(詳細レビュー)ナイキジョイライドランフライニットの履き心地・機能・特徴紹介/Nike Joyride Run Flynitまだ評価の投稿がありません

Nike ナイキ

Nike ナイキのクッション系人気シューズであるジョイライドランフライニットについて気になっている方多いのではないでしょうか?このページではそんなジョイライドランフライニットについて基本スペックから良い点・悪い点、他シューズとの比較、さらにこんなランナーにおすすめ、アッパー素材やミッドソール、アウトソール素材について詳細な解説・レビューします。

家にいながらランニング同様、肺を鍛える

外に出てランニングだと、寒かったり暑かったりで中々続かない方も多いでしょう。
個人の呼吸筋トレーニング応じて負荷が調整できる、手のひらサイズのシンプルな呼吸トレーニングの入門モデルです。呼吸筋に負荷を与えることで他の筋群と同様に抵抗に反応し、より強くより効率的なエクササイズを実現します。
専用の無料アプリを利用してトレーニングや毎日のアクティビティを管理できます。呼吸の強さと肺活量向上を目標にしたワークアウトや、心身をリラックスするためのマインドフルネスプログラムなどが家にいながらできちゃいます!

基本情報

これを履けば普段のランニングやウォーキングた楽しくなる!そんなワクワク感があるランニングシューズナイキジョイライドランフライニットをご紹介します。なんと言ってもその特徴は外から見える、ソール部分のビーズです。約1万のビーズがアウトソールに埋め込まれており、それによって衝撃を吸収するという他のランニングシューズにはない新しいデザインになっています。とてもふかふかで柔らかく、足へのダメージが少なく疲れにくいため長くゆっくり走りたい人におすすめのシューズです。

基本情報
ブランドNike ナイキ
シリーズジョイライドランフライニット
モデルジョイライドランフライニット
タイプクッション系
重さ261g
ヒールドロップ8mm
対象ランナー完走、ジョギング、初心者、ウォーキング

良い点・気になる点

良い点・おすすめポイント
  1. 柔らかいクッション性:ナイキのリアクトフォームより柔らかい素材感
  2. アッパー素材のフライニットの伸縮性:まるで靴下を履いているようなフィット感
  3. かかと部分のホールド感:クッションのブレを抑えてくれます
  4. カラーバリュエーションとデザインが豊富で普段履きにもおすすめ
気になる点・悪い点
  1. 反発性が強いわけではないのでスピードを上げて走るにはあまり向いていないかもしれません
  2. グリップ力があまり強くなく濡れた路面はやや心配です
  3. 公式HPにもあるようにやや小さめのフィット感で設計されているため、普段のサイズよりもハーフサイズ上がよいかもしれません

こんな人におすすめ・使える場面やトレーニング

これからランニングやウォーキングを始めたいけど、ガチのランニングシューズを買いたくない、普段履きでも使えるようなおしゃれなシューズが欲しいと思う方にとてもおすすめです。クッション性がとても高いため、足への衝撃や負担をしっかり緩和してくれますし、クッションの沈み込みによる足のブレやグラつきをしっかり抑えてくれるような機能もついているので、普段のジョギングやゆっくり楽しく走りたいファンランに使える一足です。一方で、地面からの反発を感じたり、グリップ力が強かったりするシューズではないので、スピードを出して走りたい場合は別のシューズをおすすめします。

パーツごとの特徴

このシューズの各パーツごとの特徴や機能を紹介していきます!

アッパーの特徴

アッパー素材はフライニット素材が使われており、伸び縮みする素材なので足へのフィット感がとても高いです。まるで靴下を履いているかのような感覚の履き心地が味わえます。また足の親指部分には摩耗しにくいような補強がされています。シュータンは一体型になっているため足の甲周りのホールド感も高いです。かかと部分は二重の構造になっていて外側のヒールカップが分厚くてしっかりと足のグラつきを抑えてくれる機能が備わっています。

ミッドソールの特徴

ミッドソールの一番の特徴はビーズです。熱可塑性エストラマーという硬くて弾力のあるビーズが約1万個、全面に4つのポケットにわかれて入っています(コンフォーミングクッショニングシステム)。これによってナイキのクッション性の高いフォームであるリアクトフォームと比べても約14%も高いクッション性があります。どうしてもクッションが柔らかいとオーバープロネーション(足首がぐらついて過度に足が内側に倒れ込むことによる怪我)が気になりますが、ミッドソールの内側はやや硬めの素材感になっており、プロネーション対策もしっかりされています。インフィニティランなどのリアクトフォームと比較してみると、アウトソール部分はジョイライドのほうが硬めになっているのでなんというか、足からアウトソールまではジョイライドのほうが柔らかいですが、地面と靴の間は硬いという感じなので、ジョイライドのほうが踏みつけたときに少し柔らかく感じます。

アウトソールの特徴

アウトソールはかかと部分と爪先部分にラバーが補強されていますが、グリップ力が強いという印象ではありません。ですので濡れた路面は少し心配なのと、地面を蹴ってスピードを出すようなトレーニングでは別のシューズのほうが良いかもしれません。

終わりに

以上、いかがでしたでしょうか?気になる方は、人気シリーズなのでサイズやカラーが無くなる前に早めに購入検討してみると良いかもしれません。また、ショップなどでためし履きもおすすめです!是非ジョイライドランフライニットを履いて快適なランニングをお楽しみください、それでは Have a nice run!!
ナイキ公式ホームページ Nike.com
https://www.nike.com/jp/

(画像は公式HPより引用)

このシューズの評価を投稿する(7段階評価)

1234567
1234567
1234567
1234567

スポーツ用品もアウトレット・セールで安く買おう

毎年新しいスポーツ用品が各メーカーから出ているので少し古い商品は安くアウトレットやセール期間に買うのもおすすめです。
シューズやウェア、靴下、サポーター、帽子、サングラス、ランニングポーチなど、アイテムを揃えて快適なランニングを楽しみましょう。

毎年、春夏と秋冬に新しい商品が出るので、古いものは定価からディスカウントされて販売されてます!安い商品を上手く見つけてコスパよくアイテムをゲットしましょう!

高タンパク・低カロリーな食事をして痩せよう

ランニングしてるのに痩せない、筋肉が逆に落ちてしまう、そんなことにならないように、しっかり食事管理をして脂肪を落としつつ筋肉を維持してスリムなカラダを手に入れましょう。
高タンパク・低カロリーで美味しい宅配フードのマッスルデリは、自分で管理する必要がなく簡単で続けやすいのでおすすめです。

自分でアプリを使って栄養カロリー計算すると面倒くさい、、いつも同じメニューになりがちで結局続かない。ランナーとしては脂肪は落としつつ筋肉は維持したい。。
色々考えると、パックになってる宅配フードで上手くバランス取るのが良いと思います。
チンするだけでラクだし美味しい(^^)

普段の歩きをエクササイズにしよう

なかなかランニングの時間が取れなかったり、やる気が起きない人でも、普段通勤やお買い物で歩いているはずです!その歩きをエクササイズにしましょう!
履くだけフィットネス、ARISE。理学療法士が、医療現場で培ったノウハウを集約し考案した補正サポート靴下が理想的な歩きへ導きます。
シリコンアーチパッドがついており、つま先側のパッドは足裏の自然なカーブであるアーチ形状をサポートしてくれます。かかと側のパッドは親指側への自然な体重移動を促し足圧をコントロールしてくれます。

足腰に自信がなくてランニングをためらっている人や普段時間がなくてランニングに行けない人におすすめです。体のバランスを整えるのをサポートしてくれる靴下です(^^)

Nike ナイキ
ツイッターで最新記事をフォロー!
ランブロ / My Running Blog
タイトルとURLをコピーしました