(最新詳細レビュー)エアズームボメロ16の履き心地・機能・特徴紹介/Review of Nike Air Zoom Vomero 16 3.57/5 (2)

Nike ナイキ

Nike ナイキのクッション系人気シューズであるボメロ16について気になっている方多いのではないでしょうか?このページではそんなボメロ16について基本スペックから良い点・悪い点、他シューズとの比較、さらにこんなランナーにおすすめ、アッパー素材やミッドソール、アウトソール素材について詳細な解説・レビューします。

ランニング中のマスク息苦しく、ムレませんか?

飛沫対策はしたいけど、マスクをつけながら走ると本当に息苦しいですし、中が蒸れて気持ち悪いですよね。。耳も痛くなってきます。
ランニング専用のランナーマスクなら、通気性が良く蒸れにくいのでおすすめです。
安心の国内製、サポーターやスポーツ用品メーカーのD&Mのランナーマスクで安全・快適なランニングを楽しんでください(^^)ランニング専用のマスクでコロナ対策しながら走って健康な体を手に入れましょう!

基本情報

ナイキのボメロシリーズはナイキのランニングシューズの中で最もクッション性と安定性に優れたセーフティモデルと言えるでしょう。初心者から市民ランナー、アスリートまでランナーのレベルを選ばずに誰にでも履けるデイリートレニングシューズです。ナイキの定番デイリートレニングシューズと言えばペガサス38が挙げられますが、ボメロはそのペガサスのさらにプレミアム版といった位置づけと言えます。
前作の15は2020年にリリースされ、前前作の14から約2年間間が開きましたが、新作の16は約1年間という短いサイクルで2021年の夏にリリースされました。
前作からのマイナーアップデートという位置づけではありますが、非常に完成度の高いシューズになっています。様々なランナーのフィードバックに基づいて開発されており、快適なフィット感を実現しています。さらにアッパーの要所に最新のメッシュ素材を配置して、伸縮性を強化するとともに、前足部のボックスの通気性がアップしているため長距離のランニングでもシューズ内の快適さをキープしてくれます。
これからランニングを始めようと思っている方、更にシリアス市民ランナーや競技者の方にもおすすめできるジョギング向けシューズになっています。
あの世界ナンバーワンランナーのエリウド・キプチョゲ選手も愛用しているという、セーフティ、デイリートレニングシューズです。

基本情報
ブランドNike ナイキ
シリーズボメロ
モデルボメロ16
タイプクッション系、安定系
重さ309g
ヒールドロップ10mm (前足部:19.5mm、ヒール:29.5mm)
対象ランナーサブ3、サブ3.5、サブ4、完走、ジョギング、初心者、ウォーキング

前作のボメロ15の詳細はこちらから↓

良い点・気になる点

良い点・おすすめポイント
  1. かかと部分に多く配置されているZOOM Xフォームはクッション性と反発性があり足への衝撃をしっかりと吸収してくれます
  2. ZOOM Xと前足部のAir ZOOMユニットによって前への反発力、推進力があるシューズです。全体的に前へのガイド感が強いシューズになっています
  3. 前作からアップデートされた中足部周りのアーチバンド、そしてさらに肉厚になった踵の履き口と硬いヒールクリップによってしっかりと足を固定・ホールドさせて安定性が高いシューズです
  4. 耐久性とグリップ力の強い耐摩耗性ラバーがアウトソール全面に使われており安心して長く使うことができるシューズです
  5. 全体としてペガサスインヴィンシブルランのちょうど中間のような感じの、クッション性・反発性・安定性のバランスが良いシューズです
気になる点・悪い点
  1. 同じデイリートレーニングモデルのペガサス37ペガサス38と比べるとやや重いため、スピードを出すトレーニングには向かないかもしれません
  2. アッパー生地が前作よりもさらに肉厚になったので全体的なもっさり感と夏場の通気性は気になるかもしれません

こんな人におすすめ・使える場面やトレーニング

これからランニングを始めたい方、あるいはサブ4くらいのレベルの市民ランナーさんに手放しでおすすめしたい、クッション性と安定性を同時に兼ね揃えたシューズです。ZOOM Xの反発性とクッション性、Air ZOOMユニットの前への推進力、踵周りのホールド感によって、クッションは強いにも関わらずそのクッションによる不安定さが解消され、足を安定させて走ることができるシューズになっています。特にズームXフォームが踵に入っていることにより、初心者ランナーさんの踵着地・ヒールストライクの走法でも足へのダメージが軽減されます。
また、世界のキプチョゲ選手が愛用しているように市民ランナーや競技者の方にとってもデイリートレニングシューズや疲労抜きジョグ、アクティブレストのランニングに使える一足です。これまでペガサスを履いていたランナーで、さらにクッションや安定性を求めるランナーにとってバッチリの位置づけのシューズとなるでしょう。
アウトソールのラバーが全面に貼られており、とても耐久性、グリップ力に優れているので、どのような路面でも安心して履くことができ、長持ちするので、日々のトレーニングで頻度高く使うことができます。

パーツごとの特徴

このシューズの各パーツごとの特徴や機能を紹介していきます!前作のボメロ16と比較しながら紹介していきます。

アッパーの特徴

前作のボメロ15からの変更点はアッパーがメインとなっています。
まず大きな変更の1つ目は見た目にもわかりやすい中足部側面のアーチバンドです。前作よりもより大きなバンドが中足部の側面をカバーした作りになっていて、シューレースをしっかりと締めることによってアーチバンドがロックされ、快適でしっかりとしたフィット感に調整ができるようになっています。
そして、2つ目に全体的にアッパーの生地感が厚くなっています。特にシュータンと履き口部分はとてもふかふかした肉厚な作りになっています。これによってアッパーによるホールド感と固定感がアップしています。一方で夏場の通気性はやや下がったと考えられます。

前作から踏襲されている点としてはかかと部分のヒールカウンターです。ミッドソールにZOOM Xという比較的柔らかい素材が使われているためぐらつきや不安定さを制御する必要がありますが、硬く大きめのヒールカウンターが取り付けられているので足をしっかりと固定してくれます。ハードなランニングをサポートするデザインで、長距離のジョギングでもしっかりと怪我なく楽しむことができます。
シュータン部分は前作同様に一体成型(ブーティ構造)になっていて、足の甲のボックスはスッキリしているので足の甲から爪先にかけてのフィット感は高くなっています。さらにペガサスに比べて前足部がよりゆとりのある作りになっているので日本人の足型に合いやすくなっています。

ボメロ16 シュータンやアッパーが肉厚に変化 サイドのアーチバンドが強化
前作ボメロ15
ボメロ16
前作ボメロ15
しっかりとしたヒールクリップが安定性を担保
非常に肉厚になったアッパー

ミッドソールの特徴

ミッドソールは前作から大きな変更点はありません。
ミッドソールには3つの素材が使われています。1つ目は「SR-02」というジョイライドランなどのランニングシューズに使われている柔らかな素材です。
2つ目に主に踵に厚く使われているZOOM Xフォーム。このかかとに内蔵されたNike ZoomXフォームが高いエネルギーリターンを提供してくれます。前に進むたびに反発力のある履き心地をもたらします。このZOOM Xが搭載されているデイリートレーニングモデルとしてインヴィンシブルランがありますが、インヴィンシブルランだと柔らかすぎて不安定という方には、このボメロ16は丁度よい硬さもあっておすすめです。
3つ目は前足部のAir Zoomユニットで、このAir Zoom ユニットは従来バージョンの2倍の大きさです。踏み込むたびに発揮される反発力がアップしています。

ZoomXフォームを中足部に配置することで、足全体のクッショニングを高め、滑らかなストライドを実現してくれます。前足部にトップロード式で搭載された連結Air Zoomユニットが、足が地面から離れる際に強い反発力を発揮し、弾むような感覚を生み出します。
全体としてペガサス37ペガサス38と比べてもクッション性優れているプレミアムセーフティモデルという位置づけのミッドソールです。

ボメロ16
ボメロ16
前作ボメロ15
ボメロ16
前作ボメロ15

アウトソールの特徴

アウトソールも前作から変更点はありません。アウトソールの摩耗に強い耐摩耗性ラバーが全面に使われており、舗道でのランニング時に強固なグリップを発揮してくれます。耐久性に優れているためこれ一足で頻度高く使うことができます。ここまで全面にラバーが搭載されているモデルはナイキの中でも珍しいです。
このアウトソールが比較的しっかり・硬いため、ミッドソールに使われているZOOM Xフォームの柔らかさを抑え安定した着地を実現してくれます。

全面にラバーが貼られている

終わりに

新作が発売されますので前作のボメロ15の価格も下がってきているのでそちらもおすすめです。

以上、いかがでしたでしょうか?気になる方は、人気シリーズなのでサイズやカラーが無くなる前に早めに購入検討してみると良いかもしれません。また、ショップなどでためし履きもおすすめです!是非ボメロ16を履いて快適なランニングをお楽しみください、それでは Have a nice run!!
ナイキ公式ホームページ Nike.com
https://www.nike.com/jp/

このシューズの評価を投稿する(7段階評価)

1234567
1234567
1234567
1234567

スポーツ用品もアウトレット・セールで安く買おう

毎年新しいスポーツ用品が各メーカーから出ているので少し古い商品は安くアウトレットやセール期間に買うのもおすすめです。
シューズやウェア、靴下、サポーター、帽子、サングラス、ランニングポーチなど、アイテムを揃えて快適なランニングを楽しみましょう。

毎年、春夏と秋冬に新しい商品が出るので、古いものは定価からディスカウントされて販売されてます!安い商品を上手く見つけてコスパよくアイテムをゲットしましょう!

高タンパク・低カロリーな食事をして痩せよう

ランニングしてるのに痩せない、筋肉が逆に落ちてしまう、そんなことにならないように、しっかり食事管理をして脂肪を落としつつ筋肉を維持してスリムなカラダを手に入れましょう。
高タンパク・低カロリーで美味しい宅配フードのマッスルデリは、自分で管理する必要がなく簡単で続けやすいのでおすすめです。

自分でアプリを使って栄養カロリー計算すると面倒くさい、、いつも同じメニューになりがちで結局続かない。ランナーとしては脂肪は落としつつ筋肉は維持したい。。
色々考えると、パックになってる宅配フードで上手くバランス取るのが良いと思います。
チンするだけでラクだし美味しい(^^)

運動の脂肪燃焼効果を最大限に引き出そう

1キロのランニングのカロリー消費は約<体重>kcalです。
例えば体重60kgの人なら1キロ走ると60kcalになります!3キロで約おにぎり1つ分のカロリー消費ですね。
どうせならこのカロリーをカラダの脂肪をなるべく多く使って燃焼したいですよね!
運動前に脂肪燃焼系サプリを取ってランニングするとカラダの脂肪から先に燃えやすくなります。

あまり人に教えたくないのですが、サプリを日頃から取ってます。国産で手頃なサプリメーカー:オーガランドおすすめです(^^)
脂肪燃焼(ファットバーナー)系サプリは、Lカルニチンやαリポ酸、コーヒー、カフェイン、中性脂肪をためにくくするDHA/EHAを取ってます!
また、筋力アップのためにプロテインやアミノ酸の一つであるグルタミンを取ってます(^^)ポイント練の日はパファーマンス向上のためにクレアルカリン、疲労回復のためにクエン酸もおすすめです。(^^)

走れない日は家で筋トレ・脂肪燃焼・ストレッチ

走力向上には腸腰筋、大臀筋、背筋などの筋力UPが欠かせません。外で走れない日も家で筋トレ&脂肪燃焼しましょう(^^)
ランニングやダイエットが続かない人、怪我や悪天候でなかなか走れない人にとっても、リーンボディのオンラインレッスンで一人で家で好きな時にできるワークアウトやストレッチがおすすめです!代謝をUPさせ痩せやすいカラダを手に入れましょう。

リーンボディなら脂肪燃焼系から、筋トレ、ヨガ、ストレッチまで様々なレッスンが見放題・受け放題です!(^^)
10分で終わるものから長いものまで、再生速度調整もできるし、消費カロリーも表示されます!
なんと、自分に合わなければ無料期間に解約すれば一切課金なし!

Nike ナイキ
ツイッターで最新記事をフォロー!
ランブロ / My Running Blog
タイトルとURLをコピーしました