(最新詳細プレビュー)ミズノウェーブリベリオンの履き心地・機能・特徴紹介/Preview of MIZUNO WAVE REBELLIONまだ評価の投稿がありません

Mizuno ミズノ

Mizunoのスピード系シューズであるウェーブリベリオンについて気になっている方多いのではないでしょうか?そんなウェーブリベリオンについて発売前ではありますが、基本スペックから良い点・気になる点、他シューズとの比較、さらにこんなランナーにおすすめ、アッパー素材やミッドソール、アウトソール素材について詳細な解説・プレビューします。

ランニング時の飛沫防止のために

ランニングシューズに加えてマウスカバーの着用をしているランナーが増えてきました!
Mizunoのスポーツウエアや水着の素材を使用し、通気性やフィット感が良く、快適に使えるマウスカバーです。軽く伸縮性に優れ肌触りの良く、耳周りの締付けやストレスがないソフトなつけ心地でおすすめです。

ひんやり冷たいアイスタッチ素材マスクやハイドロ銀チタンを使った抗菌防臭マスクなどミズノならではのマウスカバーがおすすめです(^^)

基本情報

MIZUNOから新しいスピード系のランニングシューズのシリーズが2021年に発売することがわかりました。その名も「ウェーブリベリオン」、ミズノのランニングシューズの代名詞でもあるミズノ「ウェーブ」、と「リベリオン(反逆)」という2020年のミズノエナジーのキャッチコピー「本気の反撃」を彷彿とさせる挑戦的・アグレッシブな2つのワードの組み合わせです。詳細はまだわかりませんが、おそらくその名の通り、これまでミズノが培ってきた「ウェーブプレート」の技術を最大限活かしたスピードを出しやすいシューズになっているのではないでしょうか。
そのスペックから見る限り直近でリリースした「ウェーブエアロ19」というサブ3.5ランナーを対象としたスピード系、レース系シューズに近い印象です。カーボンプレートは入っていないですが、全体的に軽量で、反発性の強いミズノエナジー・ライトが採用されており、さらに反発性と安定性を生み出す新しいウェーブプレートが搭載された、これまでのミズノのランニングシューズにはない新しいテンポアップシューズ、ワークアウトシューズになっているのではないでしょうか。

基本情報
ブランドMizuno ミズノ
シリーズウェーブリベリオン
モデルウェーブリベリオン
タイプレース、スピード系
重さ約230g
ヒールドロップ8mm
対象ランナーサブ3、サブ3.5、サブ4

良い点・気になる点

良い点・おすすめポイント
  1. ミズノエナジー・ライトというウェーブデュアルネオ(エリートランナー向けレーシングシューズ)にも使われている高反発で軽量なミッドソールが搭載されています
  2. 新しく開発された形状のミズノウェーブがかかと部分~前足部まで長く搭載されており着地時の安定性と蹴り出しのライド感・反発を与えてくれます
  3. 全体的に軽量でスピードを出しやすいモデルです
  4. ミズノの他のランニングシューズでも多く使われているグリップ力と耐久性の高いG3ラバーがアウトソールのほぼ全面に採用されており、しっかりと地面を掴んでエネルギーロスなく蹴り出しの力を地面に伝えることができます
  5. アウトソールがフラットソールで接地面積が大きいためヒールストライク~ミッドフット気味の着地でも安定したぐらつきのない着地をサポートしてくれます
気になる点
  1. アッパーの中足部周りからかかと周りのホールド感・ロック力が気になります
  2. 国内での発売時期、価格は今のところわかっていませんが、定価は2万円前後、時期は夏頃にリリースされるのではないでしょうか。

こんな人におすすめ・使える場面やトレーニング

スペックから考えて、サブ3.5前後の市民ランナー向けの強度の高いスピード練習やテンポ走、レースでメインで使えるシューズという位置づけでしょう。新素材のウェーブプレートがかかとから中足部まで入っており、軽量なエナジー・ライト、全面にグリップ力の強いG3グリップが搭載されており、高反発でスピードを出すことに特化したシューズのスペックになっています。

ミズノはここ数年Mizuno Energyという新しいミッドソールを使ったシューズのプロダクトラインアップを拡大してきていますが、ウェーブデュアルネオSPエアロ19、ライダーネオあたりのラインアップを更に拡充していくような位置づけのシューズがこのリベリオンではないでしょうか。

また、他社メーカーが厚底カーボンプレートシューズの第二世代(ヴェイパーネクスト%2やアディオスプロ2、FC Elite V2、メタスピードスカイ、カーボンX2など)を出しており、カーボンプレートシューズで今からミズノが戦うには残念ながら周回遅れ感が否めず、そういった中で単にカーボンプレートに追従するのではなく、ウェーブプレートというミズノの代名詞をガラス繊維という新しい素材を使って開発したミズノの自社の技術への強いこだわりとオリジナリティを感じます。

パーツごとの特徴

このシューズの各パーツごとの特徴や機能を紹介していきます!

アッパーの特徴

アッパー非常に薄く軽量なメッシュ性の生地になっているため靴の中がムレないよう通気性が高くなっており、縫い目のないシームレスな生地感でごわつきがなく足当たりが優しい素材感のようです。軽量化のためにミズノのランバードロゴはプリントされているだけになっています。シュータンは薄い生地感です。
比較的しっかり目のヒールカウンターが入っており、さらに履き口まわりのアッパーの生地感は厚くなっており、かかと部分の着地のグラつきを抑え足へのダメージやエネルギーロスを少なく効率的なランニングをサポートしてくれます。
ミズノの他のランニングシューズ全般に言えることですが、日本人の足型に合いやすい比較的前足部が幅広、足の甲の高さがやや高めに作られている印象です。

ミッドソールの特徴

ミッドソールはミズノが近年力を入れているミズノエナジーライトと新しい素材で強化されたウェーブプレートが組み合わさっています。
ウェーブプレートはミッドソールの上下からサンドイッチされた状態で、かかとから中足部まで入っている波打った形の硬い素材でできたプレートです。これによって地面からの衝撃を吸収すると同時に着地の安定性をサポートしてくれます。ウェーブリベリオンでは、グラスファイバーによって従来のミズノウェーブよりも強化された仕様になっており、これにより蹴り出しへの強い反発力・前への推進力を生み出してくれます。

カーボンプレートが流行っている昨今のシューズ業界の中で、このミズノウェーブの良さの一つはバウンドのレスポンス・反応がクイックで早いことです。カーボンプレートシューズは着地の場所によっては着地と反発までのラグが若干ありますが、ミズノウェーブはよりクイックな反発力があります。このクイックな反発力が、後述するスパイクのようなアウトソールのグリップ感と相まって、ペースの早いランニングでも走るタイミングが取りやすく、他にはない良さとなっています。また、プレートが他社のカーボンプレートとは違って側面まで出ていて左右のミッドソールから見えるようになっています。幅広のプレートになっているので左右のブレに対してもしっかりと安定性を保ってくれる構造になっています。

ミズノエナジーライトというミッドソールは従来のミズノのミッドソール素材よりも22%柔らかく、35%高いエネルギーリターンを発揮してくれる軽量な素材です。リベリオンでは通常のミズノエナジーよりもさらに軽量なライトが使われておりシューズ全体の軽量化に貢献しています。接地感としては比較的硬めのミッドソールになっており、ウェーブプレートと相まって沈み込みがほとんどなく瞬間的な反発感が得られるシューズです。実際にウェーブデュアルネオSPでもエナジーライトとプレートの組み合わせでしたが、硬めで沈み込みの少ないミッドソールとなっています。

メンズ色違い
レディスカラー

アウトソールの特徴

アウトソールはG3ラバーという非常にグリップ力が強く耐久性に優れたラバーが全面に貼られています。特に蹴り出しと着地で力が大きくかかる親指と小指側には厚めにグリップが敷かれています。

このソールはウェーブデュアルネオSPなどのエリートランナー向けのレーシングシューズにも搭載されており非常にグリップが強く、多少濡れた路面でもしっかりと地面を掴んでくれますし、トラックですと尚更グリップしてくれます。
また、アウトソールがフラットソールになっており接地面積が広く、ウェーブプレートの良さでもあるスイートスポットの癖がないので、あまり厚底レーシングシューズに慣れていないようなランナーでも使いやすい、バウンドを活かしやすいシューズと言えるでしょう。

G3ソールが全面に敷かれている、特にかかとから親指と小指は強化されている
色違いは鮮やかなピンク色のアウトソール

発売時期・価格

発売時期の詳細はまだ未定ですが2021年夏頃と予想しています。
また、定価についての情報もありませんが税込2万~2万5千円程度ではないでしょうか。

終わりに

以上、いかがでしたでしょうか?それでは Have a nice run!!
MIZUNO公式ホームページ
https://www.mizuno.jp/running/

このシューズの評価を投稿する(7段階評価)

1234567
1234567
1234567
1234567

ランニング前後の体のケアも忘れずに

ランニング後の疲労回復・リカバリーには自宅でできる簡単マッサージガンがおすすめです。
ふくらはぎ、ハムストリング、大殿筋に直接当てて筋膜リリースすることで筋疲労を軽減し、パフォーマンスアップに繋がります。
持ち運びも便利なので遠征や合宿にも!マッサージに通うよりいつでも気軽にコスパの良いリフレッシュを。

特に、もも裏とお尻・ふくらはぎの翌日の疲れ・筋肉痛が全然違います!疲労が溜まっているとタイムも距離も伸びないですしフォームも崩れますしね。。
ストレッチだけでは緩められない筋膜を高振動でリリースできて気持ちいいです(^^)

ランニングしてるのに痩せない、筋肉が逆に落ちてしまう、そんなことにならないように、しっかり食事管理をして脂肪を落としつつ筋肉を維持してスリムなカラダを手に入れましょう。
高タンパク・低カロリーで美味しい宅配フードのマッスルデリは、自分で管理する必要がなく簡単で続けやすいのでおすすめです。

自分でアプリを使って栄養カロリー計算すると面倒くさい、、いつも同じメニューになりがちで結局続かない。ランナーとしては脂肪は落としつつ筋肉は維持したい。。
色々考えると、パックになってる宅配フードで上手くバランス取るのが良いと思います。
チンするだけでラクだし美味しい(^^)

運動の脂肪燃焼効果を最大限に引き出そう

1キロのランニングのカロリー消費は約<体重>kcalです。
例えば体重60kgの人なら1キロ走ると60kcalになります!3キロで約おにぎり1つ分のカロリー消費ですね。
どうせならこのカロリーをカラダの脂肪をなるべく多く使って燃焼したいですよね!
運動前に脂肪燃焼系サプリを取ってランニングするとカラダの脂肪から先に燃えやすくなります。

あまり人に教えたくないのですが、サプリを日頃から取ってます。国産で手頃なサプリメーカー:オーガランドおすすめです(^^)
脂肪燃焼(ファットバーナー)系サプリは、Lカルニチンやαリポ酸、コーヒー、カフェイン、中性脂肪をためにくくするDHA/EHAを取ってます!
また、筋力アップのためにプロテインやアミノ酸の一つであるグルタミンを取ってます(^^)ポイント練の日はパファーマンス向上のためにクレアルカリン、疲労回復のためにクエン酸もおすすめです。(^^)

走れない日は家で筋トレ・脂肪燃焼・ストレッチ

走力向上には腸腰筋、大臀筋、背筋などの筋力UPが欠かせません。外で走れない日も家で筋トレ&脂肪燃焼しましょう(^^)
ランニングやダイエットが続かない人、怪我や悪天候でなかなか走れない人にとっても、リーンボディのオンラインレッスンで一人で家で好きな時にできるワークアウトやストレッチがおすすめです!代謝をUPさせ痩せやすいカラダを手に入れましょう。

リーンボディなら脂肪燃焼系から、筋トレ、ヨガ、ストレッチまで様々なレッスンが見放題・受け放題です!(^^)
10分で終わるものから長いものまで、再生速度調整もできるし、消費カロリーも表示されます!
なんと、自分に合わなければ無料期間に解約すれば一切課金なし!

Mizuno ミズノ
ツイッターで最新記事をフォロー!
ランブロ / My Running Blog
タイトルとURLをコピーしました