ZOOM X搭載 ヴェイパーフライとインヴィンシブルランの比較とおすすめランナーまだ評価の投稿がありません

Nike ナイキ

ナイキの人気ランニングシューズであるヴェイパーフライネクスト%とインヴィンシブルランフライニットはいずれもZOOM Xフォームというミッドソール素材を搭載したシューズです。
ミッドソールの素材感は同じなのですが、目的とするトレーニングやレース、ペースあるいは想定ターゲットランナーが大きく異なるため機能は全く異なります。そこでこのページでは、それぞれの特徴を比較していきたいと思います。

ランニング時の飛沫防止のために

ランニングシューズに加えてマウスカバーの着用をしているランナーが増えてきました!
Mizunoのスポーツウエアや水着の素材を使用し、通気性やフィット感が良く、快適に使えるマウスカバーです。軽く伸縮性に優れ肌触りの良く、耳周りの締付けやストレスがないソフトなつけ心地でおすすめです。

ひんやり冷たいアイスタッチ素材マスクやハイドロ銀チタンを使った抗菌防臭マスクなどミズノならではのマウスカバーがおすすめです(^^)

ZOOM X ズームXフォームとは

ナイキのランニングシューズには大きく2つのミッドソール素材があり、ZOOM Xフォームとリアクトフォームです。

それぞれを比較してみると、リアクトReactフォームに比べてZOOM Xフォームは、より軽量で反発力が高いことが特徴です。よってスピードを出しやすいミッドソールになっています。

一方で、リアクトフォームと比較してデメリットとして挙げられるのが、沈み込みによる足の不安定さやグラつき、ブレです。着地したときに若干沈み込むような感覚があるので脚力や体幹がしっかりしていないと疲労の蓄積につながってしまいます。

その反発力と引き換えに不安定さがあるため、もともとZOOM Xフォームはレーシングモデルのシューズにしか使われていませんでしたが、2021年に発売されたインヴィンシブルランフライニットはレーシングモデルでないシューズですが、ミッドソール全面にZOOM Xフォームが搭載されたことで話題になりました。

インヴィンシブルランフライニットの特徴

用途:
インヴィンシブルランはプレミアムデイリートレーナーの位置付けのシューズです。
「怪我ゼロ」を目指して開発されたこのシューズは、速く走るためのシューズというよりは普段のトレーニングやジョギングをいかに怪我や疲労感を予防して走ることができるかということを主眼にして作られたシューズです。
普段のジョギングや距離走などに使えるシューズです。

ミッドソール:
ミッドソールは全面にZOOM Xフォームが搭載されています。
カーボンプレートは入っていないため柔らかい着地感があります。
ただ、ZOOMXのデメリットである不安定さやグラつきをかかと部分のアッパーとヒールカウンター、補強材がしっかりと支えて抑えてくれるので足のホールド感はとても高いです。

アウトソール:
LSDや距離走などでも使うことを想定しており、さらにミッドソールの柔らかさを軽減するために、アウトソールは全面にラバーが貼られており非常に高い耐久性とグリップ力があります。
また、フラットソールになっているのでかかとからでもミッドフットからでも着地しやすいシューズです。耐久性が高いことから摩耗を気にせずに600キロ程度は余裕で走れるのではないでしょうか。

アッパー素材:
アッパーはフライニットになっており伸縮性があって足に吸い付くような肌感覚です。かかとにはしっかりとヒールカウンターと肉厚な生地の履き口になっていて足のぐらつきを抑えてくれます。

ターゲットランナー:初心者~上級者

詳細レビューはこちら↓

ヴェイパーフライネクスト%

用途:
ヴェイパーフライネクスト%はレーシングモデル、スピードを出すためのシューズで、幅広いアスリートランナーやシリアス市民ランナーに愛されているシューズです。2021年についに新作ヴェイパーフライネクスト%2がでる予定で期待が集まっています。5キロのTTからハーフ、フルのマラソン、PB更新、インターバル走などのスピード練習に使えるシューズです。

ミッドソール:
ミッドソールはZOOM Xフォームがとても厚く採用されており、中にはカーボンファイバープレートが内蔵されています。このプレートが安定感と推進力を生んでくれます。プレートが屈曲してそれが戻ろうとする力が推進力に変わります。

アウトソール:
あくまでスピードを出すシューズのために軽量化を優先して最低限のラバーしか前足部についていません。ですので耐久性よりも軽量性とスピードが重視された機能になっています。フラットソールになっているのでかかとでもミッドフットでも着地することが可能ですが、推進力をうまく使いたい場合はミッドフットやフォアフット気味で着地するのが良いでしょう。

アッパー素材:
非常に軽量で薄く、雨に強いヴェイパーウィーブという素材が使われています。足のホールド感は高くありませんが、軽量性を重視された作りになっています。

ターゲットランナー:上級者

詳細レビューはこちら↓

以上、いかがでしたでしょうか?是非お気に入りの一足を見つけてランニングを楽しんでください!では、Have a nice run!!

このシューズの評価を投稿する(7段階評価)

1234567
1234567
1234567
1234567

ランニング前後の体のケアも忘れずに

ランニング後の疲労回復・リカバリーには自宅でできる簡単マッサージガンがおすすめです。
ふくらはぎ、ハムストリング、大殿筋に直接当てて筋膜リリースすることで筋疲労を軽減し、パフォーマンスアップに繋がります。
持ち運びも便利なので遠征や合宿にも!マッサージに通うよりいつでも気軽にコスパの良いリフレッシュを。

特に、もも裏とお尻・ふくらはぎの翌日の疲れ・筋肉痛が全然違います!疲労が溜まっているとタイムも距離も伸びないですしフォームも崩れますしね。。
ストレッチだけでは緩められない筋膜を高振動でリリースできて気持ちいいです(^^)

ランニングしてるのに痩せない、筋肉が逆に落ちてしまう、そんなことにならないように、しっかり食事管理をして脂肪を落としつつ筋肉を維持してスリムなカラダを手に入れましょう。
高タンパク・低カロリーで美味しい宅配フードのマッスルデリは、自分で管理する必要がなく簡単で続けやすいのでおすすめです。

自分でアプリを使って栄養カロリー計算すると面倒くさい、、いつも同じメニューになりがちで結局続かない。ランナーとしては脂肪は落としつつ筋肉は維持したい。。
色々考えると、パックになってる宅配フードで上手くバランス取るのが良いと思います。
チンするだけでラクだし美味しい(^^)

運動の脂肪燃焼効果を最大限に引き出そう

1キロのランニングのカロリー消費は約<体重>kcalです。
例えば体重60kgの人なら1キロ走ると60kcalになります!3キロで約おにぎり1つ分のカロリー消費ですね。
どうせならこのカロリーをカラダの脂肪をなるべく多く使って燃焼したいですよね!
運動前に脂肪燃焼系サプリを取ってランニングするとカラダの脂肪から先に燃えやすくなります。

あまり人に教えたくないのですが、サプリを日頃から取ってます。国産で手頃なサプリメーカー:オーガランドおすすめです(^^)
脂肪燃焼(ファットバーナー)系サプリは、Lカルニチンやαリポ酸、コーヒー、カフェイン、中性脂肪をためにくくするDHA/EHAを取ってます!
また、筋力アップのためにプロテインやアミノ酸の一つであるグルタミンを取ってます(^^)ポイント練の日はパファーマンス向上のためにクレアルカリン、疲労回復のためにクエン酸もおすすめです。(^^)

走れない日は家で筋トレ・脂肪燃焼・ストレッチ

走力向上には腸腰筋、大臀筋、背筋などの筋力UPが欠かせません。外で走れない日も家で筋トレ&脂肪燃焼しましょう(^^)
ランニングやダイエットが続かない人、怪我や悪天候でなかなか走れない人にとっても、リーンボディのオンラインレッスンで一人で家で好きな時にできるワークアウトやストレッチがおすすめです!代謝をUPさせ痩せやすいカラダを手に入れましょう。

リーンボディなら脂肪燃焼系から、筋トレ、ヨガ、ストレッチまで様々なレッスンが見放題・受け放題です!(^^)
10分で終わるものから長いものまで、再生速度調整もできるし、消費カロリーも表示されます!
なんと、自分に合わなければ無料期間に解約すれば一切課金なし!

Nike ナイキ おすすめ・比較
ツイッターで最新記事をフォロー!
ランブロ / My Running Blog
タイトルとURLをコピーしました