(詳細レビュー)ブルックスローンチGTS8の履き心地・機能・特徴紹介/BROOKS Launch GTS8まだ評価の投稿がありません

BROOKS ブルックス

BROOKS ブルックスのレース、スピード系人気シューズであるローンチGTS8について気になっている方多いのではないでしょうか?そんなローンチ8について基本スペックから良い点・悪い点、他シューズとの比較、さらにこんなランナーにおすすめ、アッパー素材やミッドソール、アウトソール素材について詳細な解説・レビューします。

家にいながらランニング同様、肺を鍛える

外に出てランニングだと、寒かったり暑かったりで中々続かない方も多いでしょう。
個人の呼吸筋トレーニング応じて負荷が調整できる、手のひらサイズのシンプルな呼吸トレーニングの入門モデルです。呼吸筋に負荷を与えることで他の筋群と同様に抵抗に反応し、より強くより効率的なエクササイズを実現します。
専用の無料アプリを利用してトレーニングや毎日のアクティビティを管理できます。呼吸の強さと肺活量向上を目標にしたワークアウトや、心身をリラックスするためのマインドフルネスプログラムなどが家にいながらできちゃいます!

基本情報

日本ではあまり知名度のないBrooksですが、母国アメリカではランニング専門のシューメーカーとしてNo.1のシェアを持っている非常に歴史と人気のあるブランドです。ゴースト、フロー、グリセリンなど様々なシリーズがあり、どれも奇をてらった感じはなくとてもフィット感、安定性が高い信頼のおけるシューズという印象です。

2021年初旬にリリースされたローンチGTS8は、従来Ravenna(ラベナ)というスピード系・テンポアップ系のシリーズとして販売されていたモデルの新作です。この度、Ravennaというシリーズ名が終了し、ローンチに統合された形です。すなわちラベナ12がローンチGTS8ということです。GTSはGo to stabilityという意味で、ローンチ8に安定性(Stability)の機能を追加したのがこのローンチGTS8です。全体として軽量でコスパに優れたスピードも出せるデイリートレーナーシューズです。GUIDERAILES2.0というオーバープロネーション予防・ケガ予防の機能がついており、トレーニング、レースどちらでも使えるスピード系+安定走行モデルです。

良い点・気になる点

良い点・おすすめポイント
  1. 定価税込み13,200円なので比較的コストパフォーマンスの良いデイリートレーナーシューズです
  2. ミッドソール素材(BioMoGoDNA):が路面からの衝撃、スピードに応じて衝撃吸収性が変化してくれ、スピードを出すときはしっかり反発してくれ、ゆっくりジョグするときはクッション性を出してくれます
  3. 全体的に軽量で普段のジョグからペース走、スピード練まで幅広い場面で使いやすいシューズです
  4. メッシュアッパーがシームレスで柔らかく通気性とフィット感がとても高いです
  5. GUIDERAILES2.0ガイドレールズにより、路面状況や疲労、骨格によってランニング中に起こる足の過度な倒れ込みを軽減して安定した接地をすることができます。
気になる点・悪い点
  1. DNA ロフトや最新のDNA FLASHというブルックスの中でもさらにクッション性や反発性、軽量性に優れたミッドソール素材に比べると、BioMoGO DNAはやや中途半端な感じがします(良く言えばクセがないクッション)
  2. ローンチ8と比べると足型(ラスト)が幅広に作られているのでご自身の足型に合わせて、ローンチ8とローンチGTS8で比べてみてください。

こんな人におすすめ・使える場面やトレーニング

ジョギングからレースまで幅広く使えるオールラウンドのシューズです。軽量でグリップ力も強くミッドソールDNAの反発性もあるのでキロ3分半から4分程度の速いテンポ走やスピード練習で十分使えるシューズです。

またジョギング・ゆっくりなペース(キロ5分、6分)でもミッドソールの優しいクッション感があるので使いやすいシューズです。ブルックスの更に上位モデルにはハイペリオンテンポエリートなどもありますが、よりコスパの良い普段遣いのデイリートレーナー兼テンポアップシューズ的な位置づけで使えるのがこのローンチGST8です。
幅広いシーンで使えるので、デイリートレーナーシューズでもあるし、レースでも使える、さらにテンポアップシューズ・スピード系練習にも使えるシューズです。

パーツごとの特徴

このシューズの各パーツごとの特徴や機能を紹介していきます!

アッパーの特徴

エンジニアードメッシュアッパーが使われています。今回は 編み込みのシームレスアッパーになっており履いたときの足当たりがとても気持ちよくなっています。また、通気性が高く、3Dプリント・熱圧着でボールガースやつま先を補強し、フィット感がより高くなっています。

かかと部分のヒールカウンターはしっかりしており、またアキレス腱部分にストレスが加わらないようなS字の形状になっています。シュータンは厚みのある生地になっており、スピード練習でも、紐をきつくしばっても足の甲周りへのストレスは少ないです。

ミッドソールの特徴

ミッドソールはBioMoGO DNAというブルックス独自の素材が使われています。この軽量なBioMoGO DNAはランナーの体重やペース、足どりやフォームに対応し、バランスの取れたランニングをサポートしてくれます。柔らかいクッション性と程よい反発性が特徴です。
ローンチ8との違いは大きく2つで、1つは左右のヒール部分にガイドする素材であるGUIDERAILES2.0という技術が使われていることです。これによってランニング中の左右の足のブレを抑えてくれます。(一方でローンチ8は踵が左右対称になっています)もう一つはラスト(足型)です、ローンチGTS8の方が中足部の足幅が幅広になっています。

アウトソールの特徴

アウトソールは比較的厚みのあるラバーが全面に採用されています。耐久性も高く、地面とのトラクションも高いラバーです。
また、フラットソールになっているので、ヒールストライクでもミッドフットでもランナーの接地を選ばない、クセのないアウトソールになっています。

終わりに

以上、いかがでしたでしょうか?気になる方は、人気シリーズなのでサイズやカラーが無くなる前に早めに購入検討してみると良いかもしれません。また、ショップなどでためし履きもおすすめです!是非ローンチGTS8を履いて快適なランニングをお楽しみください、それでは Have a nice run!!

BROOKS公式ホームページ
https://www.brooksrunning.co.jp/

(画像は公式HPより引用)

このシューズの評価を投稿する(7段階評価)

1234567
1234567
1234567
1234567

スポーツ用品もアウトレット・セールで安く買おう

毎年新しいスポーツ用品が各メーカーから出ているので少し古い商品は安くアウトレットやセール期間に買うのもおすすめです。
シューズやウェア、靴下、サポーター、帽子、サングラス、ランニングポーチなど、アイテムを揃えて快適なランニングを楽しみましょう。

毎年、春夏と秋冬に新しい商品が出るので、古いものは定価からディスカウントされて販売されてます!安い商品を上手く見つけてコスパよくアイテムをゲットしましょう!

高タンパク・低カロリーな食事をして痩せよう

ランニングしてるのに痩せない、筋肉が逆に落ちてしまう、そんなことにならないように、しっかり食事管理をして脂肪を落としつつ筋肉を維持してスリムなカラダを手に入れましょう。
高タンパク・低カロリーで美味しい宅配フードのマッスルデリは、自分で管理する必要がなく簡単で続けやすいのでおすすめです。

自分でアプリを使って栄養カロリー計算すると面倒くさい、、いつも同じメニューになりがちで結局続かない。ランナーとしては脂肪は落としつつ筋肉は維持したい。。
色々考えると、パックになってる宅配フードで上手くバランス取るのが良いと思います。
チンするだけでラクだし美味しい(^^)

スマホや小銭を入れてランニング

ランニングの時にスマホや小銭、飲み物を手に持って走ると邪魔くさいですよね。ランニングポーチに入れれば快適なランニングが楽しめます。何より腰にフィットするのでぶれたり、じゃまになったりしないのがいいですね!

アジャストゴムでフィット感を高めたコンパクトなウエストポーチ。
ポケット部分は伸縮性のあるストレッチ素材を使用しているため、身の回りの携帯品、モバイル、カギ、音楽機器などをコンパクトに収納します。
ウエストベルトには脱着しやすいバックル採用(^^)

BROOKS ブルックス
ツイッターで最新記事をフォロー!
ランブロ / My Running Blog
タイトルとURLをコピーしました