(最新21年版)adidas アディダスの初心者におすすめ ランニングシューズまとめまだ評価の投稿がありません

おすすめ・比較

このページでは2021年7月時点での最新のランニングシューズのうち、特にadidasに絞って初心者のランナーやこれからランニングを始めようと思っている方にとっておすすめできるランニングシューズをご紹介します。adidasのシューズ好きの人は多いと思いますが、ナイキのシューズはたくさんありすぎて、ランニングを始めたいけどどの靴にしたらよいかわからない、色々ありすぎて違いがわからないなどの疑問があるかと思います。このページを読めば、そういった疑問が晴れ、お気に入りの一足がきっとみつかりますよ。

(アディダス以外のすべてのブランドから選んだ初心者ランナーのおすすめシューズは別ページで解説しています↓)

ランニング中のマスク息苦しく、ムレませんか?

飛沫対策はしたいけど、マスクをつけながら走ると本当に息苦しいですし、中が蒸れて気持ち悪いですよね。。耳も痛くなってきます。
ランニング専用のランナーマスクなら、通気性が良く蒸れにくいのでおすすめです。
安心の国内製、サポーターやスポーツ用品メーカーのD&Mのランナーマスクで安全・快適なランニングを楽しんでください(^^)ランニング専用のマスクでコロナ対策しながら走って健康な体を手に入れましょう!

ランニングシューズを選ぶポイント

具体的なシューズをご紹介する前に、まず、ランニングシューズを選ぶポイントとは何でしょうか?特に初心者、これから始めようと思っているビギナーさんにとって下記の3点が大事だと思います。

  1. 安定性:走るという行為は、片足で体の重さを支えることの連続です。走っている最中は体重のおよそ3倍(体重60キロの人なら180キロ)の重さを片足で支える必要があるため、着地の際に足がぶれてしまうと足首や膝、足全体への負担がかかってしまい、オーバープロネーション(足首が過度に内側に倒れ込んでしまうこと)などの怪我につながってしまいます。その点で着地の足のグラつきを抑えてくれる安定性の高いシューズはおすすめです。
  2. クッション性:上述したように体重の3倍の重さを片足で受けるため、その衝撃を緩和し足へのダメージや負担を軽減してくれるような一定の柔らかさがミッドソール(靴底部分のクッション)に求められます。また、ほとんどの初心者ランナーさんは踵着地・ヒールストライクで走るため、踵にしっかりとクッションが入っていることが重要です。人によってクッションが柔らかめ(ふわふわな感覚)が好きな人もいれば、硬め(地面を蹴っている感覚)が好きな人もいるので一概にどちらが良いとは言えませんが、いずれにせよ一定の衝撃吸収、クッション性があるシューズがおすすめです。
  3. コスパ:初心者ランナーさんや、これからダイエット目的で走ろうという方は、シリアス市民ランナーのように週に4日も5日も走らないと思います。ですので、そこまで高価な投資をランニングシューズにしたくないと思います。また、そのシューズをランニングの時だけでなくせっかくなら普段履き、タウンユースでも使えたり、ランニング以外の目的でも使えたりすることも重要なのではないでしょうか。よって、コストパフォーマンスの高いシューズがおすすめです。

それではここからは、上記3つのポイントから選ぶおすすめのランニングシューズを紹介していきます。

adidas アディダスボストン9

1足目はアディダスの人気シリーズのボストンシリーズの9代目アディダス9です。非常にバランスの取れたデイリートレーニング・ランニングシューズで、初心者からシリアス市民ランナーまでどなたにでもおすすめできるシューズです。決してビギナーの方が履くだけのシューズではなく、多くのシリアス市民ランナーのデイリートレーニングとしても使われている万人に愛されるシューズです。

おすすめポイントその1

1つ目のポイントは、クッション性の高さです。アディダス独自のミッドソール素材であるブーストフォームというマシュマロのように柔らかい素材が使われており、踵から着地したときもしっかりと衝撃を吸収してくれます。また、LIGHTSTRIKEという軽量で反発性に優れた素材も使われており、スピードも出しやすいシューズです。普段のジョグからペース走まで幅広いトレーニングで使えます。

おすすめポイントその2

2つ目のポイントは、アウトソールのグリップ力と安定性の高さです。自転車や自動者のタイヤにも使われているコンチネンタルラバーという非常にグリップ力と耐久性の高い素材が使われています。どのような路面状況でも安心して走ることができます。また、中足部にTORSION SYSTEMという足のねじれやぐらつきを抑えてくれる硬い素材が入っているため疲労感を軽減してくれます。

さらに詳しいレビュー、スペックの詳細はこちら:

adidas アディダスボストン10

2足目はボストンシリーズの最新作で2021年6月に発売されたボストン10です。上で紹介したボストン9とは全く変わっており、ミッドソールがブーストフォームからライトストライク+ライトストライクプロに変更になり、さらに前足部にはカーボンバーのエナジーロッドが搭載され、クッション性、反発性、安定性がとてもバランス良いシューズです。

おすすめポイントその1

1つ目のポイントは、クッション性と反発性の高さです。前作ではブーストフォームというミッドソールでしたが、今作はライトストライクとライトストライクプロという、より軽量で高反発、クッション性も高いミッドソールになりました。また、スタック(ミッドソールの厚さ)が高くなったことでクッション性も増しています。エナジーロッドというカーボンバーも入っているので沈み込みも少なく、安定性が高くなっています。

おすすめポイントその2

2つ目のポイントは、アウトソールのグリップ力と安定性の高さです。自転車や自動者のタイヤにも使われているコンチネンタルラバーという非常にグリップ力と耐久性の高い素材が使われています。どのような路面状況でも安心して走ることができます。このラバーがほぼ全面に使われており、フラットソールになっているので初心者の方で踵着地・ヒールストライクでもしっかりと安定して着地することができます。

さらに詳しいレビュー、スペックの詳細はこちら:

adidas アディダスウルトラブースト21

3足目はアディダスのウルトラブースト21です。カジュアルユースでも履いている方も多い、幅広いランナーにおすすめできるアディダスの人気シューズです。前作よりも軽量なBoostフォームに加えてADIDAS LEPという前足部の剛性を増す素材が使われていることで、クッション性と前への反発・推進力のあるシューズです。

おすすめポイントその1

1つ目のポイントは、BOOSTブーストフォームというアディダス独自の発泡スチロールのような素材感のクッション素材です。従来よりも6%増量されており、しっかりと衝撃を吸収しつつも高いエナジーリターンを発揮し踏み出すごとに快適性とクッショニングを感じます。

おすすめポイントその2

2つ目のポイントは、前足部の補強材による前への強い推進力です。ADIDAS LEPリニアエナジープッシュと呼ばれるこの新技術によって前足部の屈曲剛性(曲がって戻ろうとする力)が15%向上したことによって、高いエネルギーリターンを実現してくれています。

さらに詳しいレビュー、スペックの詳細はこちら:

adidas アディダスSL20

4足目は初心者から部活生まで幅広いランナーにおすすめできる耐久性・軽量性に優れたSL20です。あまり人気のあるシューズではありませんが隠れた名作と言え、コスパ含めてとてもバランスの優れたシューズです。

おすすめポイントその1

1つ目のポイントは、軽量性です。LIGHTSTRIKEという通常のランニングシューズに使われているEVA素材よりも約40%軽量で反発性に優れた素材が使われており、インターバル走などのスピード練習でも使えます。アウトソールの屈曲性があり柔らかいためしっかりと足にフィットしてくれます。

おすすめポイントその2

2つ目のポイントは、アウトソールのグリップ力と安定性の高さです。自転車や自動者のタイヤにも使われているコンチネンタルラバーという非常にグリップ力と耐久性の高い素材が使われています。どのような路面状況でも安心して走ることができます。

さらに詳しいレビュー、スペックの詳細はこちら:

アディダスアディゼロRC3

5足目はアディダスのアディゼロRC3です。このシューズは部活生や頻繁に練習するシリアス市民ランナーにおすすめできるシューズです。このアディゼロRC3はアディダスのシューズの中でかなりコスパの良いシューズです。またRC2(前のモデル)もあるのでさらにお安く手に入るものもあるかもしれません。

おすすめポイントその1

1つ目のポイントは、LIGHTSTRIKEというミッドソールです。アディダスのミッドソール・クッションと聞くとBOOSTフォームを聞いたことがある人が多いかもしれませんが、BOOSTフォームは正直2021年の今となっては若干古いです。故に少し重めのフォームになります。近年アディダスはBOOST フォームからLIGHTSTRIKEにシフトしつつあります。このフォームはとても軽量で反発感のある素材になっています。よって、しっかり前への推進力・地面からの反発をもらって走ることができます。

おすすめポイントその2

2つ目のポイントは、アウトソールです。アウトソールに先程アシックスで紹介したTRUSSTICのようなねじれを防止する機能(TORSION SYSTEM)が搭載されています。これによって足の必要以上のねじれを抑えてくれ、疲労感やストレス感の軽減に繋がります。

以上、いかがでしたでしょうか?是非お気に入りのシューズを見つけて快適なランニングライフを楽しんでください!では、Have a nice run!!

このシューズの評価を投稿する(7段階評価)

1234567
1234567
1234567
1234567

スポーツ用品もアウトレット・セールで安く買おう

毎年新しいスポーツ用品が各メーカーから出ているので少し古い商品は安くアウトレットやセール期間に買うのもおすすめです。
シューズやウェア、靴下、サポーター、帽子、サングラス、ランニングポーチなど、アイテムを揃えて快適なランニングを楽しみましょう。

毎年、春夏と秋冬に新しい商品が出るので、古いものは定価からディスカウントされて販売されてます!安い商品を上手く見つけてコスパよくアイテムをゲットしましょう!

高タンパク・低カロリーな食事をして痩せよう

ランニングしてるのに痩せない、筋肉が逆に落ちてしまう、そんなことにならないように、しっかり食事管理をして脂肪を落としつつ筋肉を維持してスリムなカラダを手に入れましょう。
高タンパク・低カロリーで美味しい宅配フードのマッスルデリは、自分で管理する必要がなく簡単で続けやすいのでおすすめです。

自分でアプリを使って栄養カロリー計算すると面倒くさい、、いつも同じメニューになりがちで結局続かない。ランナーとしては脂肪は落としつつ筋肉は維持したい。。
色々考えると、パックになってる宅配フードで上手くバランス取るのが良いと思います。
チンするだけでラクだし美味しい(^^)

運動の脂肪燃焼効果を最大限に引き出そう

1キロのランニングのカロリー消費は約<体重>kcalです。
例えば体重60kgの人なら1キロ走ると60kcalになります!3キロで約おにぎり1つ分のカロリー消費ですね。
どうせならこのカロリーをカラダの脂肪をなるべく多く使って燃焼したいですよね!
運動前に脂肪燃焼系サプリを取ってランニングするとカラダの脂肪から先に燃えやすくなります。

あまり人に教えたくないのですが、サプリを日頃から取ってます。国産で手頃なサプリメーカー:オーガランドおすすめです(^^)
脂肪燃焼(ファットバーナー)系サプリは、Lカルニチンやαリポ酸、コーヒー、カフェイン、中性脂肪をためにくくするDHA/EHAを取ってます!
また、筋力アップのためにプロテインやアミノ酸の一つであるグルタミンを取ってます(^^)ポイント練の日はパファーマンス向上のためにクレアルカリン、疲労回復のためにクエン酸もおすすめです。(^^)

走れない日は家で筋トレ・脂肪燃焼・ストレッチ

走力向上には腸腰筋、大臀筋、背筋などの筋力UPが欠かせません。外で走れない日も家で筋トレ&脂肪燃焼しましょう(^^)
ランニングやダイエットが続かない人、怪我や悪天候でなかなか走れない人にとっても、リーンボディのオンラインレッスンで一人で家で好きな時にできるワークアウトやストレッチがおすすめです!代謝をUPさせ痩せやすいカラダを手に入れましょう。

リーンボディなら脂肪燃焼系から、筋トレ、ヨガ、ストレッチまで様々なレッスンが見放題・受け放題です!(^^)
10分で終わるものから長いものまで、再生速度調整もできるし、消費カロリーも表示されます!
なんと、自分に合わなければ無料期間に解約すれば一切課金なし!

おすすめ・比較
ツイッターで最新記事をフォロー!
ランブロ / My Running Blog
タイトルとURLをコピーしました