じメニューになりがちで結局続かない。ランナーとしては脂肪は落としつつ筋肉は維持したい。。
色々考えると、パックになってる宅配フードで上手くバランス取るのが良いと思います。
チンするだけでラクだし美味しい(^^)

運動の脂肪燃焼効果を最大限に引き出そう

1キロのランニングのカロリー消費は約<体重>kcalです。
例えば体重60kgの人なら1キロ走ると60kcalになります!3キロで約おにぎり1つ分のカロリー消費ですね。
どうせならこのカロリーをカラダの脂肪をなるべく多く使って燃焼したいですよね!
運動前に脂肪燃焼系サプリを取ってランニングするとカラダの脂肪から先に燃えやすくなります。

あまり人に教えたくないのですが、サプリを日頃から取ってます。国産で手頃なサプリメーカー:オーガランドおすすめです(^^)
脂肪燃焼(ファットバーナー)系サプリは、Lカルニチンやαリポ酸、コーヒー、カフェイン、中性脂肪をためにくくするDHA/EHAを取ってます!
また、筋力アップのためにプロテインやアミノ酸の一つであるグルタミンを取ってます(^^)ポイント練の日はパファーマンス向上のためにクレアルカリン、疲労回復のためにクエン酸もおすすめです。(^^)

走れない日は家で筋トレ・脂肪燃焼・ストレッチ

走力向上には腸腰筋、大臀筋、背筋などの筋力UPが欠かせません。外で走れない日も家で筋トレ&脂肪燃焼しましょう(^^)
ランニングやダイエットが続かない人、怪我や悪天候でなかなか走れない人にとっても、リーンボディのオンラインレッスンで一人で家で好きな時にできるワークアウトやストレッチがおすすめです!代謝をUPさせ痩せやすいカラダを手に入れましょう。

リーンボディなら脂肪燃焼系から、筋トレ、ヨガ、ストレッチまで様々なレッスンが見放題・受け放題です!(^^)
10分で終わるものから長いものまで、再生速度調整もできるし、消費カロリーも表示されます!
なんと、自分に合わなければ無料期間に解約すれば一切課金なし!

おすすめ・比較
ツイッターで最新記事をフォロー!
ランブロ / My Running Blog
タイトルとURLをコピーしました