(詳細レビュー)アディダスアディゼロジャパン5の履き心地・機能・特徴紹介/adidas adizero Japan 5 4.46/5 (1)

adidas アディダス

アディダスのレース、スピード系人気シューズであるアディゼロジャパン5について気になっている方多いのではないでしょうか?そんなアディゼロジャパン5について基本スペックから良い点・悪い点、他シューズとの比較、さらにこんなランナーにおすすめ、アッパー素材やミッドソール、アウトソール素材について詳細な解説・レビューします。

ランニング中のマスク息苦しく、ムレませんか?

飛沫対策はしたいけど、マスクをつけながら走ると本当に息苦しいですし、中が蒸れて気持ち悪いですよね。。耳も痛くなってきます。
ランニング専用のランナーマスクなら、通気性が良く蒸れにくいのでおすすめです。
安心の国内製、サポーターやスポーツ用品メーカーのD&Mのランナーマスクで安全・快適なランニングを楽しんでください(^^)ランニング専用のマスクでコロナ対策しながら走って健康な体を手に入れましょう!

基本情報

Adeizero Japan 5 アディゼロジャパン5はスピード系のトレーニングからマラソン大会本番までオールマイティに使えるシューズです。ミッドソールとアッパー素材の進化、アップデートによって軽さ、安定性、反発性がバランス良く発揮されるシューズです。日本では特にファン層が多いシリーズで、注目の一足です。

基本情報
ブランドアディダス
シリーズアディゼロ
モデルアディゼロジャパン5
タイプレース、スピード系
重さ224g
ヒールドロップ9.5mm
対象ランナーサブ3、サブ3.5、サブ4

新作のアディゼロジャパン6のレビューはこちらから↓

良い点・気になる点

良い点・おすすめポイント
  1. 軽量で安定性、反発性が高く、さらにどちらかというと薄ぞこ系なので地面を蹴って走る感覚の得やすいスピード系シューズです
  2. トラックでもロードでも使えるオールマイティなシューズです
  3. BOOSTの柔らかさとLIGHTSTRIKEの反発性といういいところどりの程よい硬さ・柔らかさのシューズです
  4. BOOSTがかかと部分にしか使われていないことと、長いTORSION SYSTEMによって前作に比べて安定性が高いシューズです
  5. 同じアディダスのBOSTONボストンシリーズよりもBOOSTブーストフォームが使われている量が少なく、よりスピード特化型のシューズです
気になる点・悪い点
  1. 前作と比べてやや前足部の幅が広くなったのでフィット感は少し違うかもしれません
  2. 前作と比べてややヒール部分が高く、厚くなった(それでも薄ぞこ系)のでスピード系のトレーニング(短距離系)へのフィット感は少し落ちたと思うかもしれません

こんな人におすすめ・使える場面やトレーニング

前作のアディゼロジャパン4がマラソンサブ4から完走レベルのランナー向けだっと言えますが、今作はややレベルアップ、サブ3~サブ4向けのシューズになっています。前作に比べてアッパーもミッドソールも軽量化が施されており、傾斜がついているためよりスピードを出しやすいモデルになっています。もちろん日々のジョギングやペース走(おすすめは3分半~4分半程度)にも使えますが、インターバル走やレペ走などのスピード系トレーニング向きのシューズといえ、さらに安定性も高いので怪我のリスクを低減しつつハードなトレーニングが行えるでしょう。

パーツごとの特徴

このシューズの各パーツごとの特徴や機能を紹介していきます!

アッパーの特徴

前作のジャパン4と異なり今回のアッパー素材はセラーメッシュアッパーとなっており、より通気性や軽量性がUPしただけではなく、インナーフレームという補強素材が入っているため着地時の横ブレを抑え安定性にも優れた素材になっています。また最近のランニングシューズに多いシュータンが一体型になっているデザインで、これによって靴紐を締めたときの足回りのフィット感がアップしました。

ミッドソールの特徴

前作のジャパン4からのアップデートとして、今作ではミッドソールが大きく変化しました。前作からのBOOSTブーストフォーム(軽量性とクッション性に優れたフォーム)に加えてLIGHTSTRIKE(ライトストライク)が搭載されました。このライトストライクは一般的なランニングシューズに使われているEVA素材に比べてより軽量で反発性の強い素材になっています。そして、これらのフォームが使われている位置が特徴的で、前足部はほとんどがLIGHTSTRIKEとなっており蹴り出しの反発性や推進感が強化されている一方で、かかと部分にはBOOSTが多めに搭載されているためヒール、ミッド着地でもクッション性がある足への負担や疲労感を抑えてくれるデザインになっています。

アウトソールの特徴

アウトソールはアディダスの他のランニングシューズと同じくコンチネンタルラバーが使われています。このコンチネンタルラバーは自動車やレース用の自転車のタイヤに使われている、耐久性とグリップ力のとても高い素材です。さらに前作同様中足部には前作と同じくTORSION SYTEMが採用されていて、これによって足のねじれを軽減し、長距離走っていても疲れにくい設計になっています。外から見るとわかりにくいのですが、このTORSION SYTEMは足の前足部の方まで伸びており前作に比べてねじれの抑制力、ブレやグラつきには強くなりましたし、さらにTORSION SYSTEMがつま先の方まで伸びていることによってその反発も得られる設計になっています。

終わりに

以上、いかがでしたでしょうか?気になる方は、人気シリーズなのでサイズやカラーが無くなる前に早めに購入検討してみると良いかもしれません。また、ショップなどでためし履きもおすすめです!是非アディゼロジャパン5を履いて快適なランニングをお楽しみください、それでは Have a nice run!!
adidas公式ホームページ
https://shop.adidas.jp/running/

(画像は公式HPより引用)

このシューズの評価を投稿する(7段階評価)

1234567
1234567
1234567
1234567

スポーツ用品もアウトレット・セールで安く買おう

毎年新しいスポーツ用品が各メーカーから出ているので少し古い商品は安くアウトレットやセール期間に買うのもおすすめです。
シューズやウェア、靴下、サポーター、帽子、サングラス、ランニングポーチなど、アイテムを揃えて快適なランニングを楽しみましょう。

毎年、春夏と秋冬に新しい商品が出るので、古いものは定価からディスカウントされて販売されてます!安い商品を上手く見つけてコスパよくアイテムをゲットしましょう!

高タンパク・低カロリーな食事をして痩せよう

ランニングしてるのに痩せない、筋肉が逆に落ちてしまう、そんなことにならないように、しっかり食事管理をして脂肪を落としつつ筋肉を維持してスリムなカラダを手に入れましょう。
高タンパク・低カロリーで美味しい宅配フードのマッスルデリは、自分で管理する必要がなく簡単で続けやすいのでおすすめです。

自分でアプリを使って栄養カロリー計算すると面倒くさい、、いつも同じメニューになりがちで結局続かない。ランナーとしては脂肪は落としつつ筋肉は維持したい。。
色々考えると、パックになってる宅配フードで上手くバランス取るのが良いと思います。
チンするだけでラクだし美味しい(^^)

運動の脂肪燃焼効果を最大限に引き出そう

1キロのランニングのカロリー消費は約<体重>kcalです。
例えば体重60kgの人なら1キロ走ると60kcalになります!3キロで約おにぎり1つ分のカロリー消費ですね。
どうせならこのカロリーをカラダの脂肪をなるべく多く使って燃焼したいですよね!
運動前に脂肪燃焼系サプリを取ってランニングするとカラダの脂肪から先に燃えやすくなります。

あまり人に教えたくないのですが、サプリを日頃から取ってます。国産で手頃なサプリメーカー:オーガランドおすすめです(^^)
脂肪燃焼(ファットバーナー)系サプリは、Lカルニチンやαリポ酸、コーヒー、カフェイン、中性脂肪をためにくくするDHA/EHAを取ってます!
また、筋力アップのためにプロテインやアミノ酸の一つであるグルタミンを取ってます(^^)ポイント練の日はパファーマンス向上のためにクレアルカリン、疲労回復のためにクエン酸もおすすめです。(^^)

走れない日は家で筋トレ・脂肪燃焼・ストレッチ

走力向上には腸腰筋、大臀筋、背筋などの筋力UPが欠かせません。外で走れない日も家で筋トレ&脂肪燃焼しましょう(^^)
ランニングやダイエットが続かない人、怪我や悪天候でなかなか走れない人にとっても、リーンボディのオンラインレッスンで一人で家で好きな時にできるワークアウトやストレッチがおすすめです!代謝をUPさせ痩せやすいカラダを手に入れましょう。

リーンボディなら脂肪燃焼系から、筋トレ、ヨガ、ストレッチまで様々なレッスンが見放題・受け放題です!(^^)
10分で終わるものから長いものまで、再生速度調整もできるし、消費カロリーも表示されます!
なんと、自分に合わなければ無料期間に解約すれば一切課金なし!

adidas アディダス
ツイッターで最新記事をフォロー!
ランブロ / My Running Blog
タイトルとURLをコピーしました