ヴェイパーフライとアルファフライの違いは?スペックの比較と解説まだ評価の投稿がありません

おすすめ・比較

2021年の箱根駅伝でも多くのランナーが履いていたNikeナイキのヴェイパーフライネクスト%とアルファフライネクスト%ですが、それぞれどのような特徴があり、サブエガ、サブ3レベルの市民ランナーにとってどちらが良いのでしょうか?この2つのシューズはNikeのレース系のシューズというジャンルという点では同じですが、実はスペックは大きく異なっているため履き心地や履きこなし方には違いがあります。以下では、それぞれのスペックや履き心地の違いの観点から市民ランナーにとってのおすすめはどちらなのか解説していきます。

それぞれのシューズの解説は下記を御覧ください

ランニング時の飛沫防止のために

ランニングシューズに加えてマウスカバーの着用をしているランナーが増えてきました!
Mizunoのスポーツウエアや水着の素材を使用し、通気性やフィット感が良く、快適に使えるマウスカバーです。軽く伸縮性に優れ肌触りの良く、耳周りの締付けやストレスがないソフトなつけ心地でおすすめです。

ひんやり冷たいアイスタッチ素材マスクやハイドロ銀チタンを使った抗菌防臭マスクなどミズノならではのマウスカバーがおすすめです(^^)

先に結論・まとめ

実際の履き心地は個人個人によって違うので一概には言えないのですが、とてもざっくりした結論から言うと

  1. 距離の観点:フルマラソンで使うなら、ヴェイパーフライ、ハーフマラソン以下・比較的短距離のレースならアルファフライがおすすめです。
  2. 接地の観点:ヒールストライク・ミッドフット気味の接地感ならヴェイパーフライ、前足部フォアフット着地のランナーならアルファフライがおすすめです。
  3. スピードの観点:サブ3、サブ3.5を目標にしているランナーはヴェイパーフライ、サブエガ・さらに高みを目指しているシリアス市民ランナーやアスリートはアルファフライがおすすめです。
  4. 走法の観点:(どちらもストライドは自然と伸びるのですが)ピッチ走法気味の人はヴェイパーフライ、ストライド走法寄りのランナーはアルファフライがおすすめです。

この2つのシューズの何が大きく違うのか、端的に言うと推進力と接地感だと言えるでしょう。それはミッドソールの構造、アウトソールの形状、さらにアッパーの素材などそれぞれの違いが要因となっています。

ミッドソールの特徴

両者の違い1

ヴェイパーフライに比べてアルファフライのほうがより肉厚な分厚いミッドソールになっています。特にアルファフライのかかと部分のZOOM Xはとても肉厚で柔らかく、踵着地をするととても沈み込むような感覚があります。これにより、踵着地・ヒールストライクで走る方にとっては足のグラつきや不安定さがどうしても気になってしまい疲労や足への負担につながってしまいます。ですので筋力や脚力がないランナーではアルファフライを履きこなすのは難しいと言えます。一方でヴェイパーフライも決して薄底とは言えませんが、アルファフライに比べて薄いので若干の地面の接地感を味わうことができます。

両者の違い2

アルファフライの推進力はヴェイパーフライに比べたて格段に上です。それはカーボンプレートがより斜めに入っていることと、前足部に搭載された2つのエアポッドによるトランポリンのような反発によるものです。ですので、前足部の外側のエアポッドででしっかり着地して、前足部の内側のエアポッドで走り抜けることができればアルファフライのほうがスピードを出しやすいシューズと言えます。しかしながら、踵着地をしてしまうと、反発力を得られずその推進力を活かすことが難しいです。一方でヴェイパーフライの方は踵着地・ミッドフット気味でもしっかりと前に進む感覚を得られ、カーボンのしなり・屈曲から生まれる推進力を得やすいシューズになっています。よって、長距離を走る場合は足が疲れてきて徐々にヒールストライク気味になっても前に進んでくれるヴェイパーフライのほうがおすすめです。

Alphafly Picture from Nike.com
Vaporfly Picture from Nike.com

アウトソールの特徴

両者の違い

ヴェイパーフライはアウトソールが全面につながっている一体型になっており、一方でアルファフライは前足部と踵が別れている分離型になっています。このことからもわかるように、アルファフライは完全に前足部着地を前提とした作りになっています。一方でヴェイパーフライは踵から着地しても前足部にスムーズに体重移動することができます。いずれもグリップ力は強く、どのような路面でもロードであればしっかりとしたトラクションを与えてくれます。

Alphafly Outsole
Vaporfly Outsole

アッパー素材の特徴

両者の違いその1

ヴェイパーフライはヴェイパーウィーブという若干柔らかめの素材が使われており、一方でアルファフライはアトムニットという硬めの素材が使われています。いずれもフィット感、ホールド感、耐水性に優れた素材であることは間違いないため、足のブレやぐらつきをしっかりと抑えてくれます。フィット感や肌触りは個人の感覚にもよりますのでなかなか甲乙つけがたい観点です。またヒール部分のホールド感もあるので走っていて変なヌケ感は気になりません。

両者の違いその2

全体として、ヴェイパーフライのほうが若干軽量になっていますが、アルファフライが重いと感じるわけではありません。とてもフィット感があるシューズなので重さの違いはあまり気にならないでしょう。

Alphafly
Vaporfly

以上、いかがでしたでしょうか。是非お気に入りの一足を選んで、快適なランニングライフを楽しんでください!それではHave a nice run!!

このシューズの評価を投稿する(7段階評価)

1234567
1234567
1234567
1234567

ランニング前後の体のケアも忘れずに

ランニング後の疲労回復・リカバリーには自宅でできる簡単マッサージガンがおすすめです。
ふくらはぎ、ハムストリング、大殿筋に直接当てて筋膜リリースすることで筋疲労を軽減し、パフォーマンスアップに繋がります。
持ち運びも便利なので遠征や合宿にも!マッサージに通うよりいつでも気軽にコスパの良いリフレッシュを。

特に、もも裏とお尻・ふくらはぎの翌日の疲れ・筋肉痛が全然違います!疲労が溜まっているとタイムも距離も伸びないですしフォームも崩れますしね。。
ストレッチだけでは緩められない筋膜を高振動でリリースできて気持ちいいです(^^)

ランニングしてるのに痩せない、筋肉が逆に落ちてしまう、そんなことにならないように、しっかり食事管理をして脂肪を落としつつ筋肉を維持してスリムなカラダを手に入れましょう。
高タンパク・低カロリーで美味しい宅配フードのマッスルデリは、自分で管理する必要がなく簡単で続けやすいのでおすすめです。

自分でアプリを使って栄養カロリー計算すると面倒くさい、、いつも同じメニューになりがちで結局続かない。ランナーとしては脂肪は落としつつ筋肉は維持したい。。
色々考えると、パックになってる宅配フードで上手くバランス取るのが良いと思います。
チンするだけでラクだし美味しい(^^)

運動の脂肪燃焼効果を最大限に引き出そう

1キロのランニングのカロリー消費は約<体重>kcalです。
例えば体重60kgの人なら1キロ走ると60kcalになります!3キロで約おにぎり1つ分のカロリー消費ですね。
どうせならこのカロリーをカラダの脂肪をなるべく多く使って燃焼したいですよね!
運動前に脂肪燃焼系サプリを取ってランニングするとカラダの脂肪から先に燃えやすくなります。

あまり人に教えたくないのですが、サプリを日頃から取ってます。国産で手頃なサプリメーカー:オーガランドおすすめです(^^)
脂肪燃焼(ファットバーナー)系サプリは、Lカルニチンやαリポ酸、コーヒー、カフェイン、中性脂肪をためにくくするDHA/EHAを取ってます!
また、筋力アップのためにプロテインやアミノ酸の一つであるグルタミンを取ってます(^^)ポイント練の日はパファーマンス向上のためにクレアルカリン、疲労回復のためにクエン酸もおすすめです。(^^)

走れない日は家で筋トレ・脂肪燃焼・ストレッチ

走力向上には腸腰筋、大臀筋、背筋などの筋力UPが欠かせません。外で走れない日も家で筋トレ&脂肪燃焼しましょう(^^)
ランニングやダイエットが続かない人、怪我や悪天候でなかなか走れない人にとっても、リーンボディのオンラインレッスンで一人で家で好きな時にできるワークアウトやストレッチがおすすめです!代謝をUPさせ痩せやすいカラダを手に入れましょう。

リーンボディなら脂肪燃焼系から、筋トレ、ヨガ、ストレッチまで様々なレッスンが見放題・受け放題です!(^^)
10分で終わるものから長いものまで、再生速度調整もできるし、消費カロリーも表示されます!
なんと、自分に合わなければ無料期間に解約すれば一切課金なし!

おすすめ・比較
ツイッターで最新記事をフォロー!
ランブロ / My Running Blog
タイトルとURLをコピーしました