(最新レビュー)プーマディヴィエイトニトロ2の履き心地・機能・特徴紹介/PUMA DEVIATE NITRO2 3.79/5 (8)

PUMA プーマ

プーマのレース、スピード系人気シューズであるディビエイト ニトロ2について気になっている方多いのではないでしょうか?そんなディヴィエイト ニトロ2について基本スペックから良い点・悪い点、他シューズとの比較、さらにこんなランナーにおすすめ、アッパー素材やミッドソール、アウトソール素材について詳細な解説・レビューします。

家にいながらランニング同様、肺を鍛える

外に出てランニングだと、寒かったり暑かったりで中々続かない方も多いでしょう。
個人の呼吸筋トレーニング応じて負荷が調整できる、手のひらサイズのシンプルな呼吸トレーニングの入門モデルです。呼吸筋に負荷を与えることで他の筋群と同様に抵抗に反応し、より強くより効率的なエクササイズを実現します。
専用の無料アプリを利用してトレーニングや毎日のアクティビティを管理できます。呼吸の強さと肺活量向上を目標にしたワークアウトや、心身をリラックスするためのマインドフルネスプログラムなどが家にいながらできちゃいます!

基本情報

陸上のイメージが強いプーマですが昨年2021年にカーボンプレート入りのランニングシューズを出してきました。ナイキやアディダス、アシックスなど2019、2020年に様々なメーカーがカーボン入りランニングシューズを出してきましたが、他社よりも遅れながらもリリースしたニトロシリーズです。ニトロシリーズはオリンピックのメダリストもそのレーシングシューズを履いているくらい、市民ランナーからアスリートまで幅広いランナーの期待に答えるものでした。
そのニトロシリーズの中でもディヴィエイトニトロの最大の特徴は比較的初心者でも履きやすいカーボン入りシューズであるということです。「誰にでも履けるみんなの厚底」というコンセプト通り幅広いランナーにおすすめできるシューズです。

そして2022年にデヴィエイトニトロ2が登場しました、前作から新しく搭載・開発された高反発軽量なニトロフォームとレーシングシューズに搭載されていたニトロエリートフォームいうさらに反発の強いミッドソール素材が強い推進力を生んでくれ、さらにその反発力にカーボンが安定性とプラスアルファの推進力をトッピングしてくれているようなシューズです。アッパーやアウトソールも前作から大きく変更され、より多くのランナーに履きやすい、初心者でも使いやすいシューズに進化しています。

基本情報
ブランドPUMA プーマ
シリーズディヴィエイトニトロ
モデルディヴィエイトニトロ
タイプレース、スピード系
重さ262g
ヒールドロップ6mm
対象ランナーサブ3、サブ3.5、サブ4

良い点・気になる点

良い点・おすすめポイント
  1. 今作ではニトロフォームに加えて、より反発性の強いエリートニトロフォームが搭載されています
  2. ミッドソールの柔らかさを抑え安定性を与えてくれるパワープレートというカーボンプレートが内蔵されています
  3. アッパーの履き口まわりがより強化され肉厚になっているので着地のブレが少なく、ホールド感が強くなりました
  4. アウトソールのラバーがより多く搭載され、耐久性がUPしています
  5. カーボン入りシューズにしては価格はあまり高くありません(税抜定価18,000円)。他社のカーボン入りシューズが2万円台後半なので、比較的手の届きやすい価格帯です
気になる点・悪い点
  1. レース系シューズにしては少し重め、前作よりも少し重くなりました
  2. 接地感は柔らかいというよりは反発重視(やや硬めの質感のフォーム)
  3. やや細身、小さめの足型なので人によっては普段のサイズより大きめが良いかもしれません

こんな人におすすめ・使える場面やトレーニング

ディヴィエイトニトロ2は、前作にも増して幅広いランナーにとってのレース、スピード系トレーニングで使えるシューズと言えそうです。まず、全面に入っているニトロフォームが反発力の決め手となっているため、カーボンを無理に活用しようとしなくても、スピードに関係なくしっかり前への推進力が生まれるシューズです。
また、アウトソールのラバーが全面だけでなくかかと部分にもしっかり入っていることから、ヒールストライク走法のランナーにも使いやすくなっていますし、耐久性がUPしているので練習で頻繁に使いやすい、コスパの高いシューズになっています。

それに加えて、カーボンプレートがフラット気味に入っているため、前足部に重心が移動しても勝手に押し出される・強い推進力が意図せず生まれてしまうということはなく、自分でしっかり踏み込んでスピードをコントロールできるシューズです。サブ3.5弱~サブ4くらいのランナーのペース走やインターバル、閾値走、変化走など出力をコントロールするトレーニングで使えそうなシューズです。

あなたをサポートしてくれるサプリメント【Myprotein】

パーツごとの特徴

このシューズの各パーツごとの特徴や機能を紹介していきます!前作との比較も交えながら紹介します。

アッパーの特徴

前作同様エンジニアードメッシュになっており、しっかりとしたフィット感、通気性があります。
前作からの大きな進化は2つあります。1つは、かかと部分の履き口まわりが肉厚になりヒールカウンターが強化されたことです。前作はよりシンプルで薄い、ペラペラな素材感でしたが、今作はヒール部分をガシッと手でつかんでくれるような安心感とホールド感があります。これによって、より柔らかくなったニトロエリートフォームのブレやぐらつきを抑えてくれます。
2つめは、つま先部分や側部にPWRTAPEパワーテープという補強材が貼られていることです。これによってアッパーは軽量ながらも耐久性と安定性が向上しています。
またシュータン部分は一体構造になっており、足の甲に気持ちよくフィットしてくれます。
また、中足部の足幅も広めで日本人の足型(ラスト)にもフィットしやすい仕様になっています。

新作のディヴィエイトニトロ2
新作のディヴィエイトニトロ2 履き口まわりが肉厚・ホールド力が強化
前作のディヴィエイトニトロ
新作のディヴィエイトニトロ2
前作のディヴィエイトニトロ

ミッドソールの特徴

ミッドソールも大きく進化しました。
前作に搭載されているエネルギーリターンが最大 80%となるプーマの独自のフォームテクノロジーNITRO FOAM(ニトロ フォーム)に加えて、ミッドソールにレーシングシューズ向けに開発されたNITRO ELITE FOAM(ニトロ エリート フォーム)を全面に搭載することで、高い反発性とクッション性を兼ね備えつつ、軽量化を実現しています。前作はNITRO FOAMだけのソールだったこともあり、若干硬めの素材感でしたが、柔らかいエリートフォームも搭載されたことで着地の接地感が柔らかくなりました。

さらに前作はINNOPLATEというカーボンプレートでしたが、レーシングシューズのFast R NITRO ELITEに搭載されているパワープレートPWRPLATEが搭載されています。これによって、つま先でエネルギーを発揮できるようになっており、蹴り出しの推進力を高めています。

このプレートの特徴としては、前作同様に傾斜は弱くフラット気味に入っているということです。Nikeのヴェイパーフライアルファフライのように前足部が湾曲してスプーン状のカーボンプレートと比べて、フラットのカーボンプレートはよりコントロールしやすく、接地のクセがない(スイートスポットが広め)のが特徴です。
また、カーボンの先端が足袋のように2股に分かれていることで、接地が若干左右どちらかにブレもカーボンが湾曲することで真ん中に重心を自然に持っていってれる効果があります。これによって、蹴り出しの位置が中央部に集まりやすく、走りの後半に疲れてきた時でも最後まで安定感を維持してくれそうです。また、通常こういった柔らかいミッドソールクッションとカーボンが入っているランニングシューズは、スイートスポットという上手く反発をもらえる着地点がつかみにくい(走りながら上手く見つけていく感覚)ですが、カーボンの先端が2股に分かれていることによってこのスイートスポットがつかみやすい、ミッドフットでもフォアフットでもヒールストライクでも、しっかりと反発をもらえる、着地点を選ばないシューズになっています。

新作のディヴィエイトニトロ2 エリートにトロフォームが全面に搭載
前作のディヴィエイトニトロ
新作のディヴィエイトニトロ2
前作のディヴィエイトニトロ

アウトソールの特徴

PUMA GRIP LTという前作のラバーよりもグリップ力の高く耐久性の高いラバーが使われています。
前足部にもほぼ全面でラバーが貼られており、さらにかかと部分にもこのラバーがあることから、ヒールストライク気味でも着地しやすいですし、耐久性は高くなっています。
前作からの変更点は前足部のラバーに縦のガイダンスラインが入ったことで、より前へのスムーズな重心移動がしやすくなっています。

新作のディヴィエイトニトロ2
前作のディヴィエイトニトロ

以上、いかがでしたでしょうか?是非ディヴィエイト ニトロ2を履いて快適なランニングをお楽しみください、それでは Have a nice run!!

PUMA公式ホームページ
https://jp.puma.com/jp/ja/home

(画像は公式HPより引用)

このシューズの評価を投稿する(7段階評価)

1234567
1234567
1234567
1234567

スポーツ用品もアウトレット・セールで安く買おう

毎年新しいスポーツ用品が各メーカーから出ているので少し古い商品は安くアウトレットやセール期間に買うのもおすすめです。
シューズやウェア、靴下、サポーター、帽子、サングラス、ランニングポーチなど、アイテムを揃えて快適なランニングを楽しみましょう。

毎年、春夏と秋冬に新しい商品が出るので、古いものは定価からディスカウントされて販売されてます!安い商品を上手く見つけてコスパよくアイテムをゲットしましょう!

高タンパク・低カロリーな食事をして痩せよう

ランニングしてるのに痩せない、筋肉が逆に落ちてしまう、そんなことにならないように、しっかり食事管理をして脂肪を落としつつ筋肉を維持してスリムなカラダを手に入れましょう。
高タンパク・低カロリーで美味しい宅配フードのマッスルデリは、自分で管理する必要がなく簡単で続けやすいのでおすすめです。

自分でアプリを使って栄養カロリー計算すると面倒くさい、、いつも同じメニューになりがちで結局続かない。ランナーとしては脂肪は落としつつ筋肉は維持したい。。
色々考えると、パックになってる宅配フードで上手くバランス取るのが良いと思います。
チンするだけでラクだし美味しい(^^)

スマホや小銭を入れてランニング

ランニングの時にスマホや小銭、飲み物を手に持って走ると邪魔くさいですよね。ランニングポーチに入れれば快適なランニングが楽しめます。何より腰にフィットするのでぶれたり、じゃまになったりしないのがいいですね!

アジャストゴムでフィット感を高めたコンパクトなウエストポーチ。
ポケット部分は伸縮性のあるストレッチ素材を使用しているため、身の回りの携帯品、モバイル、カギ、音楽機器などをコンパクトに収納します。
ウエストベルトには脱着しやすいバックル採用(^^)

PUMA プーマ
ツイッターで最新記事をフォロー!
ランブロ / My Running Blog
タイトルとURLをコピーしました