(最新詳細レビュー)グライドライド3の履き心地・機能・特徴紹介/Review of Asics Glideride3 0.71/5 (1)

asics アシックス

asics アシックスのクッション系人気シューズであるグライドライド3について気になっている方多いのではないでしょうか?そんなグライドライド3について基本スペックから良い点・悪い点、他シューズとの比較、さらにこんなランナーにおすすめ、アッパー素材やミッドソール、アウトソール素材について詳細な解説・レビューします。

家にいながらランニング同様、肺を鍛える

外に出てランニングだと、寒かったり暑かったりで中々続かない方も多いでしょう。
個人の呼吸筋トレーニング応じて負荷が調整できる、手のひらサイズのシンプルな呼吸トレーニングの入門モデルです。呼吸筋に負荷を与えることで他の筋群と同様に抵抗に反応し、より強くより効率的なエクササイズを実現します。
専用の無料アプリを利用してトレーニングや毎日のアクティビティを管理できます。呼吸の強さと肺活量向上を目標にしたワークアウトや、心身をリラックスするためのマインドフルネスプログラムなどが家にいながらできちゃいます!

基本情報

2019年にアシックスが新しいコンセプト「楽に長く走る」に基づいて発売開始したライドシリーズ、メタライドグライドライドエボライド。そのグライドライドの新作であるグライドライド3が2022年にリリース!

エナジーセービングをコンセプトにゆっくり長く走れるように設計されたライドシリーズの3足。その中でも「グライドライド」は3つのライドシューズの中でも前への自然なライド感・スムーズな重心移動と反発性のバランスが良いシューズです。個人的に前作の2は2021年最も頻繁に使ったシューズでした!中には1の方がコロンという前への推進力があって好きという人もいて、安定派の2と好みが分かれるところもありましたが、新作3はついにFFブラストを搭載し、推進力と反発が格段にUPしています。

もちろん省エネルギーで長く走るためのロッカー構造のデザインやフィット感、安定性は前作を踏襲した作りになっています。これからランニングを始めたい方にもサブ4、完走レベルのランナーにも、幅広いランナーにおすすめできるランニングシューズです。また、このタイミングで前作のグライドライド2の価格が大幅に下がってきているのでそれも狙い目かもしれません。

基本情報
ブランドasics アシックス
シリーズグライドライド
モデルグライドライド3
タイプクッション系
重さ
ヒールドロップ
対象ランナーサブ4、完走、初心者

エボライド2とグライドライド2の比較はこちら↓

前作のグライドライド1の紹介はこちら↓

詳細レビューパート1はこちら↓

良い点・気になる点

良い点・おすすめポイント
  1. ガイドソールテクノロジー(つま先と踵が反り上がった形状)によりランニング時のエネルギー消費を抑えながら効率的に走ることができます
  2. 前作はFlyteFoamとFlyteFoamプロペルの2層のミッドソール構造でしたが、今作はFlyteFoamプロペルと推進力がより強いFF Blastが搭載されています
  3. メッシュアッパーにはリサイクル素材が使われており環境に配慮したコンセプトです
  4. 男女それぞれクッションの強さは異なっており、男女の体の特徴に応じた快適な走りをサポートしてくれます
  5. 前作のグライドライドよりも中足部の幅が広がっておりより安定性が向上しています。
  6. 足幅の広い人でもフィットするラスト(足型)です
気になる点・悪い点
  1. やや重めのセーフティモデルのため、スピードを出す練習やキロ4分以上の速いペースで走るランニングにはあまり向きません
  2. FF Blastはやや柔らかめな素材感のため前作2の安定感が好き・硬めのソールが好きという方は迷うかもしれません
  3. 価格は前作同様17,600円(税込み)です

こんな人におすすめ・使える場面やトレーニング

ビギナー向けのシューズであり、脚力やスタミナにあまり自信がない方におすすめしたいシューズです。ガイドソールテクノロジー(つま先が反り上がった形状)によって前に重心を移動させるだけで自然と足が前に出る設計になっています。これによって省エネルギーでランニングを楽しむことができます。
1,2はどちらかというとガイドソールテクノロジーを利用して前にコロンと言う感じで進んでいくシューズでしたが、FF Blastが搭載されたことで最後の蹴り出しの反発はUPしたため、最後足の蹴り出しを上手く使うことでさらにスピード感に乗って走ることができそうです。
また幅広でフラットソールになっており、ヒールカウンターの安定性も高いので怪我の予防、疲労感の軽減にもつながるシューズです。またシリアス市民ランナー(サブ3.5、サブ4)にとってはリカバリーランなどで使えるシューズでもあります。

パーツごとの特徴

このシューズの各パーツごとの特徴や機能を紹介していきます!グライドライド2との比較も交えて紹介します。

アッパーの特徴

前作のグライドライド2からのマイナーアップデートとなっています。
比較的厚めのジャカードメッシュアッパーになっており、通気性に優れ、足の動きに合わせてしっかりとフィットしてくれますしホールド感も高いです。3Dプリントと組み合わせることで、縫い目や重量を増やすことなく必要箇所に補強を施しています。アッパーはリサイクル性の素材から生成されている、エコフレンドリーなシューズになっています。

また、中足部の幅がやや広くなっており足幅の広い人にもフィットできるデザインになっています。シュータンは肉厚な生地になっており、足の甲への紐の締め付けやストレスは感じません。さらに履き口も肉厚な生地になっておりしっかりとホールドしてくれます。

ヒールカウンターは前作よりも軽量化されており、踵後部がスッキリした印象です。ヒールカウンターは強固な素材になっているため着地時の足ブレやぐらつきを抑えてくれる安定性が備わっています。

グライドライド3
前作2
グライドライド3
前作2

ミッドソールの特徴

新作3ではミッドソールが前作から大きく進化しました。
まず前作の2は、ミッドソールは2層構造になっており、クッション性に優れたFlyteFoam(上層)と軽量性と反発性に優れたFlyteFoamプロペル(ボトム層)になっていました。ミッドソールのトップ層に配置したFLYTEFOAMテクノロジーのクッションがやわらかな着地を実現。FLYTEFOAM Propelテクノロジーを搭載したボトム層が、より優れた反発力を生み出してくれました。

これに比べて新作の3は、ミッドソールの2層構造はそのままに、軽量性と反発性に優れた硬めのFlyteFoamプロペル(上層)と軽量性、反発性に優れたFF Blast(ボトム層)に進化しました。FF Blastといえば、アシックスのノバブラストやレーシングシューズであるメタスピードスカイやエッジに搭載されているアシックスが2021年に開発した新ミッドソールです。これによって、より前への推進力、エナジーリターンが高まりました。

た前作の2同様、前足部にはこれらの2層に挟まれる形でプレートが配置されており、ミッドソールの形状(ガイドソールテクノロジーという反り上がった形状)を保つのに役立ちます。前にコロンと重心が移動するような動作により、前方への足運びが楽になり、足が前に押し出されて、よりスムーズかつ効率的な足運びをサポートします。長距離走でのエネルギー消費を抑えること(体感的にはふくらはぎ部分の疲労感が軽減)が科学的に証明されています。

新作3
前作2
新作3
前作2
新作3
前作2

アウトソールの特徴

アウトソールは前作から変わっていません。AHARPLUSというアシックスのランニングシューズに用いられている耐久性とグリップ力に優れたラバーがついており、どのような路面でもしっかり地面を噛んでくれ安心感のあるアウトソールになっています。このラバーは耐久性にも優れているのでシューズが長持ちします。またフラットソールになっているので着地の安定性は抜群です。

前作2

終わりに

以上、いかがでしたでしょうか?気になる方は、人気シリーズなのでサイズやカラーが無くなる前に早めに購入検討してみると良いかもしれません。また、ショップなどでためし履きもおすすめです!是非グライドライド3を履いて快適なランニングをお楽しみください、それでは Have a nice run!!

このシューズの評価を投稿する(7段階評価)

1234567
1234567
1234567
1234567

スポーツ用品もアウトレット・セールで安く買おう

毎年新しいスポーツ用品が各メーカーから出ているので少し古い商品は安くアウトレットやセール期間に買うのもおすすめです。
シューズやウェア、靴下、サポーター、帽子、サングラス、ランニングポーチなど、アイテムを揃えて快適なランニングを楽しみましょう。

毎年、春夏と秋冬に新しい商品が出るので、古いものは定価からディスカウントされて販売されてます!安い商品を上手く見つけてコスパよくアイテムをゲットしましょう!

高タンパク・低カロリーな食事をして痩せよう

ランニングしてるのに痩せない、筋肉が逆に落ちてしまう、そんなことにならないように、しっかり食事管理をして脂肪を落としつつ筋肉を維持してスリムなカラダを手に入れましょう。
高タンパク・低カロリーで美味しい宅配フードのマッスルデリは、自分で管理する必要がなく簡単で続けやすいのでおすすめです。

自分でアプリを使って栄養カロリー計算すると面倒くさい、、いつも同じメニューになりがちで結局続かない。ランナーとしては脂肪は落としつつ筋肉は維持したい。。
色々考えると、パックになってる宅配フードで上手くバランス取るのが良いと思います。
チンするだけでラクだし美味しい(^^)

スマホや小銭を入れてランニング

ランニングの時にスマホや小銭、飲み物を手に持って走ると邪魔くさいですよね。ランニングポーチに入れれば快適なランニングが楽しめます。何より腰にフィットするのでぶれたり、じゃまになったりしないのがいいですね!

アジャストゴムでフィット感を高めたコンパクトなウエストポーチ。
ポケット部分は伸縮性のあるストレッチ素材を使用しているため、身の回りの携帯品、モバイル、カギ、音楽機器などをコンパクトに収納します。
ウエストベルトには脱着しやすいバックル採用(^^)

asics アシックス
ツイッターで最新記事をフォロー!
ランブロ / My Running Blog
タイトルとURLをコピーしました