(最新レビュー)アディダス4DFWD/Review of Adidas 4DFWDまだ評価の投稿がありません

adidas アディダス

アディダスの4DFWDについて気になっている方多いのではないでしょうか?そんな4DFWDについて基本スペックから良い点・気になる点、他シューズとの比較、さらにこんなランナーにおすすめ、アッパー素材やミッドソール、アウトソール素材について詳細な解説・レビューします。

家にいながらランニング同様、肺を鍛える

外に出てランニングだと、寒かったり暑かったりで中々続かない方も多いでしょう。
個人の呼吸筋トレーニング応じて負荷が調整できる、手のひらサイズのシンプルな呼吸トレーニングの入門モデルです。呼吸筋に負荷を与えることで他の筋群と同様に抵抗に反応し、より強くより効率的なエクササイズを実現します。
専用の無料アプリを利用してトレーニングや毎日のアクティビティを管理できます。呼吸の強さと肺活量向上を目標にしたワークアウトや、心身をリラックスするためのマインドフルネスプログラムなどが家にいながらできちゃいます!

基本情報

アディダスの4Dシリーズは2018年から新しく生まれた新進気鋭のランニング、カジュアルシューズです。
従来のミッドソールとは全く異なる、3Dプリント技術を利用して作られた格子状のミッドソールが最大の特徴です。このAdidas 4Dと呼ばれる新しいミッドソールは、アディダスが過去17年間にわたり蓄積したアスリートのランニングに関するデータをもとにデジタルライト合成(3Dプリント技術)で開発されたものです。
従来のミッドソールは金型に素材を流し込んで固めることで作られていましたが、このミッドソールはコンピューターでデザイン・仕様を設計し複雑で入り組んだ構造のミッドソールを一気に3Dプリンターで製造することができます。
この最先端技術を活用したランニングシューズは、2020年に4Dラン1.0という新商品が登場しましたが、また2021年夏に新しい4DFWD (FWDはForward前へという意味)となってアップデートされてリリースされます。スタイリッシュで未来を感じさせるデザインで、普段履き、カジュアルユースとしても使えますし、ジョギングにも使えるマルチなランニングシューズです。

基本情報
ブランドAdidas アディダス
シリーズ4D
モデル4DFWD
タイプクッション系
重さ331g (27cm)
ヒールドロップ11mm (踵32.5mm、前足部21mm)
対象ランナー完走、初心者、ジョギング、普段履き

良い点・気になる点

良い点・おすすめポイント
  1. 他のランニングシューズやスニーカーとは一線を画するミッドソールのデザイン性。普段履きからランニングまで実用的に使えます
  2. 実際に履いてみると柔らかいというよりは、しっかりとした硬めの安定感と反発感があり、沈み込みがあまりなく走りやすいシューズです
  3. アッパー素材はプライムグリーンと呼ばれる、50%以上の成分をリサイクル素材が占めるポリエステルから作られており環境に配慮された仕様です
  4. アウトソールのラバーは全面に貼られているためグリップ力と耐久性は高く、全部に横方向の溝もあるため柔軟性も高く足にフィットしてくれます
気になる点
  1. これまでの4Dシリーズ同様値段は高めです。4DFWDも定価税込27,500円で、かなり高めの価格帯です
  2. 比較的重いシューズであり、シリアスランナーのためのジョギングシューズというよりは、カジュアルにも使えるファンラン、スニーカー寄りのランニングシューズです

こんな人におすすめ・使える場面やトレーニング

普段履きでも使えるランニングシューズを探しているランナーや、最先端で他の人と被らないデザイン、環境に配慮されたシューズが好きな方にとってはとてもおすすめできるシューズです。
300g超えの重いシューズなのでランニングシューズとしては、ゆっくりなペースでのジョギングが主な利用用途になりますが、しっかりとした安定性があり普段あまりランニングをしない方でも安心して走れるシューズです。

パーツごとの特徴

このシューズの各パーツごとの特徴や機能を紹介していきます!

アッパーの特徴

アッパーはPRIMEKNITプライムニットと呼ばれる通気性、伸縮性が高い素材が使われています。シュータンが一体型のブーティ構造になっているので靴下を履いているかのような履き心地とフィット感があります。アキレス腱部分はやや長めのS時型の構造になっており、オレンジの部分を引っ張って履くようなスタイルです。
履き口まわりはゴム性の素材になっており伸縮性が高くフィット感があります。中足部のサイドにはアディダスの3本線があり、ある程度の補強・ロックダウンはありますが、タイトなホールド感はなさそうなので、速いテンポで走ると着地や蹴り出しで足がぐらつくかもしれません。
公式HPでも書いてありますが、伸縮性の高いアッパーなので普段履いているサイズよりもハーフサイズ(0.5cm)落として履いた方がフィット感が高いかもしれません。

ミッドソールの特徴

ミッドソールはアメリカの新興企業で3Dプリント技術に卓越した技術を持つCARBON社との共同開発された革新的な格子状ミッドソールです。液体樹脂と光、酸素を組み合わせて作られています。
シューズの名前にもFWD(前方へ)という文字が入っている通り、この格子状のミッドソールが着地時の斜め下方向へのエネルギーを吸収して、斜め上・前方へのエネルギーとして返してくれることにより前への推進力を生み出してくれます。アディダスの代表的なミッドソールのウルトラブーストに比べてこの4Dミッドソールは後ろ方向へのブレーキをかける力を50%半減させたそうです。

一見柔らかそうな見た目ですが、実際の着地感としてはやや固めのしっかりした感触で、ゆっくりとしてペースで走る分には着地時の沈み込みのブレはほとんどありません。ドロップが11mmと大きめなので、前に前傾しやすく自然と体重を前にガイドしてくれるようなシューズです。

アウトソールの特徴

アウトソールのラバーは全面に貼られており、フラットソールになっているので、初心者に多いヒールストライク・踵着地でも全く問題なく安定して走ることができます。グリップ力と耐久性も高くなっています。前足部には横方向に切れ込みが入っており、足の自然な屈曲に合わせて前足部がフィットしてくれます。

発売時期・価格

アメリカでは一部5月から発売開始になっており、本格的なリリースは2021年夏頃と言われています。
価格はアメリカで200ドルですので日本では2.5万円~3万円程度と予想しています。

終わりに

以上、いかがでしたでしょうか?今後さらに情報が出次第、随時プレビュー情報を更新していきます。発売が楽しみですね!Have a nice run!!

このシューズの評価を投稿する(7段階評価)

1234567
1234567
1234567
1234567

スポーツ用品もアウトレット・セールで安く買おう

毎年新しいスポーツ用品が各メーカーから出ているので少し古い商品は安くアウトレットやセール期間に買うのもおすすめです。
シューズやウェア、靴下、サポーター、帽子、サングラス、ランニングポーチなど、アイテムを揃えて快適なランニングを楽しみましょう。

毎年、春夏と秋冬に新しい商品が出るので、古いものは定価からディスカウントされて販売されてます!安い商品を上手く見つけてコスパよくアイテムをゲットしましょう!

高タンパク・低カロリーな食事をして痩せよう

ランニングしてるのに痩せない、筋肉が逆に落ちてしまう、そんなことにならないように、しっかり食事管理をして脂肪を落としつつ筋肉を維持してスリムなカラダを手に入れましょう。
高タンパク・低カロリーで美味しい宅配フードのマッスルデリは、自分で管理する必要がなく簡単で続けやすいのでおすすめです。

自分でアプリを使って栄養カロリー計算すると面倒くさい、、いつも同じメニューになりがちで結局続かない。ランナーとしては脂肪は落としつつ筋肉は維持したい。。
色々考えると、パックになってる宅配フードで上手くバランス取るのが良いと思います。
チンするだけでラクだし美味しい(^^)

スマホや小銭を入れてランニング

ランニングの時にスマホや小銭、飲み物を手に持って走ると邪魔くさいですよね。ランニングポーチに入れれば快適なランニングが楽しめます。何より腰にフィットするのでぶれたり、じゃまになったりしないのがいいですね!

アジャストゴムでフィット感を高めたコンパクトなウエストポーチ。
ポケット部分は伸縮性のあるストレッチ素材を使用しているため、身の回りの携帯品、モバイル、カギ、音楽機器などをコンパクトに収納します。
ウエストベルトには脱着しやすいバックル採用(^^)

adidas アディダス
ツイッターで最新記事をフォロー!
ランブロ / My Running Blog
タイトルとURLをコピーしました