(詳細レビュー)ナイキジョイライドランフライニットの履き心地・機能・特徴紹介/Nike Joyride Run Flynitまだ評価の投稿がありません

Nike ナイキ

Nike ナイキのクッション系人気シューズであるジョイライドランフライニットについて気になっている方多いのではないでしょうか?このページではそんなジョイライドランフライニットについて基本スペックから良い点・悪い点、他シューズとの比較、さらにこんなランナーにおすすめ、アッパー素材やミッドソール、アウトソール素材について詳細な解説・レビューします。

ランニング時の飛沫防止のために

ランニングシューズに加えてマウスカバーの着用をしているランナーが増えてきました!
Mizunoのスポーツウエアや水着の素材を使用し、通気性やフィット感が良く、快適に使えるマウスカバーです。軽く伸縮性に優れ肌触りの良く、耳周りの締付けやストレスがないソフトなつけ心地でおすすめです。

ひんやり冷たいアイスタッチ素材マスクやハイドロ銀チタンを使った抗菌防臭マスクなどミズノならではのマウスカバーがおすすめです(^^)

基本情報

これを履けば普段のランニングやウォーキングた楽しくなる!そんなワクワク感があるランニングシューズナイキジョイライドランフライニットをご紹介します。なんと言ってもその特徴は外から見える、ソール部分のビーズです。約1万のビーズがアウトソールに埋め込まれており、それによって衝撃を吸収するという他のランニングシューズにはない新しいデザインになっています。とてもふかふかで柔らかく、足へのダメージが少なく疲れにくいため長くゆっくり走りたい人におすすめのシューズです。

基本情報
ブランドNike ナイキ
シリーズジョイライドランフライニット
モデルジョイライドランフライニット
タイプクッション系
重さ261g
ヒールドロップ8mm
対象ランナー完走、ジョギング、初心者、ウォーキング

良い点・気になる点

良い点・おすすめポイント
  1. 柔らかいクッション性:ナイキのリアクトフォームより柔らかい素材感
  2. アッパー素材のフライニットの伸縮性:まるで靴下を履いているようなフィット感
  3. かかと部分のホールド感:クッションのブレを抑えてくれます
  4. カラーバリュエーションとデザインが豊富で普段履きにもおすすめ
気になる点・悪い点
  1. 反発性が強いわけではないのでスピードを上げて走るにはあまり向いていないかもしれません
  2. グリップ力があまり強くなく濡れた路面はやや心配です
  3. 公式HPにもあるようにやや小さめのフィット感で設計されているため、普段のサイズよりもハーフサイズ上がよいかもしれません

こんな人におすすめ・使える場面やトレーニング

これからランニングやウォーキングを始めたいけど、ガチのランニングシューズを買いたくない、普段履きでも使えるようなおしゃれなシューズが欲しいと思う方にとてもおすすめです。クッション性がとても高いため、足への衝撃や負担をしっかり緩和してくれますし、クッションの沈み込みによる足のブレやグラつきをしっかり抑えてくれるような機能もついているので、普段のジョギングやゆっくり楽しく走りたいファンランに使える一足です。一方で、地面からの反発を感じたり、グリップ力が強かったりするシューズではないので、スピードを出して走りたい場合は別のシューズをおすすめします。

パーツごとの特徴

このシューズの各パーツごとの特徴や機能を紹介していきます!

アッパーの特徴

アッパー素材はフライニット素材が使われており、伸び縮みする素材なので足へのフィット感がとても高いです。まるで靴下を履いているかのような感覚の履き心地が味わえます。また足の親指部分には摩耗しにくいような補強がされています。シュータンは一体型になっているため足の甲周りのホールド感も高いです。かかと部分は二重の構造になっていて外側のヒールカップが分厚くてしっかりと足のグラつきを抑えてくれる機能が備わっています。

ミッドソールの特徴

ミッドソールの一番の特徴はビーズです。熱可塑性エストラマーという硬くて弾力のあるビーズが約1万個、全面に4つのポケットにわかれて入っています(コンフォーミングクッショニングシステム)。これによってナイキのクッション性の高いフォームであるリアクトフォームと比べても約14%も高いクッション性があります。どうしてもクッションが柔らかいとオーバープロネーション(足首がぐらついて過度に足が内側に倒れ込むことによる怪我)が気になりますが、ミッドソールの内側はやや硬めの素材感になっており、プロネーション対策もしっかりされています。インフィニティランなどのリアクトフォームと比較してみると、アウトソール部分はジョイライドのほうが硬めになっているのでなんというか、足からアウトソールまではジョイライドのほうが柔らかいですが、地面と靴の間は硬いという感じなので、ジョイライドのほうが踏みつけたときに少し柔らかく感じます。

アウトソールの特徴

アウトソールはかかと部分と爪先部分にラバーが補強されていますが、グリップ力が強いという印象ではありません。ですので濡れた路面は少し心配なのと、地面を蹴ってスピードを出すようなトレーニングでは別のシューズのほうが良いかもしれません。

終わりに

以上、いかがでしたでしょうか?気になる方は、人気シリーズなのでサイズやカラーが無くなる前に早めに購入検討してみると良いかもしれません。また、ショップなどでためし履きもおすすめです!是非ジョイライドランフライニットを履いて快適なランニングをお楽しみください、それでは Have a nice run!!
ナイキ公式ホームページ Nike.com
https://www.nike.com/jp/

(画像は公式HPより引用)

このシューズの評価を投稿する(7段階評価)

1234567
1234567
1234567
1234567

ランニング前後の体のケアも忘れずに

ランニング後の疲労回復・リカバリーには自宅でできる簡単マッサージガンがおすすめです。
ふくらはぎ、ハムストリング、大殿筋に直接当てて筋膜リリースすることで筋疲労を軽減し、パフォーマンスアップに繋がります。
持ち運びも便利なので遠征や合宿にも!マッサージに通うよりいつでも気軽にコスパの良いリフレッシュを。

特に、もも裏とお尻・ふくらはぎの翌日の疲れ・筋肉痛が全然違います!疲労が溜まっているとタイムも距離も伸びないですしフォームも崩れますしね。。
ストレッチだけでは緩められない筋膜を高振動でリリースできて気持ちいいです(^^)

ランニングしてるのに痩せない、筋肉が逆に落ちてしまう、そんなことにならないように、しっかり食事管理をして脂肪を落としつつ筋肉を維持してスリムなカラダを手に入れましょう。
高タンパク・低カロリーで美味しい宅配フードのマッスルデリは、自分で管理する必要がなく簡単で続けやすいのでおすすめです。

自分でアプリを使って栄養カロリー計算すると面倒くさい、、いつも同じメニューになりがちで結局続かない。ランナーとしては脂肪は落としつつ筋肉は維持したい。。
色々考えると、パックになってる宅配フードで上手くバランス取るのが良いと思います。
チンするだけでラクだし美味しい(^^)

運動の脂肪燃焼効果を最大限に引き出そう

1キロのランニングのカロリー消費は約<体重>kcalです。
例えば体重60kgの人なら1キロ走ると60kcalになります!3キロで約おにぎり1つ分のカロリー消費ですね。
どうせならこのカロリーをカラダの脂肪をなるべく多く使って燃焼したいですよね!
運動前に脂肪燃焼系サプリを取ってランニングするとカラダの脂肪から先に燃えやすくなります。

あまり人に教えたくないのですが、サプリを日頃から取ってます。国産で手頃なサプリメーカー:オーガランドおすすめです(^^)
脂肪燃焼(ファットバーナー)系サプリは、Lカルニチンやαリポ酸、コーヒー、カフェイン、中性脂肪をためにくくするDHA/EHAを取ってます!
また、筋力アップのためにプロテインやアミノ酸の一つであるグルタミンを取ってます(^^)ポイント練の日はパファーマンス向上のためにクレアルカリン、疲労回復のためにクエン酸もおすすめです。(^^)

走れない日は家で筋トレ・脂肪燃焼・ストレッチ

走力向上には腸腰筋、大臀筋、背筋などの筋力UPが欠かせません。外で走れない日も家で筋トレ&脂肪燃焼しましょう(^^)
ランニングやダイエットが続かない人、怪我や悪天候でなかなか走れない人にとっても、リーンボディのオンラインレッスンで一人で家で好きな時にできるワークアウトやストレッチがおすすめです!代謝をUPさせ痩せやすいカラダを手に入れましょう。

リーンボディなら脂肪燃焼系から、筋トレ、ヨガ、ストレッチまで様々なレッスンが見放題・受け放題です!(^^)
10分で終わるものから長いものまで、再生速度調整もできるし、消費カロリーも表示されます!
なんと、自分に合わなければ無料期間に解約すれば一切課金なし!

Nike ナイキ
ツイッターで最新記事をフォロー!
ランブロ / My Running Blog
タイトルとURLをコピーしました