(最新レビュー)アディゼロアディオスプロ3.0 / Review of ADIZERO ADIOS PRO 3.0 4.03/5 (14)

adidas アディダス

アディダスのレース、スピード系人気シューズであるアディオスプロ3.0について気になっている方多いのではないでしょうか?そんなアディオスプロ3.0の基本スペックから良い点・気になる点、他シューズとの比較、さらにこんなランナーにおすすめ、アッパー素材やミッドソール、アウトソール素材について詳細な解説・レビューします。

家にいながらランニング同様、肺を鍛える

外に出てランニングだと、寒かったり暑かったりで中々続かない方も多いでしょう。
個人の呼吸筋トレーニング応じて負荷が調整できる、手のひらサイズのシンプルな呼吸トレーニングの入門モデルです。呼吸筋に負荷を与えることで他の筋群と同様に抵抗に反応し、より強くより効率的なエクササイズを実現します。
専用の無料アプリを利用してトレーニングや毎日のアクティビティを管理できます。呼吸の強さと肺活量向上を目標にしたワークアウトや、心身をリラックスするためのマインドフルネスプログラムなどが家にいながらできちゃいます!

基本情報

エリートランナー向けの厚底カーボンシューズであるアディオスプロが昨年2021年7月1日に2.0となって発売さてからわずか1年で新作の3.0が発売されました。「革新的厚底軽量エリートレーシングシューズ勝負の5本指カーボン」という挑戦的なコンセプトのシューズです。

通常1年のサイクルではアッパー素材だけのマイナーアップデート?かと思いきや全面的に変更を加えてきています。見た目からわかるようにミッドソールの前足部がさらに肉厚になり、よりつま先の反り上がりが大きくなっています。
また、ミッドソールの内部も変更が加えられ、5本指カーボン、エナジーロッドがかかと部分まで伸びた設計に変わっています。これに加えてアッパー素材も変更されています。

前作のミッドソールのライトストライクプロの非常に強い反発性・推進力はしっかりと引き継ぎつつ、前作でややネガティブなレビューが不安定さ、柔らかさによるグラつきやエネルギーロスというポイントをしっかりと解消してきています。そしてアディダスが企業として力をいれているサステイナブル素材で作られている製品です。ユーザーのレビューと企業としての環境配慮への姿勢を融合した、競技向けの素晴らしいランニングシューズになっています。

基本情報
ブランドアディダス
シリーズアディオス
モデルアディオスプロ3.0
タイプレース、スピード系
重さ216g
ヒールドロップ6mm (かかと部分39.5mm, 前足部33.5mm)
対象ランナーサブ3、アスリート

良い点・気になる点

良い点・おすすめポイント
  1. World Athleticsの新ガイドライン公認のエリートランナー向けのランニングシューズです(規定ギリギリのかかと部分39.5mmのスタック)。今作は前作よりも前足部が更に肉厚なミッドソールになりました(33mm)
  2. ミッドソール「ライトストライクプロ」はアディダスの他のミッドソールに比べて非常に強い反発力とクッショニング、そして軽量性を兼ね揃えています
  3. 前足部にはEnergyrodエナジーロッドという5本の棒状のカーボンが入っており、前へグインと進む強い推進力・ライド感が味わえます
  4. アウトソールラバーがコンチネンタルのラバーで前作に比べてグリップ力と耐久性がアップしました
  5. 前作同様、比較的前足部が広めでかかとが細めの日本人の足型に合いやすいラストになっています
  6. ミッドソールの横幅が広がったことで、アウトソール面積が増えたため安定性がUPしています
気になる点・悪い点
  1. 男女兼用(レディスがない)のモデルのため女性ランナーはハーフ~1サイズダウンで購入を検討されたほうが良いかもしれません

こんな人におすすめ・使える場面やトレーニング

サブエガ~アスリート向けの長距離のレーシングシューズです。非常に反発性が高く、前への推進力があるシューズでありながら、安定性・使いこなしやすさも兼ね揃えているシューズです。
フラットなアウトソールと内蔵されているエナジーロッド及びかかと部分のヒールプレートにより足首の関節を安定させランナーの足の正しい曲げ動作を促しスムーズな走りをサポートしてくれることにより、レースの最後まで足が残りやすく自然な走りをガイドしれくれます。
前作からアッパーとアウトソール素材がアップデートされ、さらにミッドソールの構造が進化したことでより軽量でスピードと安定性・グリップ力の高いシューズに進化している印象です。

エリートレーシングシューズの対抗馬としてナイキのヴェイパーフライが挙げられますが、比較して言うと、①ヴェイパーフライと比べて足型が幅広で日本人のラストに合いやすいこと、さらに②カーボンプレートの存在を感じにくいため履き心地の癖がなく(ドロップは10mmですが感触としてはフラット目な接地感)履きこなしやすい、また③長い距離で履いてもカラダへのダメージが少ない・ランニングエコノミーを高く保って履けるシューズになっています。一方でヴェイパーフライのほうがやや軽量であり、全体的な前への推進力・ミッドソールの反発力はヴェイパーフライの方が強い印象です。

パーツごとの特徴

このシューズの各パーツごとの特徴や機能を紹介していきます!前作との比較も交えながらご説明します。

アッパーの特徴

前作同様、軽量で通気性に優れたセラーメッシュ2.0が使われています。写真で見て分かる通り、向こう側が透けて見えるくらいの薄い素材になっています。セラーメッシュ2.0アッパーは、前作で使われていたアディダスにおける最薄最軽量のリサイクルポリエステル製メッシュが進化したアッパーになっています。この素材は雨に強く濡れてもサラサラな状態を保ってくれる素材で、ADIZERO TAKUMI SEN 7に使われているアッパーと同じような質感です。

また、ミッドソールの高いクッショニングによるグラつき・不安定さを抑えるために、アッパーの内側、特に中足部のサイドにサポートケージ・補強材が組み込まれており、足をしっかりとロック・ホールドしてくれます。他のレーシングシューズ同様、シュータンやヒールカウンター・かかと周りの生地感は非常に薄く柔らかい素材になっていますが、かかと部分には補強材が入っており一定の安定感を担保してくれています。
足型は前作同様、前足部が比較的幅広で丸みがあって(女性にとってはやや大きく感じるでしょう)かかと部分がスリムな日本人の足型に合いやすいラストになっています。ナイキのヴェイパーフライのような全体的にスリムな足型よりもアディオスプロの方がフィット感が高いというランナーは多いのではないでしょうか。


新作の3.0
前作の2.0
新作の3.0 ヒールカウンターのパッドがなくなり着脱しやすいようにベロがついている
前作の2.0
新作の3.0
前作の2.0

ミッドソールの特徴

ミッドソールは前作と同様にLIGHTSTRIKE PROライトストライクプロが採用されています。このライトストライクはアディダスの他のシューズに搭載されているLIGHTSTRIKEよりも、もちもちした、柔らかく、沈み込むような素材になっています。

このフォームはアディダスの中で最も軽量で反発性の高いフォーム素材になっていて、実際に履いてジャンプしてみるだけでその強い反発を感じることができます。この反発の強いフォームがバネの役割になり、一歩一歩のストライドが大きくなりスピードに乗りやすくなっています。

前作からの違いは、前足部のミッドソールの厚みが増したこと、さらに横幅も広くなったことで、安定感がUPしたことです。更につま先部分の反り上がりが前作よりも急になったため、より前へのライド感を得やすくなっています。

また、カーボンプレートが非常に特徴的で、足の5本の指に合わせるよう、そわせるようにENERGYRODS(エナジーロッド)というカーボンバーが搭載されています。今作ではアウトソールの中央部分がえぐれていて内側に入っているENERGYRODエナジーロッドの存在を確認できます。このENERGYRODエナジーロッドは湾曲して搭載されているため着地したときにより前への推進力を与えてくれます。

LIGHTSTRIKE PROでこのエナジーロッドをサンドイッチすることで着地時の適度な沈み込みや安定性と前へのスムーズな重心移動、カクンと前に移動する感じをサポートしてくれます。これによって接地時間が短くなり足抜けが速くなります。
前作からのもう一つの変更点として、このエナジーロッドがフルレングスになったことです。前作では前足部から中足部にかけて入っていましたが、新作ではかかと部分までエナジーロッドが伸びています。
これによってヒールストライク気味に着地してもしっかりと安定性をたもってくれます。


今作は前作に比べてさらにスイートスポットの癖がなく結果として接地の安定感が増しており、グラつきによるエネルギーロスが少なく推進力を前に生み出してくれるミッドソールのデザインになっています。また、かかと着地しても前作よりも安定性が増しています。

新作の3.0 前足部のミッドソールが増量、さらにつま先の反り上がりが急に
前作の2.0
新作の3.0
新作のアディオスプロ2.0 中足部が内側にえぐれている

アウトソールの特徴

アウトソールの見た目は前作から少し変化しています。まず前作同様にコンチネンタル社製のアウトソールラバーが採用されています。コンチネンタル社のラバーは自動車や自転車のタイヤなどに使われているグリップ力と耐久性の高いラバーです

前足部とかかと部分にこのラバーが装着されており、特につま先の蹴り出し部分には厚めのラバーが付いています。前作よりもアウトソールの面積が増えたためこのラバーもより多くついています。
前作の違いとして軽量化のためにかかと部分がえぐれています。また、かかと部分のラバーも前作よりも増量されているため、前作よりも摩擦力と耐久性が強くなっています。

新作3.0 小指部分がえぐれている
前作の2.0
新作の3.0
前作の2.0
前前作のアディオスプロ

終わりに

新作が発売されるタイミングで価格が下がってくるであろう前作の購入もおすすめです。

以上、いかがでしたでしょうか?それでは Have a nice run!!
adidas公式ホームページ
https://shop.adidas.jp/running/

(画像は公式HPより引用)

このシューズの評価を投稿する(7段階評価)

1234567
1234567
1234567
1234567

スポーツ用品もアウトレット・セールで安く買おう

毎年新しいスポーツ用品が各メーカーから出ているので少し古い商品は安くアウトレットやセール期間に買うのもおすすめです。
シューズやウェア、靴下、サポーター、帽子、サングラス、ランニングポーチなど、アイテムを揃えて快適なランニングを楽しみましょう。

毎年、春夏と秋冬に新しい商品が出るので、古いものは定価からディスカウントされて販売されてます!安い商品を上手く見つけてコスパよくアイテムをゲットしましょう!

高タンパク・低カロリーな食事をして痩せよう

ランニングしてるのに痩せない、筋肉が逆に落ちてしまう、そんなことにならないように、しっかり食事管理をして脂肪を落としつつ筋肉を維持してスリムなカラダを手に入れましょう。
高タンパク・低カロリーで美味しい宅配フードのマッスルデリは、自分で管理する必要がなく簡単で続けやすいのでおすすめです。

自分でアプリを使って栄養カロリー計算すると面倒くさい、、いつも同じメニューになりがちで結局続かない。ランナーとしては脂肪は落としつつ筋肉は維持したい。。
色々考えると、パックになってる宅配フードで上手くバランス取るのが良いと思います。
チンするだけでラクだし美味しい(^^)

スマホや小銭を入れてランニング

ランニングの時にスマホや小銭、飲み物を手に持って走ると邪魔くさいですよね。ランニングポーチに入れれば快適なランニングが楽しめます。何より腰にフィットするのでぶれたり、じゃまになったりしないのがいいですね!

アジャストゴムでフィット感を高めたコンパクトなウエストポーチ。
ポケット部分は伸縮性のあるストレッチ素材を使用しているため、身の回りの携帯品、モバイル、カギ、音楽機器などをコンパクトに収納します。
ウエストベルトには脱着しやすいバックル採用(^^)

adidas アディダス
ツイッターで最新記事をフォロー!
ランブロ / My Running Blog
タイトルとURLをコピーしました