(詳細レビュー)ミズノウェーブデュアルネオの履き心地・機能・特徴紹介/MIZUNO WAVE DUAL NEOまだ評価の投稿がありません

Mizuno ミズノ

Mizunoのレース、スピード系人気シューズであるウェーブデュアルネオについて気になっている方多いのではないでしょうか?そんなウェーブデュアルネオについて基本スペックから良い点・悪い点、他シューズとの比較、さらにこんなランナーにおすすめ、アッパー素材やミッドソール、アウトソール素材について詳細な解説・レビューします。

ランニング中のマスク息苦しく、ムレませんか?

飛沫対策はしたいけど、マスクをつけながら走ると本当に息苦しいですし、中が蒸れて気持ち悪いですよね。。耳も痛くなってきます。
ランニング専用のランナーマスクなら、通気性が良く蒸れにくいのでおすすめです。
安心の国内製、サポーターやスポーツ用品メーカーのD&Mのランナーマスクで安全・快適なランニングを楽しんでください(^^)ランニング専用のマスクでコロナ対策しながら走って健康な体を手に入れましょう!

基本情報

2020年ミズノが満を持してリリースした「ミズノの本気の反撃」というキャッチコピーの新作レーシングシューズ、ウェーブデュアルネオ。発売前から話題になっており、2020年の箱根駅伝では2021年の創価大学の快進撃の立役者である嶋津選手が履いていたことで話題になりました。このウェーブデュアルネオはカーボンプレートは入っていませんが、ミズノの新技術がつまったMIZUNO ENERGYという反発性とエネルギーリターンの優れた新しいソールが搭載されており、決して厚底ではないため地面を自分でがっと蹴って、掴んでスピードを挙げる感覚が味わえるシューズになっています。

基本情報
ブランドMizuno ミズノ
シリーズウェーブデュアルネオ
モデルウェーブデュアルネオ
タイプレース、スピード系
重さ185g
ヒールドロップ
対象ランナーサブ3、アスリート

良い点・気になる点

良い点・おすすめポイント
  1. アウトソールのグリップ力が高くさらに耐久性も高いため摩耗しにくい素材になっています。
  2. 軽量かつ反発力も高いため非常にスピードが出しやすいシューズです
  3. 必要最低限のクッションはありながら、裸足感覚で地面をしっかり蹴る感覚が得られるので、足の基礎力をつけるトレーニングに向いています
気になる点・悪い点
  1. ミッドフット、踵着地のランナーにとっては使いこなすのが難しいかもしれません
  2. 足幅が細い方には少し合いにくいかもしれません

こんな人におすすめ・使える場面やトレーニング

サブ3くらいの力があるシリアス市民ランナーのスピードトレーニングやトラックでのトレーニング、10キロやハーフくらいまでのロードのレースに使えるシューズと言えるでしょう。薄底シューズの部類と言えるので、ある程度トレーニングを積んでいて筋力や足腰に自信がある方、競技者向けのシューズになります。また、普段厚底シューズを使っているランナーにとっては、薄底のシューズをたまに履いてトレーニングすることで基礎的な力を鍛える良いシューズになると思います。

パーツごとの特徴

このシューズの各パーツごとの特徴や機能を紹介していきます!

アッパーの特徴

まるで靴下を履いているかのように、足の周りに吸い付くような一体成型のニット素材になっています。ナイキのフライニットに近い素材です。このニットは足の前部分では少し荒目に縫ってあり軽量性を実現しており、一方で履き口の方はストレッチの効いた素材になっています。軽量でありながら通気性とフィット感のある履き心地です。履き口部分は若干狭いですが、伸びるような伸縮性の高い素材になっているので伸ばして足入れをする形です。ハイカットモデルとローカットモデルがあり、ハイカットモデルではアキレス腱周りまでアッパーがありアキレス腱へのストレスを少なくしてくれます。またハイカットモデルではヒールカウンターがそこまで硬い感じではなく、ぐにょっと曲がるような感じですが実際に足を入れてみるとしっかりとフィットしてくれるような感覚を味わえます。一方でローカットの方には全面に硬いヒールカウンターが搭載されています。

ミッドソールの特徴

MIZUNO ENERGY Liteという反発性とエネルギーリターンの高い素材が導入されており、さらにウェーブプレートが搭載されています。Adizero のBoostに近いくらいの硬さになっており、いわゆる厚底シューズの柔らかい感覚というよりは、薄底シューズに近い地面の反発を感じられるため、フルマラソンではだいぶ足へのダメージがあるため難しいかもしれませんが、トラックなどの中距離走やハーフマラソンに向いているシューズと言えるでしょう。ウェーブプレートが入っているため、全体として少し硬めですが、着地の安定性が高くブレが少ないシューズと言えるでしょう。

アウトソールの特徴

アウトソールにはスパイクのようにチップが無数に埋め込まれているG3ソールが使われているため、地面をしっかり噛んで、掴んで進むような高いグリップ力と耐久性を兼ね揃えています。

終わりに

以上、いかがでしたでしょうか?気になる方は、人気シリーズなのでサイズやカラーが無くなる前に早めに購入検討してみると良いかもしれません。また、ショップなどでためし履きもおすすめです!是非ウェーブデュアルネオを履いて快適なランニングをお楽しみください、それでは Have a nice run!!
MIZUNO公式ホームページ
https://www.mizuno.jp/running/

(画像は公式HPより引用)

このシューズの評価を投稿する(7段階評価)

1234567
1234567
1234567
1234567

スポーツ用品もアウトレット・セールで安く買おう

毎年新しいスポーツ用品が各メーカーから出ているので少し古い商品は安くアウトレットやセール期間に買うのもおすすめです。
シューズやウェア、靴下、サポーター、帽子、サングラス、ランニングポーチなど、アイテムを揃えて快適なランニングを楽しみましょう。

毎年、春夏と秋冬に新しい商品が出るので、古いものは定価からディスカウントされて販売されてます!安い商品を上手く見つけてコスパよくアイテムをゲットしましょう!

高タンパク・低カロリーな食事をして痩せよう

ランニングしてるのに痩せない、筋肉が逆に落ちてしまう、そんなことにならないように、しっかり食事管理をして脂肪を落としつつ筋肉を維持してスリムなカラダを手に入れましょう。
高タンパク・低カロリーで美味しい宅配フードのマッスルデリは、自分で管理する必要がなく簡単で続けやすいのでおすすめです。

自分でアプリを使って栄養カロリー計算すると面倒くさい、、いつも同じメニューになりがちで結局続かない。ランナーとしては脂肪は落としつつ筋肉は維持したい。。
色々考えると、パックになってる宅配フードで上手くバランス取るのが良いと思います。
チンするだけでラクだし美味しい(^^)

運動の脂肪燃焼効果を最大限に引き出そう

1キロのランニングのカロリー消費は約<体重>kcalです。
例えば体重60kgの人なら1キロ走ると60kcalになります!3キロで約おにぎり1つ分のカロリー消費ですね。
どうせならこのカロリーをカラダの脂肪をなるべく多く使って燃焼したいですよね!
運動前に脂肪燃焼系サプリを取ってランニングするとカラダの脂肪から先に燃えやすくなります。

あまり人に教えたくないのですが、サプリを日頃から取ってます。国産で手頃なサプリメーカー:オーガランドおすすめです(^^)
脂肪燃焼(ファットバーナー)系サプリは、Lカルニチンやαリポ酸、コーヒー、カフェイン、中性脂肪をためにくくするDHA/EHAを取ってます!
また、筋力アップのためにプロテインやアミノ酸の一つであるグルタミンを取ってます(^^)ポイント練の日はパファーマンス向上のためにクレアルカリン、疲労回復のためにクエン酸もおすすめです。(^^)

走れない日は家で筋トレ・脂肪燃焼・ストレッチ

走力向上には腸腰筋、大臀筋、背筋などの筋力UPが欠かせません。外で走れない日も家で筋トレ&脂肪燃焼しましょう(^^)
ランニングやダイエットが続かない人、怪我や悪天候でなかなか走れない人にとっても、リーンボディのオンラインレッスンで一人で家で好きな時にできるワークアウトやストレッチがおすすめです!代謝をUPさせ痩せやすいカラダを手に入れましょう。

リーンボディなら脂肪燃焼系から、筋トレ、ヨガ、ストレッチまで様々なレッスンが見放題・受け放題です!(^^)
10分で終わるものから長いものまで、再生速度調整もできるし、消費カロリーも表示されます!
なんと、自分に合わなければ無料期間に解約すれば一切課金なし!

Mizuno ミズノ
ツイッターで最新記事をフォロー!
ランブロ / My Running Blog
タイトルとURLをコピーしました