(最新レビュー)ナイキズームXストリークフライ/ Review of Nike Streak Fly 3.57/5 (4)

Nike ナイキ

Nike ナイキのレース、スピード系人気シューズであるズームXストリークフライについて気になっている方多いのではないでしょうか?このページではそんなズームXストリークフライについてアッパー素材やミッドソール、アウトソール素材について詳細な解説・レビューします。

家にいながらランニング同様、肺を鍛える

外に出てランニングだと、寒かったり暑かったりで中々続かない方も多いでしょう。
個人の呼吸筋トレーニング応じて負荷が調整できる、手のひらサイズのシンプルな呼吸トレーニングの入門モデルです。呼吸筋に負荷を与えることで他の筋群と同様に抵抗に反応し、より強くより効率的なエクササイズを実現します。
専用の無料アプリを利用してトレーニングや毎日のアクティビティを管理できます。呼吸の強さと肺活量向上を目標にしたワークアウトや、心身をリラックスするためのマインドフルネスプログラムなどが家にいながらできちゃいます!

基本情報

2022年2月、ナイキが新作の薄底レーシングシューズであるストリークフライをリリース!
これまでのナイキと言えば、アルファフライやヴェイパーフライに代表される厚底カーボンシューズがレーシングモデルの顔でしたが、このストリークフライはフルやハーフよりもショートディスタンス、5-10キロ程度のレースに使えるより軽量で反発性、弾力性に優れたレーシングシューズです。

ストリークフライは、一言で言えば厚底のヴェイパーフライと薄底ストリーク7やストリークLT3が融合したレーシングシューズです。
様々なアスリートからのフィードバックや試走を経て開発されたこのシューズの最大の特徴はミッドソールです。まず、厚みが約25mmと、通常の厚底シューズの39mmに比べて薄くなっています。そしてミッドソール素材には、ヴェイパーフライ同様ズームXという軽量で反発性の高い素材、カーボンプレートが搭載されています。

アッパーは非常に薄く、軽量で通気性の高い素材となっており、全体としてとても軽量で200gを切る軽さです。まさにアスリート、シリアスランナーにピッタリの短距離のレーシングシューズという位置付けです。

基本情報
ブランドNike ナイキ
シリーズストリーク
モデルストリークフライ
タイプレース、スピード系
重さ170g
ヒールドロップ6mm (踵32mm、前足部26mm)
対象ランナーサブ3、アスリート

良い点・気になる点

良い点・おすすめポイント
  1. 中足部のカーボンプレート(シャンク)とZOOMXフォームによる強い推進力と軽量性
  2. 非常に軽量で薄底のため競技者、アスリート向きの本格派シューズ
  3. ジェネラティブデザインになっており、フォアフット走法のランナーでもからヒールストライク走法でもしっかりとグリップ力を発揮するアウトソールになっています
  4. 接地感を感じながら自分の足で地面を蹴って走れるシューズです
気になる点
  1. アッパーは軽量性に振り切っているのでホールド感、安定性は高くありませんが、薄底なので全体的なグラつきや横ブレは気にならないでしょう
  2. 初心者の方やゆっくりしたペースでのジョギングには向きません
  3. 価格は税込1万9250円と、薄底レーシングシューズにしてはすこーし高いかなという印象です

こんな人におすすめ・使える場面やトレーニング

アスリートや部活生、シリアス市民ランナー向けの、トレーニング・レーシングシューズという位置付けです。
レースであれば5-10キロ、長くてハーフでの利用が適しているでしょう。地面との距離が近いので接地感と自分の足で地面を蹴って推進する感じも味わえますし、ZOOM Xと中足部のシャンクによる推進力もあって、スピードが出しやすいシューズです。

パーツごとの特徴

このシューズの各パーツごとの特徴や機能を紹介していきます!ヴェイパーフライとの比較も交えながら紹介します。

アッパーの特徴

アッパーは軽量性に振り切ったデザインになっています。非常に薄く通気性の高いエンジニアードメッシュ素材になっており、ヒールカウンターはほとんどないためアッパー自体のホールド感は高くありません。ただ、厚底シューズでなく薄底かつ中足部にシャンクが入っているため着地時の横ブレや不安定さは全体として抑えられています。

アッパーの素材感としてはヴェイパーフライに似ていますが、ヴェイパーフライの方が前足部の補強やヒールカウンターなど、若干ホールド性や耐久性が高い印象です。

参考:ヴェイパーフライネクスト%
参考:ヴェイパーフライネクスト%
参考:ヴェイパーフライネクスト%

ミッドソールの特徴

ミッドソールはZOOM Xフォームと中足部に内蔵されているのカーボンプレート・シャンクで構成されています。薄底シューズということもあり、フルレングスでカーボンプレートが入っていると硬い、クッション性に欠けるというランナーからの開発中のフィードバックを反映し、カーボンプレート・シャンクは中足部だけになっておりZOOM Xのクッション性を優先させています。
ZOOM Xフォームは軽量性と反発性に優れたPebax性のミッドソール素材で、ヴェイパーフライやアルファフライなどのレーシングシューズに搭載されています。

一方で、ヴェイパーフライの場合は39mmと厚めのミッドソールになっておりフルレングスでカーボンプレートが入っています。外から見てもとても肉厚なミッドソールの中に、スプーンのような形状のカーボンプレートが全面に入っており、これが着地時の安定性及び屈曲して戻るときの強い前への推進力を生み出してくれるとともに、重心のスムーズな前への移動をアシストしてくれます。

参考:過去のナイキストリーク7
参考:ヴェイパーフライネクスト%

アウトソールの特徴

アウトソールはヴェイパーフライ同様にフラットソールになっており、前足部にグリップ力・耐久性に優れたラバーが施されています。アウトソールにはヴェイパーフライでは縦方向だった溝が、ストリークフライでは横方向に溝が入っています。これによってより前へのグリップ力が高められています。ある程度のスピードで走るランナー向けなので、メインはフォア・ミッド気味の着地を想定されて作られていますが、ヒールストライクでも使いやすいようなジェネラティブデザインになっています。

ストリークフライのアウトソール
ヴェイパーフライのアウトソール

カラー展開

現在登場している別のカラーもかっこいいですね!

以上、いかがでしたでしょうか?今回の新作シューズも多くのランナーに指示されそうです。それでは Have a nice run!!
ナイキ公式ホームページ Nike.com
https://www.nike.com/jp/

このシューズの評価を投稿する(7段階評価)

1234567
1234567
1234567
1234567

スポーツ用品もアウトレット・セールで安く買おう

毎年新しいスポーツ用品が各メーカーから出ているので少し古い商品は安くアウトレットやセール期間に買うのもおすすめです。
シューズやウェア、靴下、サポーター、帽子、サングラス、ランニングポーチなど、アイテムを揃えて快適なランニングを楽しみましょう。

毎年、春夏と秋冬に新しい商品が出るので、古いものは定価からディスカウントされて販売されてます!安い商品を上手く見つけてコスパよくアイテムをゲットしましょう!

高タンパク・低カロリーな食事をして痩せよう

ランニングしてるのに痩せない、筋肉が逆に落ちてしまう、そんなことにならないように、しっかり食事管理をして脂肪を落としつつ筋肉を維持してスリムなカラダを手に入れましょう。
高タンパク・低カロリーで美味しい宅配フードのマッスルデリは、自分で管理する必要がなく簡単で続けやすいのでおすすめです。

自分でアプリを使って栄養カロリー計算すると面倒くさい、、いつも同じメニューになりがちで結局続かない。ランナーとしては脂肪は落としつつ筋肉は維持したい。。
色々考えると、パックになってる宅配フードで上手くバランス取るのが良いと思います。
チンするだけでラクだし美味しい(^^)

スマホや小銭を入れてランニング

ランニングの時にスマホや小銭、飲み物を手に持って走ると邪魔くさいですよね。ランニングポーチに入れれば快適なランニングが楽しめます。何より腰にフィットするのでぶれたり、じゃまになったりしないのがいいですね!

アジャストゴムでフィット感を高めたコンパクトなウエストポーチ。
ポケット部分は伸縮性のあるストレッチ素材を使用しているため、身の回りの携帯品、モバイル、カギ、音楽機器などをコンパクトに収納します。
ウエストベルトには脱着しやすいバックル採用(^^)

Nike ナイキ
ツイッターで最新記事をフォロー!
ランブロ / My Running Blog
タイトルとURLをコピーしました