(最新レビュー)アディダスアディゼロジャパン7(アディオス7)の機能・特徴紹介レビュー/Review of Adidas Adizero Japan 7 (Adios7) 3.99/5 (12)

adidas アディダス

アディダスのレース、スピード系人気シューズであるアディゼロジャパン7(アディオス7)について気になっている方多いのではないでしょうか?そんなアディゼロジャパン7について基本スペックから良い点・気になる点、他シューズとの比較、さらにこんなランナーにおすすめ、アッパー素材やミッドソール、アウトソール素材について詳細な解説・レビューします。

家にいながらランニング同様、肺を鍛える

外に出てランニングだと、寒かったり暑かったりで中々続かない方も多いでしょう。
個人の呼吸筋トレーニング応じて負荷が調整できる、手のひらサイズのシンプルな呼吸トレーニングの入門モデルです。呼吸筋に負荷を与えることで他の筋群と同様に抵抗に反応し、より強くより効率的なエクササイズを実現します。
専用の無料アプリを利用してトレーニングや毎日のアクティビティを管理できます。呼吸の強さと肺活量向上を目標にしたワークアウトや、心身をリラックスするためのマインドフルネスプログラムなどが家にいながらできちゃいます!

基本情報

アディダスの人気シリーズアディゼロジャパンの新作が2022年7月にリリースされます。このシリーズはスピードアップや自己記録更新のための軽量ランニングシューズで幅広く市民ランナーや部活生に愛されているシューズです。
5キロ、ハーフ、フルまで幅広いレースで使え、さらにテンポ走やインターバルなどのトレーニングでもガンガン使える非常に万能な、レーシングシューズ兼テンポアップシューズです。
前作の6はその前の5から2年間経過した昨年発売され、ミッドソールが変更され、前作よりも長いTORSION SYSTEMが搭載し大きな進化を遂げました。
そして、新作の7は基本的なミッドソールやアウトソールのスペックはそのままに、アッパー素材の変更のみのマイナーアップデートとなっています。
アッパーがより軽量、薄い通気性の高い、そしてホールド感がある硬めの素材になったことで、ポイント練習などのスピードを出すトレーニングでもエネルギーロス少なくよりスピードを出しやすいシューズに進化しています。

基本情報
ブランドAdidas アディダス
シリーズアディゼロアディオス
モデルアディゼロアディオス7
タイプレース、スピード系
重さ231g
ヒールドロップ8mm (かかと部分27mm、前足部21mm)
対象ランナーサブ3、サブ3.5、サブ4

アディゼロジャパン6のレビュー詳細はこちら↓

良い点・気になる点

良い点・おすすめポイント
  1. ミッドソールの前足部上部に使われているLightstrikePROは、アディダスで最も軽量かつ反発性の高いフォーム素材であり、最大のクッション性と共により多くのエネルギーを溜めて戻してくれます
  2. ミッドソールの下部には軽量なミッドソールであるLIGHTSTRIKEが搭載されています。爆発的なスピードをサポートし地面と足の間に快適さを与えるてくれます。一般的なEVAよりも40%軽量ながらBOUNCEフォーム(EVA)と同等の反発力を保つってくれ、さらに安定性が高く、着地時の横ブレが少ないのが特徴です
  3. 前作同様にアウトソールにTORSION SYSTEMが採用されており、さらに前作に比べて更に長くなっています。これにより反発性と安定性が増しています
  4. 前作同様に薄底で接地感があり自分で地面を蹴って走りやすい、強度の高いトレーニングに向いているワークアウトシューズです
  5. シューズの素材には高機能リサイクル素材シリーズの一つであるPrimegreenマテリアルが使われています。さらに、アッパーの50%はリサイクル素材でできていて、バージンポリエステルは不使用になっています。非常に環境に配慮されたシューズです
  6. アッパーの素材がより固くハリのある素材に変わったことで、スピードを出しても足が靴の中でブレることが少なく、エネルギーロスがより少なく走ることができます
気になる点
  1. アッパー素材が固くなったことから、ロングランでの快適性は前作よりも落ちた印象です

こんな人におすすめ・使える場面やトレーニング

前作と同じ、反発性の強いミッドソールと中足部から前足部にかけて長いTORSION SYSTEMが搭載され、より反発性が強く・スピードを出しやすいモデルになっています。

薄底のスタックで前足部のライトストライクプロの反発性が強いので、バウンドに乗るというよりは自分の足で蹴ってスピードのコントロールをしていくタイプのランナーにおすすめです。

日々のジョギングやペース走(前作5の個人的おすすめは3分半~4分半程度)からインターバル走やレペ走などのスピード系トレーニングでも使えますし、5K、10K、ハーフくらいまでの短いレース、そしてフルでも使える非常に多機能なシューズです。

パーツごとの特徴

このシューズの各パーツごとの特徴や機能を紹介していきます!前作との比較も交えながら紹介します。

アッパーの特徴

アッパーが前作からの唯一の変更点です。
LIGHTWEIGHT MONO MESHというリサイクルポリエステルベースのアディゼロシリーズ最薄最軽量メッシュアッパーが搭載されています。この素材は軽量性、通気性、ホールド力に優れた素材で、ジャパンのようなポイント練習でガシガシ使うシューズにはなくてはならない機能を提供してくれます。また、シュータンが内部でアッパーにくっついているインターナルソックス構造やつま先の補強などの組み合わせにより優れた軽さと耐久性、フィット感全てのバランスが高くなっています。

また、かかと部分のヒールカウンターもしっかりしており着地時のブレを防ぐ安定感が高くなっています。前作ではかかと部分にパッドがありましたが、今作ではなくなっています。その代わり簡単に着脱できるようにかかとにベロが付いています。シュータンはアッパー生地とつながっている一体構造になっているので走行中にシュータンが中に入っていったり食い込んでいってしまうことはありません。

マイクロフィットラストという日本人の足型に合いやすいようにデザインされたアッパーでフィット感が非常に高くなっており、足入れしてみるとピタッと中足部から踵周りにかけて包み込んでくれます。トクにかかと部分は比較的スリムな作りになっており足のヌケ感は少ないでしょう。


新作の7 アッパーのみが前作6からの変更点
前作の6
新作の7
新作の7 前足部にはスエード生地の補強
前作の6
新作の7 着脱しやすいようにかかとにベロがついている パッドはなくなった
前作の6

ミッドソールの特徴

ミッドソールは前作の6から変更点はありません。

ミッドソールは前前作の5では、上部がライトストライク、下部(かかと部分のみ)にはブーストフォームが使われていました。一方で前作の6、今作では、前足部にはライトストライクプロ、下部全体にライトストライクが搭載されています。

簡単に言うと、ライトストライクは柔らかく反発性に特化した素材、ライトストライクはやや固めで安定性の高い軽量素材になっています。これにより前作よりも圧倒的に反発性・推進力が強くなっておりスピードが出しやすいシューズに進化しています。
同時期に発売されるボストン11との比較で言えば、ライトストライクプロが前足部だけの搭載で、より軽量なライトストライクの割合が多いため、全体としてライトなミッドソールになっています。


このライトストライクプロといえばアディオスプロという5本指カーボンシューズでありエリートランナー向けのシューズで初めて搭載されたミッドソールです。接地感としては柔らかく、非常に反発性の優れたフォームです。

その不安定さを補強するために下部には、より固めのライトストライクフォームが搭載されています。このフォームは一般的なEVAよりも40%軽量ながらBOUNCEフォーム(EVA)と同等の反発力を保っており、安定性が高く、着地時の横ブレが少ない素材です。

アウトソールの特徴

アウトソールも前作からの変更点はありません。

アウトソールはコンチネンタルラバーと中足部にはTORSION SYSTEMが採用されています。コンチネンタルは自動車やレース用の自転車に採用されている様々なコンディション下でも高いグリップ力を発揮しスリップによるエネルギーロスを軽減してくれるラバーです。

TORSION SYSTEMは、着地や蹴り出しの時に足のねじれやグラつき、ブレを防ぎ、エネルギーロスなく蹴り出しをサポートしてくれるもので、アシックスの薄底シューズのターサーエッジや、ライトレーサーなどにも搭載されている技術です。
前作よりもこのTORSION SYSTEMがかかと部分と前足部に長く伸びていることがわかります。これによりさらに反発と安定性が増すと同時にアウトソール全体の剛性が高くなっています。中足部フラットソールになっており、着地の安定性は高くなっています。

以上、いかがでしたでしょうか?Have a nice run!!

このシューズの評価を投稿する(7段階評価)

1234567
1234567
1234567
1234567

スポーツ用品もアウトレット・セールで安く買おう

毎年新しいスポーツ用品が各メーカーから出ているので少し古い商品は安くアウトレットやセール期間に買うのもおすすめです。
シューズやウェア、靴下、サポーター、帽子、サングラス、ランニングポーチなど、アイテムを揃えて快適なランニングを楽しみましょう。

毎年、春夏と秋冬に新しい商品が出るので、古いものは定価からディスカウントされて販売されてます!安い商品を上手く見つけてコスパよくアイテムをゲットしましょう!

高タンパク・低カロリーな食事をして痩せよう

ランニングしてるのに痩せない、筋肉が逆に落ちてしまう、そんなことにならないように、しっかり食事管理をして脂肪を落としつつ筋肉を維持してスリムなカラダを手に入れましょう。
高タンパク・低カロリーで美味しい宅配フードのマッスルデリは、自分で管理する必要がなく簡単で続けやすいのでおすすめです。

自分でアプリを使って栄養カロリー計算すると面倒くさい、、いつも同じメニューになりがちで結局続かない。ランナーとしては脂肪は落としつつ筋肉は維持したい。。
色々考えると、パックになってる宅配フードで上手くバランス取るのが良いと思います。
チンするだけでラクだし美味しい(^^)

スマホや小銭を入れてランニング

ランニングの時にスマホや小銭、飲み物を手に持って走ると邪魔くさいですよね。ランニングポーチに入れれば快適なランニングが楽しめます。何より腰にフィットするのでぶれたり、じゃまになったりしないのがいいですね!

アジャストゴムでフィット感を高めたコンパクトなウエストポーチ。
ポケット部分は伸縮性のあるストレッチ素材を使用しているため、身の回りの携帯品、モバイル、カギ、音楽機器などをコンパクトに収納します。
ウエストベルトには脱着しやすいバックル採用(^^)

adidas アディダス
ツイッターで最新記事をフォロー!
ランブロ / My Running Blog
タイトルとURLをコピーしました